自損事故後の賃金について

インターン研修中に自損事故で社用車を廃車にしてしまいました。
もともと2ヶ月のインターン研修のちに雇用の予定だったのですが、
インターン終了後、雇用はされるが半年間は必要最低限の賃金しか払わないとのことでした。

インターン中は週5、土日両日出勤した週もあり、その振替休日も無し、賃金は一銭も払われず、
インターン後の半年間は家賃55,000円なので、月の賃金が60,000円とのことでした。

このような給与体系は法律ではどうなのでしょうか
また、対処方法などありましたらご教授願いたいです。
相談者(720905)からの相談
2018年10月21日 19時44分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ありがとう
お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

> インターン中は週5、土日両日出勤した週もあり、その振替休日も無し、賃金は一銭も払われず
休日手当の請求が可能です。労働基準法上の労働時間に該当するかどうか、証拠に基づいて、子細な分析と慎重な対応が必要です。
> インターン後の半年間は家賃55,000円なので、月の賃金が60,000円とのことでした。
給与からの天引きということでしょうか? 労働基準法24条違反について、本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。

労働局に相談されるのがよろしいと思われます。法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関係した法理等にも通じた弁護士等に相談し、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

不当な対応には屈しないで下さい! 良い解決になりますよう祈念しております。

2018年10月21日 21時20分

この投稿は、2018年10月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,001名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

休日出勤で割増賃金を請求できるケース、代休と振替休日の違い

前々から予定をいれ楽しみにしていた休日を前に、会社から「休日出勤」の業務命令ーー。「拒否したい」。拒否できない場合でも、せめて休日がつぶれる...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。