1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 給料
  4. 年俸制
  5. 年俸契約更新手続きに関して

公開日:

年俸契約更新手続きに関して

2017年04月29日
ベストアンサー
現在、年俸制契約を結んでいます。
その文面には、
自分(甲)は企業(乙)と下記の通り年俸契約を締結する。
1 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの乙が甲に支払う賃金については、年間給与制とする。
となっていましたが、

契約更新の説明があったのが、契約期間を過ぎた、4月24日でありました。
その契約内容(金額)に納得がいかなかったため、契約を更新せずにいようと考えております。
*就業規則では、3ヶ月前の退職願の提出という条項があります。

質問
1) 契約期間を過ぎての契約更新の説明があることは法的に問題がないのか?
2) 契約を甲が更新しないとした場合、サインを拒否した時点での退職となるのか?
3) 次の職場が決まっていない状況で、数ヶ月の猶予期間を結ぶことは可能か?
4) 可能な場合、どの様な契約を交わせばいいのでしょうか?

以上、すみませんがご回答宜しくお願い致します。
相談者(546347)の相談

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
> 1) 契約期間を過ぎての契約更新の説明があることは法的に問題がないのか?

あるでしょう。

> 2) 契約を甲が更新しないとした場合、サインを拒否した時点での退職となるのか?
> 3) 次の職場が決まっていない状況で、数ヶ月の猶予期間を結ぶことは可能か?
> 4) 可能な場合、どの様な契約を交わせばいいのでしょうか?

ここは話し合い次第です。
例えば8月まで居たければ「4月1日から8月末日まで」と期間の部分を変更して、記載すればよいでしょう。

2017年04月30日 07時02分

相談者(546347)
岡田先生

お忙しい中、ありがとうございます。

1)問題はあるでしょうということですが、これは法的にどの様な問題があり、
私に対する利点が考えられるのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけますでしょうか?

2017年04月30日 10時14分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
更新前に説明があるべきであるからです。

もっとも、それで何が言えるかというと難しいところはあるでしょう。説明義務違反などを問題にできるかも知れませんし、前の契約での更新の推認なども主張できるかもしれません。
しかし、そのあたりは契約書面の確認や詳細な事情の聞き取りが必要で、ネットでは可能性を告げるにとどまるでしょう。

2017年04月30日 16時32分

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】年俸制の疑問点…年途中で退職できる?大幅な減俸は有効?

賃金の額を1年単位で決める制度を年俸制といいます。年俸制で働いていても、年の途中で退職することはできるのでしょうか。年の途中で、会社から一方的...

年俸制でも残業代が発生するケースとは?|残業代の計算方法も解説

成果主義を背景に、従業員の給与について「年俸制」を導入している企業は少なくありません。年俸制というと、「年間で支払われる金額が決まっているの...

【人事労務担当者向け】年俸制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

年俸制は年間の給与が決まっているので、残業代は発生しないと考えるかもしれません。この記事では、年俸制で働く従業員から残業代を請求された場合に...

会社が雇止めをできないケース|契約更新してもらえない場合の対処法も解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

この相談に近い法律相談

  • 企業再編後の契約書の失効について

    私は一般企業において法務を担当している者です。 このたび、基本契約書を締結済みの取引先が吸収合併をすることになり、存続会社の名義でも改めて基本契約書を締結することになりました。 Q1 この場合、存続会社と新しく締結する契約書において消滅会社との契約書を失効させる一文を追記しない限り、消滅会社と存続会社の基本契...

  • 契約違反かどうかの判断

    現在、ある会社とパソコンサポート契約を交わしております。 昨年、契約の期限が切れる日の1ヶ月前に契約解除をメールで伝えたのですが(契約書に基づいて)、相手から何故か脅され、恐喝されてしかたなく、次のサポート担当者への引継ぎをするまで継続する契約を再度交わしました。 (契約書には引継ぎを行うことを追記しております...

  • 年俸制の継続と最低保障について。

    私は年俸制度にて会社員を務めておりますが、毎年更新月は超えてからの契約書を交わし今日まで続けてまいりました。 ここ最近の不景気でおそらく契約の継続は難しいと契約更改を断ってくる可能性があるのですが、 更新月を過ぎて契約しないと言われた場合は最低保障としてどの程度、給料が保障されるのでしょうか。 又、以前似たよう...

  • 年俸契約更新手続きに関して

    IT企業で年俸制契約を結んでいる正社員なのですが、昨年度の更新手続きにサインしてないから後付けでサインするように言われました。(※今年度の契約更新は行われております。) お恥ずかしいながら、日々の業務に追われ、私自身も失念しておりました次第です。 実質給与は支払われてはいたのですが、年俸制契約の更新手続きが本当...

  • 年俸制の給与支払いについて

    今年10月より入社致しました。 内定時のオファーレターで年俸制、月給で1/16づつボーナスで半期毎2/16を支払うとのことでしたが、入社後の会社規定契約で初月度の月給は日割り、直近のボーナス(12月)は無しと の契約書にサインをしろと言われています。 この場合は提示された年俸の2/16と初月度の月給10日分が支払われないこととなる...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

年俸制の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。