弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

昇格・昇給

2016年07月15日

昇給・昇格とは

昇給とは「処遇が良くなること」です。具体的には定期昇給を指し、就業規則などで保障されている、定期的にもらえる給料が上がります。昇格とは、社内で定めた人事・等級制度によって労働者を区分・序列化した等級が上がることです。昇給とベースアップの違いや、昇格と昇給の違いについても合わせて確認しましょう。

目次

  1. 昇給とは
  2. 昇格・昇進とは

昇給とは

昇給とは「処遇が良くなること」です。具体的には定期昇給を指し、就業規則などで保障されている、定期的にもらえる給料が上がります。昇給する給料にボーナスは含まれませんが、基本給が上がった結果としてボーナスもアップする可能性はあります。 昇給は、個人の成長を考慮した人事考課、または年功序列の給料体系によって行われます。昇給は法律で義務付けられていませんので、企業が独自に決められます。

規定内容は要確認

具体的な昇給額や率が就業規則などに明記されている場合は、記載内容を守らなければなりません。例えば「毎年4月に定期昇給を行う」と記載があれば、必ず昇給することになります。 ただし、加えて「原則として毎年4月に」「業績に応じて」など但し書きがある場合は昇給しないことも可能なので、規定を細かく確認する必要があります。

昇給とベースアップの違い

昇給以外でも「ベースアップ」によって給料は上がります。ベースアップとは給与の水準そのものを引き上げる、給料の底上げのことです。また、給与システムの改定によって、会社の社員全体の基本給が上昇する場合もベースアップに含まれます。 ベースアップでは、人事考課などの個人単位ではなく、日本経済、産業、企業など全体の成長によって賃金の改定が起こります。物価や初任給の上昇など、様々な原因が考えられます。 ただし、あくまで全体的な給料の改定であり、個別に給料の改定がある昇給とは異なりますので注意してください。

昇格・昇進とは

昇格・昇進とは「評価が良くなること」を指し、給与面としては役職手当が付いて昇給につながる場合もあります。ただし、両者は少し内容が異なります。 昇格とは、社内で定めた人事・等級制度によって労働者を区分・序列化した等級が上がることです。等級制度の例は以下のとおりです。

  • 職能資格制度…能力を基準とする人事制度
  • 職務等級制度…仕事内容を基準とする人事制度
  • 役割等級制度…役割を基準とする人事制度

昇格では役職ではなく、等級が上がります。「昇格したけれど平社員のまま」という状況があり得るので、水平的な移動を含むといえます。 一方で、昇進では役職や地位が上がります。課長から部長など、必ず上のポストに移動することになるでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

昇格・昇給に関する法律相談

  • 人事権の濫用の訴え提起

    労働給料人事評価昇格・昇給

    不当な署名捺印を求められたのを断ったら昇格で一人だけ外され、これ以上逆らうともっと不利益な事になると課長にいわれたのですが、人事権の濫用の訴えを起こすこれは可能でしょうか。

    2弁護士回答
  • インセンティブ契約の支払い拒否について

    労働給料人事評価昇格・昇給

    退職した会社とインセンティブ契約を結んでいましたが、根拠もなく勤務態度が悪いから支払う義務がないとの一点張りで支払って頂けません。 勤務態度については、転職活動(役員の許可済)以外...

    2弁護士回答
  • 総合職と一般職の職種一本化

    労働給料人事評価昇格・昇給

    総合職、一般職の垣根をなくし職種を総合職に一本化する新人事制度が導入されることなりました。それに伴い、経過措置として一般職は一般職に留まる選択も与えられていますが、昇格者につい...

    1弁護士回答
  • パートの時給の昇給について

    労働給料人事評価昇格・昇給

    現在、スーパーでパートとして勤務しています。14:30~22:30の7時間で、ナイトマネジャーという夜間責任者な役割です。17:30までの二時間は時給が850円でそれ以降は1000円となっています。た...

    1弁護士回答
  • 育休中の妻の職場復帰(退職勧奨)について

    労働給料人事評価昇格・昇給

    2歳の子供が4月より保育園に入園、妻は5月より正社員として職場復帰の予定でした。 ところが業績悪化を理由に退職勧奨を受けてしまい復帰できそうもありません。 このまま職場復帰せずに...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

昇格・昇給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. JR西「人為ミスは責めない」非懲戒制度、積極...
  2. 上司の私的な誘い拒否→「社会人失格」と書か...
  3. うつで「休職」、交通死亡事故で「罰金刑」…...
  4. 「強制参加の社員旅行」なのに「有休使って」...
  5. 赤字招いた同族経営批判で突然の解雇、上野学...
  6. MRから単純作業の職種に配転、降格・退職勧奨...
  7. 国会対応などで過酷な「霞が関不夜城」、過労...