賃金の差額請求について質問

アルバイトで給与を得たのですが、支給された給与に実際に勤務した時間と計算時間が合わず年間10万ほど金額が合いません。内容証明で請求したいのです。

そこで質問です。
1.計算方法は、本来支給される予定の金額①(給与+手当+交通費)ー支給された金額②(給与+手当-税金+交通費)であっていますか?所得税に関しては、別で控除等があるので確定申告する予定なのでこちらで納税する予定です。

本来支給される予定の金額①
年間の給与 1,260,000円
税金+保険料
手当    24,000円
交通費   51,000円
合計  1,337,000円

支給された金額②
年間の給与 1,270,000円
税金+保険料 95,000円
手当    24,000円
交通費   53,000円
合計  1,442,000円

請求金額 105,000円



2.所得税について源泉徴収されている月と、されていない月があります。
どうしたらいいでしょうか?

3.源泉徴収票を発行してもらえません。請求に応じてもらえない場合はどのように対応すればいいでしょうか?

4.雇用形態がアルバイトですが、よくわからない手当てが支給されており、あとから時給の差額分だと説明されましたが納得できません。この場合は賃金として請求せず、差額分を請求してもいいのでしょうか?
相談者(524161)からの相談
2017年02月11日 19時35分

みんなの回答

大谷 有紀
大谷 有紀 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 2.所得税について源泉徴収されている月と、されていない月があります。どうしたらいいでしょうか?
源泉徴収は必要です。ただし,確定申告の際に自身で申告する方が早いのではないでしょうか。

> 3.源泉徴収票を発行してもらえません。請求に応じてもらえない場合はどのように対応すればいいでしょうか?
税務署に対応してもらうことになるでしょう。

> よくわからない手当てが支給されており、あとから時給の差額分だと説明されましたが納得できません。この場合は賃金として請求せず、差額分を請求してもいいのでしょうか?
手当について不明ですが,時給ベースで計算して差額を請求することは可能です。

2017年02月18日 22時12分

この投稿は、2017年02月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故の休業損害証明書の書き方

交通事故のケガやその治療のために仕事を休んで収入が減った場合、その分のお金を保険会社に請求することができます。その際、サラリーマンなどの給与...

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

「9時-17時」など固定の時間で働いている人が残業代を計算する方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

【人事労務担当者向け】固定時間で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

この相談に近い法律相談

  • 婚姻費用の算定表による計算、所得・課税証明書から算出する場合は?

    婚姻費用の算定表による計算を、所得・課税証明書から算出する場合はどの欄の金額が基準になるのですか? 私の所得・課税証明書で例を挙げますと(若干金額は実際とは異なりますが)、 所得内訳という欄の中に、給与2,600,000円(収入4,000,000円)とあります。 また給与2,600,000円と同じ金額で、平成〇〇年分合計所得金額2,600,0...

  • 給料所得の源泉徴収票について

    今日給料所得の源泉徴収票を貰ったのですが疑問な所があります。 支払い金額 千の位41 円の位340 41340円だと思います。 所得控除の額の合計額 千の位380 円の位000 380000円だと思います。 何故41340円の支払い金額なのに、 所得控除の額の合計額は380000円(38万円)なのですか?

  • 休職中の給与「調整金・減額金」とは?

    主人が3月6日から休職しています。 会社から立替金を振込むよう通知が来まして、社会保険料などかなと思って確認したところ36万円超もあり少々驚いています。 会社からの通知は「3月欠勤分・休職期間分の給与、および個人負担分社会保険料、住民税などの返金」とあり、詳しくは給与明細を見るように、との指示。 給与明細を確認...

  • 弁護士さんへの報酬金は300万円以下、3000万円以上、3000万円以上各%の合計なのでしょうか

    婚姻費用、離婚裁判で弁護士さんに依頼し行いました。婚姻費用の請求の時に、委任状契約書で報酬として、獲得額の300万円以下は16%        3000万円以下は10%        3000万円以上は8% とする とありました。離婚裁判での結果、協議離婚となり決着が付き、弁護士さんの方から、報酬金としての請求がきました。300...

  • 厚生年金における標準報酬月額と実際の収入との差額について。

    納付済みの厚生年金について、「ねんきん定期便」を見ていたところ気になる事がありました。 表記されている「標準報酬月額」と「実際の当時の報酬」にかなり差額があるような気が致します。 約4年前に退職し、現在は自営業をしており国民年金加入者です。平成17年から22年半ばまではサラリーマンをしており、厚生年金加入者でした...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。