【業務委託契約書なし、メールのみの発注を取り消せるか】

【業務委託契約書なし、メールのみの発注を取り消せるか】

ライティングの依頼をメールでお願いし、まだ納品はされていない状態なのですが
相手の言動に不信感を抱くことが多く、ひどい対応のため
できれば発注を取り消したいと思っています。

・納品されていない
・メールのみの依頼で、業務委託契約書をまだ結んでいない

という場合、ライターさんの稼働分だけお金をお支払いして
発注をとりやめることは可能でしょうか。
2019年07月25日 17時36分

みんなの回答

松尾 裕介
松尾 裕介 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
詳細は確認が必要になりますが、メールのみであっても、双方合意があれば、契約自体は有効になります。契約を解消する場合には、基本的には、相手方の同意が必要であると考えられますので、まずは、交渉されたらよろしいかと存じます。

2019年07月25日 18時17分

この投稿は、2019年07月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,640名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

労働問題の弁護士費用 - 示談交渉や労働審判、訴訟などケース別の報酬相場

日々働くだけでも大変なのに、職場には様々なトラブルがあります。中でも、給料や残業代の不払い、不当解雇といった問題は、生活にも深刻な影響を与え...

妊娠中の働く女性は職場にどのような配慮を求めることができるのか

妊娠中に働いていると、妊婦健診のために時間調整が必要だったり、つわりなどの体調不良でつらい思いをしたりすることがあります。そうしたとき、妊婦...

【弁護士Q&A】仕事中のミスで会社から損害賠償請求…支払う義務はある?

仕事中にミスをして、会社に損害を与えてしまったーー。このような場合に、会社から損害賠償請求をされたら、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。...

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合でも賠償しなくてもよいケース

仕事上のミスで会社に損害を生じさせてしまい、会社から賠償を求められても、必ずしも応じなければならないわけではありません。賠償する場合でも、損...

この相談に近い法律相談

  • 結婚式のキャンセルについて

    8月に結婚式を控えています。 先日母と相談に向かった所、プランナーの暴言が原因でやっぱりここでしたくないと思い、結婚式場の変更を希望しています。しかし式まで90日をきっており、キャンセル料は100万から150万かかると言われました。 申込書にサインをしたのは5月19日。 キャンセルをしたいと伝えたのは5月21日です。 契約書...

  • 内定取り消しの取り消し、応じる必要は有るのでしょうか?

    会社から、よく分からない理由で内定取り消しを言いわたされました 労基署へ駆け込んだ所、会社から内定取り消しを取り消すから、以前告げた日に会社に来るようにと言われました。 出社する義務は有るのでしょうか?

  • 口約束での契約でのキャンセル料につて

    私は介護保険適応外の仕事をしています。先日年間契約で仕事依頼を受けましたが契約前日に突然キャンセルされました。口約束だったためキャンセル料は取れますか?年間契約で96000円です。私にも生活があります。

  • 和解後の取り消しはできますか?

    会社内で、私のデマを流した相手とデマをはやく取り消すことを条件に和解しました。 しかし、デマが取り消されたのは和解後の半月後でした。それまでに私が相手にはやくデマを取り消すようにと伝えたのですが、相手はわざと時間を稼いですぐには取り消すことはしませんでした。 和解後、半月というかなりの時間が経ってからデマを取り...

  • 錯誤による無効?取り消し?

    とある以前の委託契約に関する発注について、錯誤が生じ、当方は契約無効と考え ておりました。 しかしながら相手方は契約有効と考え、当方の意思は無視し取引に生じた成果物を 使用していたことが発覚しました。 取引の無効は相手先に伝えなければ効力は発揮しないのでしょうか? 錯誤は取消的無効とお聞きしますが、相手方が使...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  2. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  3. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  4. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  5. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  6. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  7. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。