減給を伴う職位等級変更は不利益変更ではないのか?

私は、人事異動で、職位等級が変更され、降格・減給されました。

懲戒以外の降格・減給の規定は、会社の就業規則や給与規則にありません。

会社は、人事異動に伴う職位等級変更であり、労働契約の内容を変更したものではなく、不利益変更ではないと主張しています。

人事異動で、職位等級が変更され、減給したことは、労働契約の不利益変更ではないのでしょうか?

2016年03月03日 12時12分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
人事異動で、職位等級が変更され、減給したことは、労働契約の不利益変更ではないのでしょうか?

人事異動は会社に広い裁量があります。ただ、組合員を狙い撃ちで、経営部門から工場の守衛に移動するような極端に不当な場合は違法となります。
また、移動に伴う給料変更は、変動により業務が変わった範囲の合理的な程度ならば違法ではないです。

2016年03月03日 12時25分

この投稿は、2016年03月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】会社が一方的に従業員の給与を減額することはできるのか

会社から一方的に減給することを通知されたり、人事異動や降格に伴って減給された場合、従うしかないのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www....

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】突然の降格に従う必要ある?不当降格を判断するポイント

理由がはっきりしないまま、事前に何の指導もなく降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。降格が不当降格として無効になるのはどのような...

【弁護士Q&A】就業規則の不利益変更に労働者が従う必要はある?

労働者は会社が定めた就業規則に従って仕事をする必要があります。では、就業規則が労働者にとって不利益な内容に変更された場合でも、従う必要はある...

労働者にとって不利益に変更された就業規則が無効になるケースを詳しく解説

労働者にとって不利益な就業規則の変更は、原則として、労働者が合意しなければすることができません。ただし、就業規則を変更する必要性など一定の合...

この相談に近い法律相談

  • 降格に伴う減給について

    業務で会社に損害を与えた。責任を取ることになり、始末書を提出して、課長から課長代理への降格に。 給与も前年比10%減給となりました。 法的に問題はありますでしょうか。 減給に期間はあるのでしょうか

  • 降格に関する社内規程について

    労働条件引き下げの一つである降格に関する社内規程についてご質問させていただきます。 一般的に懲戒以外の降格に関しましては、会社にある程度の裁量権が認められ、その根拠は社内規程と認識しております。 我が社の規程から降格に関する部分を確認してみました。「人事規程 降格は資格規程による」「資格規程 降格は評価規程に...

  • 不当な降格・減給は法律的に問題があるのでしょうか?

    人事異動の配置転換で、降格・減給され、年間賃金が100万円ほど下がりました。 懲戒を受けておらず、懲戒以外の降格や減給については就業規則や給与規則にも明記されていません。 もちろん、降格・減給に同意もしていません。 他の従業員は減給されていません。 人事部に文句を言うと、変な部署に異動されることはわかっている...

  • 成績不振による降格と減給

    降格と減給についての質問です。 部署の方針が変わった事により 給与制度(等級制)が 特定の商品の販売実績をベースに評価される様になりました。 入社時は人手不足な事もあり こちらの「希望する給料」+「個人ノルマなし」と言う 条件だったのですが書面としては残っていません。 営業職ではなく、小売業です。 部署と...

  • 事故後の昇給について

    交通事故で休業、損保からの休業損害で生活中。 事故で休業せねば昇給しているので(会社の社長の確認済、必要ならば書類も用意するとの事)なので、損保に休業損害を増額するよう言ったら、事故前3ヶ月の給料で計算するので増額は無理の一点張り。 増額を認めさせる方法を御教示下さい。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

降格・減給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。