共済積立を利用した退職金を会社が減額するのに、給与から差し引くのは許されるのですか?

中小企業に勤めていたのですが、先日退職しました。
退職金は中小企業退職金共済を利用した積立を解約することで支払われるようで、共済手帳を入手しました。
しかし退職した月の給与明細を見ると0円になっており、どういうことか質問したところ、

「会社の内規で定められた退職金額より多くなってしまうので、給与から差し引いて計算した」

と回答されました。
内規を見せてもらったことは一度もありません(就業規定には退職金:中小企業退職年金とのみありました)。
納得いかないのですが、このような行為は許されていいのでしょうか。
また、不法行為だった場合はどうすればいいのかアドバイスをお願いします。
2016年09月30日 20時53分

みんなの回答

中野 智昭 弁護士
ありがとう
DSSAさん。はじめまして。
申し訳ないながら、こうした事件の経験があるわけではないのですが、つい興味を惹かれて調べてしまいましたので、書き込んでみます。不十分でしたら申し訳ありません。
【給与を支給しないこと】は【できない=違法】、ということになるため、当該給与を請求できる、ということになると思われます。会社と話し合うなどすることで解決が難しいようであれば、労働基準監督署に労基法違反として相談するか、労働審判等で請求をしてみることが考えられるでしょうか。

中小企業退職金共済は、労働者企業を移った時も継続が認められる、確定給付型の退職金のように思われますので、掛け金を企業が払った後は、労働者個人の権利に近くなるような気はしますね。
裁判例を見ると、同じ中小企業退職金共済法に基づく「勤労者退職金共済機構」から受給する退職金額が、企業の退職金規定で産出される退職金額を上回る場合に、【その超過する部分の退職金を使用者に返還するとの合意】は、【公序良俗に反して無効】とした裁判例があります(東京高裁平成17年5月26日。労働判例No898の31頁)。雑誌に載ってはいないものの、平成25年8月30日の東京高裁判決や、平成26年11月12日東京地裁判決も、同じ判断を示しているように見えますね。
そうした根拠も踏まえて、労基署なり、会社なりと交渉・法的手続等をされてもよいでしょう。ご不安がおありの時は、お近くの労働法に詳しい弁護士に、更にアドバイスを求められてもよいと思います。

2016年09月30日 21時24分

この投稿は、2016年09月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 退職金について。要求に無理がありますか?

    当社は適格退職金年金制度(退職金を支払う為の貯蓄)に加入していましたが、制度の廃止に伴い6月1日付で各自清算して、退職金制度そのものを廃止するといわれました。清算の金額も退職金一覧表にある会社都合の欄の金額を下回ると聞きました。就業規則に退職金制度が明記されている以上会社が一方的に廃止するというのは不利益変更だと考...

  • 退職金を減額されたが、何もできないのか

    私は使用人兼務役員として労務を担当しておりましたが、6月末で退職いたしました。 退職金の計算書が届き唖然といたしました。(勤続年数15年弱) 私が計算した人で5月末に退職金を支給した社員もございましたが、6月1日より 代表が同じ別会社の退職金規定を準用したという理由で、半額以下の退職金金額となっておりました。 規則...

  • 辞任した社長が作った社員の退職金評価は社長が交代しても有効か?

    退職金制度はないが過去に退職者への支払い実績がある20人ほどの小さい会社で、既に引退した社長が評価した社員の退職金の金額は有効でしょうか。 年に1回査定があり、1年間はその評価となるという書面が金額と共に残っています。 その計算根拠も明確です。 この度退職することになりましたが、新しい社長(100%株保有)がこの...

  • 退職金と建退共を合わせたものが退職金なのでしょうか?手帳をた

    質問お願いします。 会社を退職するにあたり、有休消化、退職金支給と円満退職目前です。 建設会社に勤務です。 退職金の支給率が、就業規則により決まっていて就業規則通り支給されます。 支給方法を説明され、そこに違和感があります。 建退共に加入しているみたいで、建退共に加入していることすら知りませんでした。 ...

  • 中小企業退職金共済 補填

    九年いた会社を自己都合で退職することにしました。退職金は会社が中小企業退職金共済に積み立てしていました。中小企業退職金共済からは、私の口座に退職金を振り込んでもらえるのですが、会社からは、会社の退職金の規定より多くなるので、有給休暇消化する分の給料に補填すると言われ、補填出来ない分を会社が給料で払うと言われまし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。