賃金未払いと給与カット

私は某生命保険会社で正社員で営業職員をしていました。
4月末に会社都合で退職をした者です。(個人業績不振解雇)
さて、そこで何点か教えていただきたいことがあります。

先ず、未払いの賃金(所定労働時間を超える分、法定労働時間を超える分、法定休日の割増賃金)が約10万円程あります。
所定労働時間内の事業場外労働に関しては、みなし労働制が就業規則により定められているのですがこういった割増賃金等の請求は可能でしょうか。

続いて・・・
この2月給与より個人業績の不振を理由に基本給与を単月ベースで30%カットされてしまいました。これは給与規定には謳ってありますがこのような多額な賃金カットが妥当なのでしょうか。これに関しても妥当性にかけるということであればカットされてしまった分の支払を求めることは可能ですか?

最後に、よくある話のようですが今日ハローワークにて失業給付の手続をしてきましたがその際に会社による離職区分の不実記載が発覚しました。契約期間に定めのない雇用形態の社員の解雇であるのに有期雇用者の契約更新をしないための離職となっていたのです。
この不実記載に関して違法性が高いのはわかるのですが何か罰則のようなものはないのでしょうか。解雇という形でに退職した方々に聞くと今回記載されていた有期雇用者の契約更新をしないための離職となっていたとの事でした。
繰り返しこういった行為を行っている会社に制裁を与えることは出来ないのでしょうか。
ハローワークでは本社の所在地を管轄するハローワークにて補正の手続をするとの事でした。

回答の程よろしくお願いします。
2010年05月10日 22時42分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
まずは労基へ行って
不払い分を払うように
会社に言ってもらってください

2010年05月16日 16時45分

この投稿は、2010年05月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

残業代の計算、最低賃金…給与についておさえておくべき法的な基本ルール

普段なにげなく受け取っている会社の給与。給与明細の中身などあまりチェックしないという人もいるでしょう。ですが、最低賃金の目安や残業代の計算の...

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

【弁護士Q&A】ミスや降格、転籍に伴う減給に従う必要はある?

仕事上のミスや降格などによって、会社から減給を言い渡された場合、従う必要はあるのでしょうか。十分な指導もなくいきなり減給したり、大幅に減給す...

未払賃金立替制度l倒産した会社の未払い賃金を国が立て替える仕組みを解説

残業代を支払ってもらえないまま会社が倒産してしまったーー。そうしたとき、会社に代わって国が未払い残業代を払ってくれる「未払賃金立替払制度」を...

この相談に近い法律相談

  • 賃金の未払い

    私は4月末に会社都合で退職をした者です。 何点か教えていただきたいことがあります。 先ず、未払いの賃金(所定労働時間を超える分、法定労働時間を超える分、法定休日の割増賃金)が約10万円程あります。 所定労働時間内の事業場外労働に関しては、みなし労働制が就業規則により定められているのですがこういった割増賃金等の請...

  • 遅刻・早退分の賃金カットについて

    遅刻・早退分の賃金カットについて質問です。 就業規則・給料規定などに、ノーワークノーペイの原則、減給制裁に関する根拠などの規定が無いにも係わらず、遅刻・早退分の給料カットが正等なものなのか教えてください。 弊社では年俸制を採用しておりそれを12ヶ月で割って支給されています。 11月からタイムカードが新しくなり5分...

  • 雇用契約書の給与と就業規則での給与規定はどちらが有効でしょうか

    半年前に全く未経験の企業に転職しました。採用の際に3ヶ月間は契約社員 として試用期間があり、問題なければ3ヶ月後に正社員採用するとの事で 3ヶ月前に正社員として「労働条件通知書件雇用契約書」を交わしました。 そこには記載されている内容は 契約期間、就業場所、従事すべき業務内容、就業時間(始業、終業時間、休憩時間...

  • 短期雇用特例被保険者について。その後、同一の会社で働いても問題ないでしょうか?

    短期雇用特例一時金受給資格を満たし、契約期間満了にて退社。 その後職業安定所にて失業の手続きを行い、一時金を受給します。 その後、同一の会社で働いても問題ないでしょうか?

  • 雇用契約書に残業代支給と書いてあるが、準委任契約だと言って残業代が支給されない場合、請求できるのか?

    労働問題の残業代の問題になります。 会社とは雇用契約(労働条件通知書)を交わしています。 その中で、 「所定時間外、休日又は深夜労働に対して支払われる割増賃金率:就業規則に定めるところによる」 としています。 就業規則には、「時間外労働割増賃金」の計算式の記載があります。 ところが、準委任契約だからと言って、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

給料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。