弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

住宅手当

2016年07月27日

住宅手当とは:制度の内容と金額の相場

住宅手当とは、会社が労働者に住宅費用を補助する目的で支給するものです。福利厚生の一部ですが、住宅手当を設けるか否かは任意です。そのため、支給基準や額は会社独自の規定によります。ここでは住宅手当の制度と、内容金額の相場について確認しましょう。

目次

  1. 住宅手当とは
  2. 住宅手当の支給条件
  3. 住宅手当の平均、相場はいくら?

住宅手当とは

住宅手当とは、会社が労働者に住宅費用を補助する目的で支給するものです。福利厚生の一部ですが、住宅手当を設けるか否かは任意です。そのため、支給基準や額は会社独自の規定によります。 会社の規定によって異なりますが、大きく次の二つのパターンに分かれます。企業が賃貸物件の家賃の一部を負担する場合と、労働者の持ち家の住宅ローン返済を補助する場合です。

家賃補助との違い

家賃補助も、ほぼ同様の意味で使われており、住宅費用の補助として支給されています。法律上も特に明確な区分はありません。実務上は、住宅手当のほうが「基本給を補う付加的な支給」という意図で使われているケースもあります。

住宅手当の支給条件

一般的には以下の基準によって支給対象者となるか、また手当の支給額が決まります。

  • 雇用形態
  • 世帯主か否か
  • 勤務地
  • 扶養家族の有無
  • 賃貸か持ち家か

会社によっては、支給条件に「世帯主かつ既婚者」の規定があります。ただし事実婚の増加や、会社全体の経済事情からみても、今後は住宅手当の制度が廃止となる可能性もあります。実際に廃止の傾向にあり、労働者にとっては厳しい状況といえるでしょう。

住宅手当の平均、相場はいくら?

住宅手当の相場は月々1〜2万円前後です。全額負担はまれですが、会社によっては月々5万円以上支給している場合もあります。 労働者としては、あれば嬉しい制度に違いありません。ただし実際は、住宅手当の額の満足度は賃金との兼ね合いによるでしょう。他の手当や賃金水準で満足度が得られていれば、住宅手当の額が少なくても、労働者が不満を持たない場合もあります。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

住宅手当に関する法律相談

  • 転職エージェントが誤情報を会社側に伝達

    労働給料住宅手当

    私は希望年収を「基本給+賞与」で残業や住宅手当を含まないとお伝えしていましたが、転職エージェントが誤って、残業代を含まない希望年収を会社側に伝えてしまいました。それにより、会社...

    2弁護士回答
  • 社内規程改正後の手取り額の減額について

    労働給料住宅手当

    今年で単身赴任5年目に突入する40代のサラリーマンです。 単身赴任に関連する手当について社内規程を改正した会社側からの対応に納得がいかないので、ご教示下さい。 当社では単身赴任者に対...

    1弁護士回答
  • 新規と既存の従業員の住宅手当ての差別について

    労働給料住宅手当

    お世話になります。 勤務先で住宅手当てが支給されるようになりました。 上限が40,000円までで、家賃の50%が支給されるそうです。 ところが、その支給の対象者は新人のみだとのことなので...

    1弁護士回答
  • 会社側雇用契約書未作成、それに伴う未払い。長年無視、提示額と実際差がある場合、どう請求できますか。

    労働給料住宅手当

    大変 困っております。ご助言お願い致します。某日系企業に勤務しております。業務については前職とかけ離れたものではなく、すぐに実行できる内容であったので知人より紹介頂き応募する経...

    1弁護士回答
  • 支給されていない住宅手当について

    労働給料住宅手当

    相談よろしくお願いいたします。 前の職場を退職したのですが、今月のお給料に住宅手当が支給されていませんでした。 それに対して再三連絡をしているものの、会社側から無視されています。 ...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

住宅手当の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  2. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  3. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  4. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  5. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  6. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...
  7. 国会対応などで過酷な「霞が関不夜城」、過労...