医療法人 事務長の解雇

理事長の信頼を裏切る行為をした事務長(理事)を辞めさせたい。
以下の行為で解雇は可能でしょうか。

①理事長に許可なく病院の看板の色を経費で塗り替えた。(修繕したい意向は聞いていたがまだOKは出していなかった)

②理事長に院長と当人事務長の昇給を見せないように逆さにして別の理由で理事長印をもらい理事会で承認を得たと記載された紙に事務長自ら捺印。
その理事会には理事長は出席していないが議事録には出席したことになっていた。
理事長に昇給の許可も得ていない。

③院内のリフォームを理事長に許可を得ず事務長が業者を呼び、診察中に工事が始まり、
騒音をたて何も知らない患者は音に驚き診察に集中出来ない状況になる。
理事長も他の職員も工事を知らないため患者に説明も出来なかった。業務妨害行為。

給与額を戻すことと、今後理事長に許可なく行う行為があった場合は翌月末退職するように
書いた書面に署名を求めたが拒否をした。
2019年04月29日 14時18分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ありがとう
お困りのことと存じます。お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1.本件、解雇権濫用法理に照らした判断が必要です。過去の裁判例等に照らした専門的な分析と判断が必要です。素人判断は大いに危険です。
2.事務長の権限、リフォームの影響次第です。なんでもかんでも理事長の許可が必要になるとは限らないです。この点についても、本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。素人判断は大いに危険です。
3.本件は、法的に正確に分析すべき事案です。専門性の高い弁護士に相談し、具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 良い解決になりますよう祈念しております。法令遵守をお願いいたします。


2019年05月05日 14時15分

この投稿は、2019年04月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 昇給について

    私の会社は就業規則により「昇給は、会社の経営状態により、原則として4月期に〜」と4月に昇給することになっています。 しかし、社長はたいてい昇給のことを忘れ、4月には昇給しません。しかし数ヵ月後(6〜10ヵ月後)社員が社長のご機嫌を伺いながら昇給の話をすると、何とか4月まで遡って差額分も払ってくれます。 結果的にはなん...

  • 育児休業取得者の昇給及び昇格の扱いについて

     標記の件、取得者に対する不利益な取り扱いは違法となっており、最近、判例も出ています。 1.以下のような就業規則は違法ですか? 育児休業○カ月以上の取得者は、昇給なし、昇格なしとして取り扱う。 2.仮に違法な場合、就業規則にはどのように盛り込めばよろしいですか?  

  • 昇給の決定について。

    協同組合です。 このたび提示された昇給金額が著しく均衡を失するものであるのでは?と思い相談させていただきます。 正職員8名・パート職員6名・嘱託職員2名です。 正職員は月給、パート・嘱託職員は時給です。 昇給率は正職員で最大約1%、最低約0.74%で、パート職員は、最大約21%、最低4.5%です。 人事考査制度そのものが...

  • 昇給について。1昇給しないのは仕方がない事のなのでしょうか?

    現在会社に就職する際、昇年1と言う事で説明を聞いていたのですが、2年居ますが昇給していません。 また、就業規則と言う物がなく現在作成中だと言っている(入社当時)のですが未だに出来ているのかわからない状況です。 また、税金対策なのか分かりませんが、給与が21万で見込み残業代が7万位あります。合計すると28万なのでもらう...

  • 昇給時期の認識について

    平成29年4月1日より正社員になりましたが、平成30年4月1日に昇給がなかったため事務の人事係に問い合わせたところ、平成29年3月31日に正社員となっていなければ、今回の昇給はないと言われました。 就業規則には昇給時期について「職員の基本給は、毎年4月1日をもって基本給について行うものとする。」となっており、昇給の例外として...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。