弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

給料の法律ガイド

「給料」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

29件の記事が見つかりました 1 - 29件目

賞与とは:制度について、ボーナスとの違い

賞与とは、決まった期日に支払われる定期給とは別で支払われる付加的な給料です。法律の定めにはないため、支払われなくても違法ではありません。個人...

昇給・昇格とは

昇給とは「処遇が良くなること」です。具体的には定期昇給を指し、就業規則などで保障されている、定期的にもらえる給料が上がります。昇格とは、社内...

給料の未払い分を請求する方法

使用者は労働者に対して労働の対価として給料や賃金を支払います。労働基準法では支払いに関して5つの原則を定めており、違反すると罰則対象となります...

「賃金」とは:「賃金」に含まれるもの・含まれないもの

労働基準法においての「賃金」とは、使用者が労働者に対して「労働の対償」として支払う全てのものを指します。ここでいう「労働の対償」は幅広く解釈...

給与明細とは:項目一覧と読み方

給与明細書には様々な情報が記載されています。会社によって細かい項目は記載がない場合もありますが、主に4つの項目について記載があります。大きく分...

住宅手当とは:制度の内容と金額の相場

住宅手当とは、会社が労働者に住宅費用を補助する目的で支給するものです。福利厚生の一部ですが、住宅手当を設けるか否かは任意です。そのため、支給...

扶養手当とは:制度の内容と金額の相場

扶養手当は家族手当とも呼ばれ、扶養義務のある労働者の生活を考慮した手当です。ただし支給に関して法的義務はないので、全ての会社に扶養手当が存在...

不当と思われる降格人事にどう対処するか

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではな...

正社員なのに昇給がない会社は違法か

労働基準法には、昇給に関する規定はありません。働いている会社の就業規則などに規定がなければ、昇給がなくても法律違反ではないのです。昇給を望む...

通勤手当とは:制度の内容と金額の相場

通勤手当とは、通勤に必要な費用を補助する目的で支払われる給料のうち、交通費の一部です。通勤手当を採用している会社は9割弱と多いですが、法的に義...

年俸制とは:制度とメリット・デメリット

年棒制とは、賃金額を年単位で決定する給料制度です。成果主義の要素が強く、労働者の成績や業績を考慮して給料が決まります。上司や使用者との話し合...

今の給料が最低賃金以上か調べる方法(雇用形態別)

雇用形態に関係なく、最低賃金は全ての労働者に適用されます。最低賃金の基準は時間給で定められているため、対象となる賃金を全て時間給に直して計算...

給与明細は保管するべき?再発行可能?

給与明細は毎月発行されますが、すぐに廃棄するのは避けましょう。最低限、源泉徴収票が発行されるまでは残しておいたほうがよいです。可能であれば、2...

降格・減給とは:降格・減給が認められるケース

降格とは、使用者が労働者の職位または職能資格を低下させることです。遅刻欠勤が多いなど、本人に労働者としての問題がある場合や、役職の責任を果た...

住宅手当の支給基準:持ち家や同棲は?

住宅手当の支給基準は会社によって異なりますが、住民票の世帯主に給付されるケースが大半です。「世帯主、かつ扶養家族の扶養義務がある人」という支...

「減給処分の限度」とは:減給できる賃金の上限金額

就業規則における服務規定違反などに対する制裁手段として、本来受けとれる賃金から一定額を差し引くことを減給といいます。ただし使用者が労働者に対...

年俸制だと残業代は出ないのか

年俸制の場合でも、必ずしも残業代が支給されないわけではありません。事前に1年間の給料額が決まっているため、未来の残業時間は予測して給料に反映さ...

歩合制とは:完全歩合制との違い

歩合制とは、成績や業績に関わらず必ず得られる(固定の給料)基本給と、個人の出来高や業績に応じて支給される(変動する給料)歩合給を合わせた給料...

扶養手当の支給基準:共働きの場合は?

