退職した会社への未払い残業代の請求について。

昨年入社した会社を相手に未払い残業代の請求を考えております。
某転職エージェントを介して入社しました。

・入社時に雇用契約書はなし
・給与は年俸制。
・残業代の規定はなし(就業規則にて説明)
・毎月の給与は年俸の12分割

入社後の社長による暴言や、急な出張を命じられるなど継続して勤務することに不安を覚え、
退職の意思表示をしましたが、認めて頂けず、退職届を渡すも受け取っていただけず、退職の2週間前に再度意思表示をし
退職日の前日まで勤務をし、退職をいたしました。

その後、退職月の給与が振り込まれないなどの嫌がらせもあり、どうにかして制裁を加えたいと思い未払い残業代を請求できないかと思い下記の対応をしております。

①出勤簿を元に残業代を計算し、会社へ書留にて請求書を送付

②元会社より請求の一部を認めると書面が届く。

③計算書、出勤簿を最寄りの労働基準監督署へ確認。金額、計算方法に誤りがないとの事だったため、
再度請求書を送付。振り込み期限を設定

④振り込みが無かったので、振り込み期限の翌日に会社の管轄をしている労働基準監督署へ未払い残業代の件を申告、受理されました。

⑤労基へ申告した翌日に元会社より”就業規則にて時間外労働時間を年間360時間と定めており、支払いの義務はない”との通知

労基へは証拠書類として下記を提出しております。
1、内定通知書
2、就業規則(就業時間が一部手書きで修正)
3、給与明細
4、出勤簿(タイムカードなどはなく、毎月決められたフォーマットに勤務時間を記載し提出しております。)

就業規則を確認しましたが、そのような記載はありませんでした。

ここで先生方に下記質問させて頂きたく願います。
①仮に就業規則に時間外労働が記載されていた場合残業代の請求は不可能でしょうか?
②労働基準監督署が対応頂いても支払いの強制力はないと聞いています。その場合は労働審判や訴訟をした方がよろしいのでしょうか?

ご教授いただければ幸いです。




2016年09月10日 13時21分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
①可能と考えます。そのような記載の効力がそもそもあるのかという問題やご相談者に対する酵素苦慮があるのかという問題もあります。②訴訟や労働審判を行う必要があると思います。事項の点を気をつけてもらえればと思います。

2016年09月10日 23時13分

この投稿は、2016年09月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,023名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

年俸制でも残業代が発生するケースとその計算方法

成果主義を背景に、従業員の給与について「年俸制」を導入している企業は少なくありません。年俸制というと、「年間で支払われる金額が決まっているの...

【弁護士Q&A】年俸制の疑問点…年途中で退職できる?大幅な減俸は有効?

賃金の額を1年単位で決める制度を年俸制といいます。年俸制で働いていても、年の途中で退職することはできるのでしょうか。年の途中で、会社から一方的...

【弁護士Q&A】就業規則規定なし・残業70時間設定…こんなみなし残業は有効?

みなし残業を導入している会社でも、必ずしも制度がきちんと運用されているとは限らないようです。場合によっては、みなし残業制度が無効と判断される...

会社からの残業を命じられても拒否できる場合とは

会社は従業員に対して、自由に、無制限に残業を命じることできるわけではありません。会社が従業員に残業を命じるには、一定の条件をみたす必要があり...

未払いの賃金や残業代を会社に請求する方法と必要となる証拠

未払いの残業代や賃金を会社に請求したいけれど、個人で会社と交渉することのハードルが高いと感じる人もいるでしょう。この記事では、実際に未払い賃...

この相談に近い法律相談

  • 給料未払いの請求書作成。歩合金額不明で総額を記載出来ません。

    外壁塗装営業会社の営業企画の求人に採用され就業したのですが、業務内容にテレアポらしき事項の明記はありましたが、初日から3営業日のみテレアポでその後は訪問販売をさせられました。(訪問販売と思わせる記載は無し) 不実告知に該当する営業トークを指示されていましたが、それは出来ずまっとうな説明で努力して2件契約獲得しまし...

  • 解雇に該当しないか知りたいです。

    飲食店店長を務める者です。 【店舗の概要】 会社の新規事業として6月1日に、某商業施設にオープン スタッフは社員3人含め計17人 【前提】 ・新規事業所の雇用保険や労災関係、未申請 ・雇用契約書なし(作成してほしいと何度も言い続けてます) ・扶養控除等の書類 未申請 ・就業規則、36協定なし  本社の就業規...

  • 就業条件通知書・給与辞令・賃金規定と就業条件通知書作成前の打ち合わせにおける合意の有効性について

    二重派遣解消のため、 二次受けの会社(B社)を退職し、一次受けの会社(A社)へ入社いたしました。 A社への入社の前に就業条件の交渉の打ち合わせがあり、 B社で受けていた給与と同等の水準を要求した際、 金額の提示のための年収の表が作成され 「この金額で異議はないか?」と尋ねられたため、 合意した後、就業条件通知書が...

  • 労働基準法違反を申告しましたが、指導内容が不十分過ぎる

    勤めている会社の労働基準法違反を労働基準監督署へ申告しました。 うまくまとめられず長文で申し訳ございませんが、専門家の方にお伺いしたく、詳しい状況を記載致しました。 どうぞよろしくお願い致します。 申告の方法は、書面にてまとめた申告書を直接労基の窓口にて提出しました。 その結果、会社に労基の調査が入ったのです...

  • 雇用契約書に残業代支給と書いてあるが、準委任契約だと言って残業代が支給されない場合、請求できるのか?

    労働問題の残業代の問題になります。 会社とは雇用契約(労働条件通知書)を交わしています。 その中で、 「所定時間外、休日又は深夜労働に対して支払われる割増賃金率:就業規則に定めるところによる」 としています。 就業規則には、「時間外労働割増賃金」の計算式の記載があります。 ところが、準委任契約だからと言って、...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

年俸制の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。