職能給での降格基準法律の観点から問題は?

職能給制度で、3年前に、昇進試験と役員面談で現在の等級に昇給しました。
来年から、昇給条件に日経テストで規定点以上が追加するとこになり、規則集も変更になりました。
規定変更以前に昇格した者も適用し、2年以内に規定点数取れない場合は、降格すると言われました。
法律上降格に問題はないのでしょうか?




2016年09月15日 23時16分

みんなの回答

鈴木 謙太郎
鈴木 謙太郎 弁護士
労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 まず,職能資格を低下させる降格は,労働者の同意や就業規則上の合理的規定など契約上の根拠が必要であると解釈されています。なぜなら,上記降格は,基本給の変更をもたらす労働契約上の地位の変更だからです。本件の場合,変更になった「規則集」というのは,就業規則のことでしょうか?「規則集」が就業規則であり,就業規則上の規定が合理的規定といえれば,契約上の根拠があるといえます。
 「『2年以内に』日経テストの『規定点数』をとれない場合,降格すると言われた」とありますが,その旨の規定が就業規則に新設されたということでしょうか?そうだとすれば,就業規則に職能資格の引下げがありうる旨の規定を新設することになりますので,就業規則の不利益変更法理が発動され,変更の合理性の有無が審査されます(労働契約法10条)。賃金や退職金など労働者にとって重要な労働条件に実質的な不利益を及ぼす就業規則変更については,高度の必要性が求められます。
 次に,契約上の根拠がある場合でも,その契約内容に沿った措置か(例えば降格に値する職務遂行能力の低下があったか),権利濫用など強行法規違反にあたる事情がないかが検討されます。

2016年09月17日 16時05分

相談者
回答有難うございます。
回答の中での質問ですが、
2017年から就業規則の昇進(職能給格上げ)条件の中に、
【日経テスト規定点数以上】が規定されます。
そして、昇進条件が変更になったのだから、それ以前に
昇給した者も対象で、点数をクリアできなければ降格になる
と言われてます。

以前に昇格したものにも法律的に対象にできるのでしょうか?

2016年09月19日 15時33分

この投稿は、2016年09月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 就業規則の強制力と法律的な強制力

    就業規則に法律上や一般常識的に問題のあることを書いてあってもそれは適用されますか? 例えば【私物】の【没収】とか 何の弁明や説明もなく一方的に規則違反と称して【減棒】・【減給】 基本給などベースを永久的に【減給】 。

  • 内定の条件提示について

    内定の連絡とともに入社の意思確認のメールがありましたが、条件提示(給与等)がない状況でしたが、「入社希望」と回答しました。 その後も、会社からは採用前の研修や関係書類の提出などの連絡がメール等でありました。 研修後には配属先について質問しましたが、まだ決まっていないとの回答であり、3月末日には電話にて同じ質問をし...

  • 内定時に条件提示がないまま

    内定の連絡とともに入社の意思確認のメールがありましたが、条件提示(給与等)がない状況でしたが、「入社希望」と回答しました。 その後も、会社からは採用前の研修や関係書類の提出などの連絡がメール等でありました。 研修後には配属先について質問しましたが、まだ決まっていないとの回答であり、3月末日には電話にて同じ質問をし...

  • 給与規定変更の際の不利益条件について

    現在組合の執行委員長をしている者です。 会社から給与規定を改訂すると言われ、4月から執行したいと連絡を受けました。 給与規定の改訂なので組合の同意を得るつもりのようですが、信頼性がないため対応をご相談したく考えております。 変更内容は以下のようなものです。 ・基本級+職能給+家族手当を基本級に統一し、仕事内容...

  • 給与規定の変更の有効性

    給与規定の変更の有効性についてお教えください。組合がない場合において職員代表の同意があれば給与規定の変更が可能でしょうか? 職員には区分(職種)が2つ規定されており1つの職種が大半を占めています。給与規定の改定では大半を占める職種についてはほとんど変わりがないのに対して少数のほうの給与はかなり減額されています。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。