病気を理由とする降格について

教えてください!

現在の職場に正社員としてついて10年になりますが、昨年の秋より、ある障害を発症し、先日その病名は、「てんかん」だと、はっきりと医師に宣告されました。
現在薬を服用すれば発作は起こらない状態ではありますが、この病気は、発症した事実を職場に報告せざるを得ないのだと思います。

職場の上司に恵まれていない事を、主治医に伝えた所、「病気を理由に解雇することは出来ない。そんなことがもしあれば、労働基準監督署にすぐに行きなさい。」というアドバイスは受けました。
ただ…、正社員から、嘱託職員や、臨時職員などに、降格してしまうことはあるのですか?
それは、仕方ない事なのでしょうか?

教えてください!!
病気を、隠すつもりはありません。でも、不当には扱われたくありません。
2012年02月22日 23時49分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
仕事に支障をきたすようであれば、降格はやむを得ないでしょう。

2012年02月23日 06時00分

この投稿は、2012年02月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】突然の降格に従う必要ある?不当降格を判断するポイント

理由がはっきりしないまま、事前に何の指導もなく降格を告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。降格が不当降格として無効になるのはどのような...

【弁護士Q&A】会社が一方的に従業員の給与を減額することはできるのか

会社から一方的に減給することを通知されたり、人事異動や降格に伴って減給された場合、従うしかないのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www....

懲戒処分として減給されるケースと減給の無効を主張する方法

無断欠勤や職務怠慢など、就業規則で定められたルールに反した場合、懲戒処分として減給されることがあります。しかし、会社はどのような理由でも自由...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

この相談に近い法律相談

  • 産業医面談 人事担当者による嫌がらせで適応傷害でも人事へ報告されますか?

    外資系に勤めております。1年ほど前から業務付加が大きくなり、知らぬ間に心身のバランスが崩れて行きました。今の業務状況を人事担当者(1名しかいません)へ相談していたのですが、その担当者に否定的なことを言われるのが一番辛く、その人と話すと呼吸が浅くなってしまい、ある日、風邪で病院へ行った際に相談をしたところ過喚起症候...

  • 懲戒解雇と背任罪について教えてください

    突然のご連絡失礼します。 私は入社6年目の会社員です。 会社から懲戒解雇をされるかもしれない状況で、ご相談させていただければと思います。 今、私は今年に入り、仕事のノルマの重圧により病み、4月に鬱病の診断書をもらい会社を現在休業しています。 休業前の仕事に関し、精神的に追い詰められた部分もあり、成果が完...

  • 直接的に退職を促されていない場合でも不当解雇に該当するのか?

    不当解雇について 今年1月より、職場での人間関係をきっかけにうつ病を発症し休職をしておりました。8月頃より意欲や体力が回復し、医者からも復職の許可がおり復職可能の診断書を書いていただき、復職にむけて準備を進めていました。ところが提出した復職診断書を弊社人事課に送った結果、「この内容の診断書では復職をさせることはで...

  • 後遺障害

    何度もすみません。質問をさせて頂きます。 私病で怪我をしていて、医師からの注意事項(悪化)につながる行為を会社に対して説明をし、配慮を求めていたのにも関わらず、業務命令で医師からの注意事項を破る事を会社から要求され、やむを得ず、業務命令により遂行した所、悪化をしてしまいました。、そして医師より怪我の悪化により...

  • 採用された資格とは関係のない部署に異動をさせられました。

     歯科衛生士として病院歯科にパートで採用され、20年勤続してきました。10年前より、歯科の業績が悪いため、事務職(主に医科受付)を兼務してきました。(時給は歯科衛生士としての給料のままで)最近、病院の別法人が経営する特別養護老人ホームに歯科衛生士として2か月後に異動を言われ業務の引継ぎをしていました。私的にも自分の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

降格・減給の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。