降格辞令を拒否できるか。拒否した場合は解雇でしょうか?

民間企業の地方の支店長です。今回、支店の売上不振、勤務態度(社長に反抗)等の理由で地方の営業所長として転勤と降格の辞令がでました。何とか回避したいのですが、法律上対抗手段はあるのでしょうか
地方の営業所長は課長待遇です。現在は次長待遇で金銭面の不利益は4万位です。拒否した場合は解雇で
しょうか?会社側は通常の人事権の行使としておりますが、反抗していた報復人事としか考えられません
赴任先に行かない場合はどうなるでしょうか?55才男です。                   会社側はこの人事が成功すれば他支店の反抗している支店長も処分できると考えおります。
人事権の濫用には当たらないのでしょうか?    
2014年01月18日 13時06分

みんなの回答

山口 政貴
山口 政貴 弁護士
ありがとう
確かに会社には人事について決定する権限がありますが,著しく不当な人事であれば,相談者様のおっしゃる通り人事権の濫用であり,無効となります。

とはいうものの,会社の方としては当然濫用であると認めるわけはないでしょうから,本当に争うのであれば法的手段に出るしかありません。

2014年01月18日 17時50分

この投稿は、2014年01月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】突然の降格に従う必要ある?不当降格を判断するポイント

理由がはっきりしないまま、事前に何の指導もなく降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。降格が不当降格として無効になるのはどのような...

【弁護士Q&A】会社が一方的に従業員の給与を減額することはできるのか

会社から一方的に減給することを通知されたり、人事異動や降格に伴って減給された場合、従うしかないのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www....

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

この相談に近い法律相談

  • 労災認定され職場復帰に向けて

    従業員400人、店舗数17の大手会社の子会社に勤めています。 12月に排他人事(半年で4人から1人)と超過勤務で労災認定されました。労働監督暑より全従業員の残業の未払金を支払うように会社に伝えたそうです。その時に会社側から従業員に対して私個人の氏名を出して経緯説明をしたそうです。労基署の担当に確認したところ監督署...

  • 町役場の臨時職員の業務委託は可能でしょうか?

    現在、ある町役場の臨時職員という立場です。 規定としては、月16日勤務、副業兼業可です。最近町役場からの仕事量が増え、16日内に収まらなくなってきましたので、はみ出した分の業務を役場からの委託事業として私個人の法人(未設立・合同会社を想定しています)が受けられるようにしたらどうかということを役場の担当から言わ...

  • 兼業、兼務などについて

    先生方おはようございます。 知人のことです。 非常勤や常勤、嘱託や臨時と行政(区役所、市役所、町役場)には様々な業態があろうかと思います。 業態などは異なるにせよ、県民や都民や府民、区民や市民や町民の税金より給与を支給されていることからしますと地方公務員、身分として、公務員になるかと思われます。 知人...

  • 労働基準法違反の見極め方はどうすればよいでしょうか?

    期間従業員として補助軽作業の雇用契約6か月の契約社員として5年勤務していました。 総務課 総務部長 課長 課長代理 期間従業員3人の一人として期間従業員として所属していました。総務部長から契約が更新できないと口頭で言われて自宅に帰宅して1週間が過ぎた頃に離職票1と離職票2が送付されてきました。)事業主(使用者)...

  • 損害賠償をどの段階で求めるべきか検討中です。

    期間従業員として補助軽作業の雇用契約6か月の契約社員として5年勤務していました。 総務課 総務部長 課長 課長代理 期間従業員3人の一人として期間従業員として所属していました。総務部長から契約が更新できないと口頭で言われて自宅に帰宅して1週間が過ぎた頃に離職票1と離職票2が送付されてきました。)事業主(使用者)...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

降格・減給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。