会社の倒産と給料

ご指導お願いします。経理事務を担当しています。
会社が近々破産する予定です。
従業員を今月末(10月)に解雇する予定です。
その際、10月分の賃金を支払うとしたら
10月分の社会保険、等の控除項目はどうなるのでしょうか?
賃金は、月末締め、翌月払いです。
通常なら10月31日退職で資格喪失は11月1日となり。10月分は控除し
会社も保険料を10月分を支払うのですが、10月の保険料支払をせず
会社が倒産することになるので。
控除せず、10月31日を喪失日にして、10月分を個人で
払ってもらった方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
2013年10月24日 14時15分

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
控除せず、10月31日を喪失日にして、10月分を個人で払ってもらった方がいいのでしょうか?

・本来は会社に財団債権を支払うに足る財産回収が見込まれるのであれば原則通り会社で給与から控除しておくべきです。

この方法もあると思います。いつまで特別徴収していたか明確にしておけばよいです。

申立代理人の弁護士に確認してください。

2013年10月24日 20時59分

この投稿は、2013年10月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

未払賃金立替制度l倒産した会社の未払い賃金を国が立て替える仕組みを解説

残業代を支払ってもらえないまま会社が倒産してしまったーー。そうしたとき、会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる「未払賃金立替払制度」を...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

この相談に近い法律相談

  • 勤怠控除1カ月分は妥当ですか。

    6月1日から10月15日まで休職をしており、10月15日付で退職しました。その間はちなみに傷病手当金はもらっています。給料は基本給一か月分を当月25日に払い残業代は翌月支払う形です。 10月25日に給与明細が届いたのですが、社会保険料等とは別に基本給216000円を勤怠控除分として支払えと通知が来ました。 ちなみに入社は月の途中でし...

  • 未払い給与と退職金の回収はできますか

    会社を倒産するといってまだ倒産申請していない会社から未払いの給与及び退職金を回収することは可能でしょうか。 経緯としては以下となります。 2017年11月 「会社の資金がショートし、会社をたたむのでやめてほしい」と言われました。 その時、全社員が当月の31日で会社を辞めました。 その時は、2017年10月・11月分の給与と退...

  • 中途入社における標準報酬月額について

    社会保険料についてのご質問です。 9月に前職を退職し、11月に現在の会社に転職しました。 社会保険料と厚生年金がかなり上がった為のいろいろ調べてみた所、中途入社の場合は初月のお給料から標準報酬月額を算出することや、おそらく翌月徴収の為11月の給与から控除されず、12月が初めての控除になることなどわかりました。 ...

  • 保険、年金について教えてください

    11月15日に退職日として退職します。 11月に入り、会社の保険を使って医療費が掛かっています。 しかし、会社からは11月分の年金については、10月分までの支払いと言われています。 11月分からは、自分で国民年金を支払わなくてはいけないとのことです。 ですが、国民健康保険については、途中加入が出来ないので、11月15日で前...

  • 契約社員で4月途中入社、6月退職時の標準報酬月額について

    標準報酬月額表に関する質問です。 今年の4月の途中から6月末まで働いた場合、標準報酬月額表の変更はあるのでしょうか? 7月中に在籍している人は変更があるというのは知っていますが、このように早々に退職した人の取り扱いがよくわかりません。 「時給1,500円×定時8H×20日+1か月通勤定期代15,810円=255,810円」として計算して...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

給料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。