弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

降格・減給

不当と思われる降格人事にどう対処するか

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではなく、労働基準法に基づいて行わなければなりません。ここでは不当と思われる降格人事があった場合の対処法について確認しましょう。

目次

  1. 降格人事とは
  2. 不当な降格人事に対する対処法
  3. 降格人事による減給

降格人事とは

基本的に人事権は使用者(会社)が持っているので、労働者は降格人事を拒否することはできません。ただし、降格人事は使用者が自由に行えるものではなく、労働基準法に基づいて行わなければなりません。

特に職務内容を変えずに降格させる場合は、雇用契約や就業規則も重要となります。基本的には部長から課長など、1階級の降格であれば問題ない場合が多いです。一方で一般的でない大幅な降格人事や、前例のない降格人事を行う場合は慎重に検討しましょう。

使用者が自由に降格人事を行えるわけではない

職位の引き下げではなく、職能資格を引き下げる降格を行う場合は、労働者本人の同意または降格人事に関する適切な就業規則が必要です。一定条件を満たさなければ、労働者の位に反する降格人事は行えないのです。

不当な降格人事に対する対処法

働き続けたい場合は「不当な降格人事である」と言えない状況も容易に想像できますが、まずは不当に思っている旨を使用者(会社)に伝えてください。

降格理由の確認と合わせて、就業規則や雇用契約を見直し、他の方法で降格理由の埋め合わせができないか検討を求めましょう。

不当人事の申立て

申し立てる場合は、内容証明郵便を送って客観的な証拠を突き付けたり、労働審判を行ったりして解決策を探りましょう。不当であると認められれば、使用者に対して不当な降格人事を取り下げさせることができます。

労働基準監督署に相談する

勤務先の会社の労働基準監督署に相談しましょう。申告は無料で、匿名で申告することもできます。

労働基準監督署が勤務先会社の調査を行ったうえで対応するので、調査結果によっては指導や是正勧告がなされない場合もあります。また、勧告に強制力はないので注意しましょう。

あっせん制度を利用する

場合によっては、あっせん制度を利用して使用者との間に第三者を立てて話し合うこともできます。利用は無料なので、あっせん制度を利用したい場合は労働基準監督署または労働委員会などに相談してみましょう。

民事調停

訴訟で争う前に、話し合いの余地がありそうな場合は簡易裁判所で民事調停から始めるとよいでしょう。調停では調停委員が当事者同士に譲歩させ、紛争の解決をはかります。

労働審判

労働審判員の立ち会いのうえ、話し合いのかたちで行います。最終的に話し合いがまとまらなかった場合は、裁判所が審判を下します。そのため単なる話し合いの意が強い調停とは異なり、より迅速な解決が望めるでしょう。

ただし労働審判の間にも話し合い(調停)の場が持たれるため、その時点で解決となった場合は審判に至らず終了する場合もあります。

訴訟

訴訟に至った場合、解決まで時間がかかる可能性もありますし、法律知識が求められます。弁護士に相談したほうがよいでしょう。初回相談無料または30分5000円の場合が多いので、利用してみてください。

降格人事による減給

通常の減給処分であれば、限度額が定められています。ただし降格人事による減給はあくまで役職変更が理由であり、減給処分の限度額の制度は対象外となります。通常の減給処分よりも大幅に減給されることとなる可能性もありますので、注意してください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題を扱う弁護士を探す

降格・減給に関する法律相談

  • 減給処分、懲戒処分について

    労働給料人事評価降格・減給

    アルバイト先がウェブ明細ですが 2月2日に減給処分の通知が来ていました 文面は 接客怠惰等へのの責につき減給処分と致します これだけです 理由も処分内容もありません 直の上司に問い合...

    1弁護士回答
  • 自律神経失調症によるバイトへの降格

    労働給料人事評価降格・減給

    職場で自律神経失調症になり、残業一~二時間に抑えて勤務していたところ、一ヶ月程して人事と上長に呼び出されて表題の内容を薦められました。 他の社員(法律事務です)は皆もっと残業してい...

    1弁護士回答
  • 合併に伴う降格人事について

    労働給料人事評価降格・減給

    会社が合併する事が決まり、前倒しで統合を行う事になりました。新組織が発表されそれに伴う人事異動が発表になりました。6年前から大規模センターの所長でしたが、2階級降格の辞令でした。...

    1弁護士回答
  • 勝手に処遇改善手当を減額しても良いのでしょうか?

    労働給料人事評価降格・減給

    保育士です。処遇改善手当が3月に支給される予定です。その前に、退職の旨を伝え、園長の息子に意見され、言い返した後に、「よく分かりました。考えさせてもらいます」と、言われました。...

    1弁護士回答
  • 不当な降格取消しと精神的苦痛による慰謝料について

    労働給料人事評価降格・減給

    不当降格について 昨日、上司より呼び出しがあり、あなたとは連携が取れないので業務がスムーズに流れないと言う理由をつけられ3階級降格で平社員に戻すと言われました! 昨年10月に、上司...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

降格・減給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 社会保険逃れ? 雇用主変更、6年半で67回も…...
  2. 新人女性教員自殺、高裁も「公務に起因」認定...
  3. 入社1日目から「有休取得」可能にする改革案…...
  4. トイレに行くたび「殺すぞ」と暴言吐く上司...
  5. 酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言...
  6. 改正「介護休業法」で取得の要件緩和…働く人...
  7. 「ほっともっと」店長は「名ばかり管理職」…...