1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 給料
  4. 労働基準法第24条の毎月1回以上の原則について

公開日:

労働基準法第24条の毎月1回以上の原則について

2019年04月05日
労働基準法第24条の毎月1回以上の原則:給料は、必ず「1か月に1回以上」の頻度で払わねばなりませんについてです。
勤務先から給与支給日の変更の知らせがありました。(6月分給与より適用)
変更前:当月締め、当月末払い
変更後:当月締め、翌月末払い
この変更に伴い、6月分給与の支給日が、7月末となり6月は、支給がありません。
ただし6月に賞与の支給は行われるとのことです。
この場合、法律上問題はないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
相談者(783121)の相談

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう
> この変更に伴い、6月分給与の支給日が、7月末となり6月は、支給がありません。
> ただし6月に賞与の支給は行われるとのことです。
> この場合、法律上問題はないのでしょうか?

6月1日から7月30日まで2か月近くの期間、通常の賃金が支払われないのは、労働基準法24条2項に違反すると思います。

2019年04月06日 10時47分

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

新型コロナの影響で会社が倒産したとき未払い賃金を国に立て替えてもらう方法

新型コロナウイルスの影響で会社の経営状況が悪化し、給料が支払われないまま倒産してしまった場合、会社に代わって国が未払い賃金を支払ってくれる「...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

未払賃金立替制度|倒産した会社の未払い賃金を国が立て替える仕組みを解説

残業代を支払ってもらえないまま会社が倒産してしまったーー。そうしたとき、会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる「未払賃金立替払制度」を...

この相談に近い法律相談

  • 労働基準法34条の休日とは?

    労働基準法34条の休日について、休日割増が存在すると知ったのですが、年中無休のチェーン店のアルバイトですが、土日と平日、全く同じ時給なのですが(深夜割増はちゃんと加算されてます)当店のように年中無休だと、休日自体がないとの捉え方で宜しいのでしょうか?

  • 地方公務員法の定める守秘義務について

    ①地方公務員法第34条が定める守秘義務について、税金の滞納額は、すでに、滞納通知等がされていることから、秘密に該当しないのですか? ②妻の所有する土地の固定資産税を妻が滞納している場合、夫の私が市に妻の滞納額を聞いても教えてくれないものなのでしょうか?(妻からの委任状はなし) ③②の場合、市職員が妻の滞納額を教えてく...

  • 労働基準法第15条2項の条件で即座に契約を解除したい場合

    労働基準法第15条2項の条件で即座に契約を解除したい場合は どのような手続きをしたらよいですか? 退職届けに送付して送ればよいですか? ・休憩時間 ・出勤は10時からなのに9時40分にはきてPCの立ち上げをしないといけない(無給) この事柄が契約書と聞いてた内容と異なります。

  • 労基法第34条について

    労基法第34条における「労働時間の途中」とはいつでも良いのでしょうか 極端な例で・・・1分仕事をし1時間休憩ののちに残りの業務をこなす 7時間59分業務をし、1時間の休憩をはさみ残り1分の仕事をする

  • 労基法21条・解雇予告義務の除外対象に関して

    労働基準法第21条2項の但書(解雇予告義務の除外対象に該当しない場合の部分)で、「2ヶ月以内の期間契約労働者でも、所定の期間を超えて引き続き使用されるに至った場合」の、「所定の期間」は、どの期間をさすのでしょうか。 2ヶ月以内の期間契約であった「当初の契約期間」をさすという解釈の判例などがありますから、その通り...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

給料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。