親会社に吸収合併された場合の待遇について

子会社が一部上場企業の親会社に吸収合併されて、親会社の就業規則、給与に移行する場合の質問です。
平社員ですが、基本給が上がるか下がるかはわかりませんが、家族の扶養手当や住宅手当の金額が親会社のほうがだいぶ低いようです。
基本給据え置きで、手当のみ親会社の支給額になると数万円給与が下がってしまい、ぎりぎりだった生活がなりたたなくなります。
減額は仕方ないのでしょうか。
または、経過措置として下がらないように調整してもらえる可能性はありますか?
ミキミニさん
2016年05月26日 22時28分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
吸収合併は子会社の地位を親会社が包括承継するものですから、合併によって当然に雇用契約の内容が変わることはありません。通常は、親会社の給与体系に合わせる方向で就業規則の変更あるいは個別の同意、労働協約の締結等がなされることになりますが、その場合も経過措置として緩和措置を設けるのが通常です。

2016年05月26日 22時50分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 子会社が一部上場企業の親会社に吸収合併されて、親会社の就業規則、給与に移行する場合の質問です。
> 平社員ですが、基本給が上がるか下がるかはわかりませんが、家族の扶養手当や住宅手当の金額が親会社のほうがだいぶ低いようです。
> 基本給据え置きで、手当のみ親会社の支給額になると数万円給与が下がってしまい、ぎりぎりだった生活がなりたたなくなります。
> 減額は仕方ないのでしょうか。

就業規則の変更に合理性が認められる場合は減額されます。


> または、経過措置として下がらないように調整してもらえる可能性はありますか?

その可能性は高いでしょう。

2016年05月26日 23時31分

この投稿は、2016年05月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 雇用側が一方的な条件改悪を強行

    ある不動産管理会社の話です。 最近、突然会社の電子掲示板で ・基本給を半分にし差額分は歩合先払金とする ・賞与(ボーナス)は廃止し、歩合先払金より売上(入金有が条件)が多ければ歩合を払う と、会社側が社員に一方的に通達しました。 後日、基本給を半分にするというのは撤回されましたが、 そもそも売上を上げる方法...

  • 100%出資子会社の代表取締役が勝手に破産手続きを進めている場合の対象方法ご相談

    お世話になります。中小企業の会社役員をしております。 11月あたまに制作会社である子会社の社長兼執行役員が、予告なしに突然失踪しました。 この子会社は100%親会社出資による会社で、当人以外取締役や監査役などはおりません。 つい先日当人を担当している弁護士から、会社を破産させる旨、子会社従業員あてに届きました。 ...

  • 株主総会の承認なしで支給された役員賞与

    子会社で、役員賞与が株主総会の承認を得ないで支給されております。平成17年改訂の企業会計基準では、発生した会計期間に経費処理をし、役員賞与引当金を計上することとなりましたが、その処理はされておりません。また、定款に報酬等に関する定めがありませんので、従来通り、株主総会で決定されることとなると思いますが、株主総会に...

  • 年俸の減額。会社都合の解雇とされるのでしょうか?

    正社員で給与体系が年俸制です。 年俸の更新の際、特定個人のみ減額となった場合、合意できない場合には、どういった待遇となるのか気になっています。 その理由にもよると思いますが、例えば、評価による減額に合意できず、妥協点が見つからない場合、どうなるのでしょうか? 会社都合の解雇とされるのでしょうか? 特に明確な目...

  • 労務管理・労働法遵守を行う立場の人がいない場合、代表者がその責任者(管理者)となりますか?

    会社の組織において、税金を納めるために必ず会計・経理担当の者がいると思います。 それと同じように、長時間労働の管理や労働関連法規を守るための担当者というのは必ず置かなければならない、という法は無いのでしょうか? 一般的には管理者とか言われますけど、大きな会社なら代表者以下に役員、部長、工場長、課長...など役...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。