共働きの場合、収入が多いほうが扶養者となる場合が多いです。夫婦のどちらが扶養者となっても構いません。会社の規定によっては、収入や健康保険上の...

精勤手当とは:制度の内容と金額の相場

精勤手当とは、労働基準法でいう「精皆勤手当」のことであり、皆勤手当とも呼ばれています。従業員の出勤奨励を目的として、会社が定めた規定(無遅刻...

最低賃金とは:労働基準法に基づく「最低賃金」の制度について

使用者は労働者に対して、労働の対価として「労働基準法で定められている最低賃金以上の額」を支払わなければなければなりません。最低賃金の制度は雇...

年俸制だと賞与(ボーナス)は無いのか

事前に1年単位で給料額が決まるため、基本的には「個人成績を反映した成果としての賞与」はありません。ただし、会社によっては特別ボーナスや一時金と...

時給とは:制度の内容と休憩時間の条件

給料を「一時間につきいくら」と定められている制度のことを、時間給制といいます。一般的には時給制とよばれ、アルバイトの報酬体系としては最も一般...

給与明細をもらえない場合どうすべきか

会社が給与明細書を発行しないことは、労働基準法上は違法ではないため問題ありません。ただし所得税法上は、明細に記載されている控除額などの内容に...

不当と思われる減給にどう対処するべきか

使用者から一方的に減給すると言われても、あいまいな返事はしないほうがよいでしょう。最低賃金の水準が満たされていると、場合によっては双方の合意...

住宅手当の申請に必要な書類

住宅手当の支給条件は会社によって異なります。世帯主か否かで、支給自体を受けられるか否か決まる場合もあります。また、扶養義務のある扶養者がいる...

賃金支払いの基本:「賃金支払いの5つの原則」とは?

賃金の支払いには基本のルールがあります。労働基準法では賃金支払いについて5つの原則が定められていますので、それを守らなければ違法行為となります...

給料が法律で定められた最低賃金より低い場合の対処法

法律で定められた最低賃金よりも低い給料の場合、その差額を使用者に請求することができます。支払いに応じない場合は違反となり、罰金などの罰則が科...

役職手当とは:制度の内容と金額の相場

役職手当とは、会社が定める「管理・監督する地位にある者」に対して支給する手当です。法律上の制度ではなく、個々の会社が任意で定めることがありま...

給料に関する法律相談

  • 給料の不当な操作について

    労働給料

    給料(手数料)の不当な操作について、相談します。 私の会社は、営業の仕事をしているため、給料は売上の手数料によって変わるのですが、その手数料計算をしている人が最近、会社の意と関係...

    2弁護士回答
  • 正社員、1人だけ時給制。

    労働給料時給

    会社の給料体制についての相談です。 私の会社は正社員4人(男性2人、女性2人)、パート3人(女性3人)の中小企業です。 正社員4人の内、私だけが時給制で他の正社員は月給制です。(パートは時...

    1弁護士回答
  • 不正受給になりませんか?

    労働給料給与明細

    不成受給になりませんか?生活保護を受けています。毎月月末に、収入申告書と、給料明細を送っています。それを基に翌月上旬に来月の保護費の手紙がきます。 日雇いの仕事をしているので、...

    1弁護士回答
  • 雇用契約無し成果報酬で労働賃金を請求できるか?

    労働給料

    雇用契約無し成果報酬で労働賃金を請求できるか? ・WEBの通販サイトの管理運営の仕事で基準月より利益を多く出せれば、多く出た利益の半分を給料とすると口約束で働き始めた ・雇用契約書...

    2弁護士回答
  • 給料明細と実際に貰ったお給料が違うのは何故?

    労働給料給与明細

    実際にもらったお給料と、書いてある明細が違っていました。 かなり前の事ですが... お給料が、手当てが無くなるとのことでで4万円ほど減ることになっていました。減って手取り20万になり...

    2弁護士回答

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す