1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 給料
  4. 年俸制
  5. 就業規則で賞与支給を定めた会社で年俸制の従業員に賞与支給は必要か

公開日:

就業規則で賞与支給を定めた会社で年俸制の従業員に賞与支給は必要か

2018年04月03日
ベストアンサー
当社は賞与の支給について、就業規則に定めていますが、労働契約で年俸性の従業員については、賞与支給していません。これは問題あるでしょうか? ただし労働契約では賞与なしで契約しています。

相談者(648411)の相談

みんなの回答

周藤 智
周藤 智 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
就業規則の定め方によりますが,雇用契約書よりも就業規則の方が有利であるならば,就業規則が適用されるので,雇用契約書に「賞与なし」と書いても,就業規則に定めがある場合には,雇用契約書の「賞与なし」の記載は無効となります。

ただ,そもそも賞与の支給が会社の裁量である場合には,年俸制の従業員に不支給であったとしても,必ずしも違法ではありません。

以上,簡潔ではございますが,弊所の回答とさせていただきます。少しでもご参考になれば幸いです。

2018年04月03日 13時43分

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】年俸制の疑問点…年途中で退職できる?大幅な減俸は有効?

賃金の額を1年単位で決める制度を年俸制といいます。年俸制で働いていても、年の途中で退職することはできるのでしょうか。年の途中で、会社から一方的...

年俸制でも残業代が発生するケースとは?|残業代の計算方法も解説

成果主義を背景に、従業員の給与について「年俸制」を導入している企業は少なくありません。年俸制というと、「年間で支払われる金額が決まっているの...

【人事労務担当者向け】年俸制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

年俸制は年間の給与が決まっているので、残業代は発生しないと考えるかもしれません。この記事では、年俸制で働く従業員から残業代を請求された場合に...

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

労働者にとって不利益に変更された就業規則が無効になるケースを詳しく解説

労働者にとって不利益な就業規則の変更は、原則として、労働者が合意しなければすることができません。ただし、就業規則を変更する必要性など一定の合...

この相談に近い法律相談

  • 雇用契約書の給与と就業規則での給与規定はどちらが有効でしょうか

    半年前に全く未経験の企業に転職しました。採用の際に3ヶ月間は契約社員 として試用期間があり、問題なければ3ヶ月後に正社員採用するとの事で 3ヶ月前に正社員として「労働条件通知書件雇用契約書」を交わしました。 そこには記載されている内容は 契約期間、就業場所、従事すべき業務内容、就業時間(始業、終業時間、休憩時間...

  • 退職者の賞与支給について

    会社の就業規則に 基準賞与は年2回、業績変動賞与は年1回支給とし、賞与期間中に就業し、賞与の支給日に在籍する従業員に支給します。但し、賞与期間中の中途で円満退社した従業員には支給することがあります。 と記載があります。 この場合、賞与支給日前に自己都合で退職した場合、賞与は支払われるのでしょうか。

  • 【賞与不支給】この条件で請求権は発生しますか?

    ■□ 契約と規程の内容 ■□ ■雇用契約書  ・賞与(実績)XXX,XXX円   ※○月と○月それぞれ基本給1ヶ月分、但し部門業績及び会社業績に応じて変動する。 ■社内規程  ・賞与の査定   当該年度の会社業績及び社員の勤務成績を勘案して査定する。  ・賞与の支払い時期   賞与は原則として毎年○月及び○月に支給する...

  • 入社後の就業規則作成は有効ですか?

    就業規則のない会社が、賞与を払いたくない為に、新しく就業規則を作り、賞与を不支給の就業規則を作った場合、それは有効ですか?

  • 就業規則に「賞与を支払うことがある」と規定している場合。制裁規定は必要ないか。

    懲戒解雇の場合は、制裁規定を設けなければなりませんね。 しかし、賞与の場合は労働条件通知書に賞与9月、2月等書いていて、 就業規則に 業績により支給することがあるとしている場合。 支給しない制裁規定は特に記載していなくても、使用者側の恩恵的支給と考えて支給しなくてもいいのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

年俸制の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。