弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

役職手当 : 役職手当とは?手当がある場合の残業代は?

基本給の減額について

給与体系が一律化されていないことを理由に、基本給を下げられると言われました。

現在は、基本給+評価給+役職手当ですが、
今の評価給が就業規則で規定されている金額よりも
少なすぎるため、評価給を正しい金額に上げて、
差額は基本給から減額すると言われました。
支払う総額に変更はなく、賞与は総支給額に対して
査定を行う。来月からそう変更すると
言い切られました。

どうにも納得がいかない状態で、その旨は
会社に伝えています。

こういった場合は、会社に対してどう対応するのがいいのでしょうか?
時間外割増賃金の計算や退職金などの基礎になることが多いことからすると、今回の変更は労働者にとって不利益変更で無効になる可能性があります。客観的な証拠が残るメールなどによって変更に同意できないということを明記しておいてはどうでしょうか。 早速のご回答ありがとうございました。

もう一つ、教えていただければ有難いのですが、
本来支給されるべき評価給と今、頂いている評価給に5万円近くの開きがありました。
その差を埋めるために基本給を下げると言うのが、正しいとは思えません。
今働いている会社は年俸制ではなく、月給制なので、本来であれば、基本給はそのままで、評価給が上がる事なのかなと思っていますが、私の考え方がおかしいのでしょあか?

評価給の齟齬についてはは今日初めて聞かされました。
おっしゃる通りだと思います。

むむたけこさん
2017年09月12日 18時52分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年09月12日 20時04分

むむたけこ さん (質問者)

2017年09月12日 22時41分

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう

2017年09月13日 00時16分

この投稿は、2017年09月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

この相談に近い法律相談

  • 基本給引き下げに関するデメリット

    会社全体で給与体系の変更がありました。 総支給額は手当等で、現状同額で、社長からも社員の不利益なことはしないと公言してます。 ただ、基本給が半額以下に引き下げられ、固定残業代と役職手当で以前の給与と同額になるように調整されております。 週の勤務時間が、約65時間で、日曜のみ休日です。 過去の残業代を取り戻そうと...

  • 基本給を、役職手当の分減給することは問題ないか

    給与についての質問です。 昇降格の時期と、人事制度の見直しの時期が同時期にあり、人事制度移行のための給与の算定方法が おかしいのでは無いかと思い相談しました。 私は、このたび昇格し、今まで役職手当が無かったのですが、役職手当がある役職になることになりました。 人事制度見直しも同時期に行われ、 今の基本給(変動...

  • 役職手当の差額について

    2015年4月より所長職に昇進しましたが、会社の規定で、昇給は7月のため役職手当も7月から所長職の手当に変更になりました。 この度、退職を考えておりますが、この3ヶ月分の差額は支給されるべき手当のでしょうか?

  • 役職手当に○○時間分の残業代含む

    退職し未払いの残業代を請求しようと考えていますが、給与規定に役職手当てとして店長は70000円支給され40時間分含む。と記載がありました。基本給は176000円です。 この場合、見込み残業時間分を超えた金額しか請求できないのでしょうか? 私としては役職に対する手当であり、時間外労働に対する手当ではないと考えていますが、実際...

  • 管理職の役職手当は残業代の代わりになるか

    管理職の残業代について 現在私は小売店の店長をしております。店長と言っても名ばかりで利益の管理や勤怠管理は本社が執り行っています。 こちらのサイトで他の方も名ばかり管理職の残業代の請求が出来るかという投稿が沢山あり、その他のサイトも見ましたがほとんどの弁護士様の意見は名ばかり管理職は管理職に該当しないので未払い...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 上司に徹底的に嫌われ、人事評価が最低に…会...
  2. 日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員...
  3. 「京大発ベンチャー」正社員採用のはずが「雇...
  4. クレディセゾンが全従業員「正社員化」…多く...
  5. アリさんの「不当労働行為」、都労委が認定…...
  6. カラ出張対策、「領収書やICカード履歴を提出...
  7. 残業170時間、休みほぼゼロ…自殺した医師の労...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。