減給と懲戒解雇などの複数処分を同時に与えることは可能なのでしょうか?

当方、被雇用者です
先日、刑事罰を受けました。拘留期間中は特に休みの届け出なども出しておらず、職場からも処分を検討中としか伝えられていません。釈放後に責任者に面談を申し込むと後日に時間を作ると言われ、5日ほど連絡もなく経過しています。
責任者からは職場には来ないでほしいと言われたので、ここ数日は自宅で待機し連絡を待っている状況です。私はその言葉を出勤停止or自宅待機と受け取りました。(確認の連絡するも繋がらず)
そして先月の給与は大幅に減給されていました。(欠勤分を含めてもあまりに少ない額でした。)

そこで質問なのですが
Q.1 私は今回の事件で「減給」「出勤停止or自宅謹慎」の処分を受けていますが、この上さらに懲戒解雇の処分はありえるのでしょうか?

Q.2 就業規則に実刑以上を懲戒解雇の対象とする記載があった場合、それは絶対なのでしょうか?
(私が言えることではないですが、会社に大きな不利益をもたらしたとは考えられません)

Q.3 仮に減給・出勤停止だとして、当人に通告もなく処分することはよいのでしょうか?

以上3点についてご助言をいただきたく存じます。
会社に確認すれば済むかもしれませんが、事情により責任者以外への連絡は控えている状況です。
どうかよろしくお願いいたします。
2019年06月04日 19時06分

みんなの回答

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> Q.1 私は今回の事件で「減給」「出勤停止or自宅謹慎」の処分を受けていますが、この上さらに懲戒解雇の処分はありえるのでしょうか?

何の通知もないのなら、会社が減給、出勤停止の懲戒処分をしたのかどうか定かではありません。単に、有給であるべき自宅待機期間中の賃金を誤って無給としているだけと考えるのが自然でしょう。その場合、賃金の未払いがあることになりますが、懲戒処分についてはこれから決定されることが考えられます。

> Q.2 就業規則に実刑以上を懲戒解雇の対象とする記載があった場合、それは絶対なのでしょうか?

絶対ではありません。就業規則所定の懲戒事由に該当する事実があることは、懲戒処分が有効となるための必要条件です。懲戒権の濫用と評価されれば無効です。
ただし、「実刑」というのは、執行猶予の付かない懲役又は禁錮のことであり、被告人は一定期間、刑務所に収監されることになります。会社の業務に支障を生じるのは当然ですから、実刑になった場合を懲戒解雇事由とする就業規則の規定には合理性が認められるでしょう。

> Q.3 仮に減給・出勤停止だとして、当人に通告もなく処分することはよいのでしょうか?

通告がないなら、懲戒処分でないと考える方が自然な理解でしょう。
仮に懲戒処分なら、告知・弁明の機会を与える必要があります。

2019年06月05日 08時28分

相談者
ご回答ありがとうございます。
自分の気持ちが先走っていたようですね。
この回答を参考にして責任者に色々と確認してみようと思います。

重ねて質問させてください。

私としては自主都合ですぐにでも退職しても良いと考えています。退職金や有休、未払いの賃金にもそれほど執着するつもりはありません。
会社側が私を懲戒解雇するとして、なにかメリットはあるのしょうか?
素人目にみて、諭旨解雇で十分なような気がするのですが

全て憶測の上での話なので申し訳ないのですが、気持ちを落ち着かせたいのでご回答いただければ助かります。

2019年06月05日 16時42分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
懲戒処分は企業秩序の侵害に対して、制裁を加えることで、秩序を回復・維持しようとするものです。重い非違行為には、重い処分をすることが秩序の回復・維持に資すると考えられますから、それ自体が「メリット」でしょう。
もっとも、事情がよく分からないのですが、ご質問文には逮捕・拘留されたとある一方、就業規則の「実刑以上を懲戒解雇の対象とする記載」を気にしておられますが、あなたは逮捕・拘留の後、起訴され、実刑判決を受けたのでしょうか。もしも逮捕・拘留されても、実刑判決を受けていないなら、少なくとも「実刑判決を受けたとき」という懲戒解雇事由には未だ該当しないことになります。そのことを前提に冷静にお考えになってください。

2019年06月05日 17時42分

相談者
ご回答ありがとうございます。
私は逮捕拘留の後に起訴され罰金刑を科されました。
調べてみると、刑務所等に入るような事例を実刑を呼ぶのですね。勘違いしていました。
わからないことが多いので、いろいろと知恵を授けていただけて助かりました。
冷静の頭の中を整理しようと思います。どうもありがとうございました。

2019年06月05日 19時23分

この投稿は、2019年06月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】仕事中のミスで会社から損害賠償請求…支払う義務はある?

仕事中にミスをして、会社に損害を与えてしまったーー。このような場合に、会社から損害賠償請求をされたら、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。...

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合でも賠償しなくてもよいケース

仕事上のミスで会社に損害を生じさせてしまい、会社から賠償を求められても、必ずしも応じなければならないわけではありません。賠償する場合でも、損...

労働問題の弁護士費用 - 示談交渉や労働審判、訴訟などケース別の報酬相場

日々働くだけでも大変なのに、職場には様々なトラブルがあります。中でも、給料や残業代の不払い、不当解雇といった問題は、生活にも深刻な影響を与え...

【弁護士Q&A】内定辞退でエージェントから違約金の請求…支払う必要ある?

採用内定が決定したあとに、労働者側から内定辞退を申し出ると、会社側とトラブルになることがあります。ここでは、「内定先や転職エージェントから損...

【弁護士Q&A】内定辞退したら損害賠償請求された…支払う必要ある?

会社から内定をもらい、実際に勤務が始まる前に辞退したいと申し出た場合、損害賠償を請求されたり、「他の人が見つかるまで働いてほしい」と言われた...

この相談に近い法律相談

  • 自宅待機命令か出勤停止処分の違い

    横領疑いで自宅待機中です。一週間前に会社に出勤時に監視カメラを確認、事実確認を問われました。これから本社監査が入り、その後本社呼び出しあるまで店長より出勤停止と言われました。 1.出勤停止は懲戒処分の一つとの事ですが、その後に懲戒解雇になりますか?二重処分になるのではないでしょうか? 2.出勤停止と自宅待機命令...

  • 懲戒処分として降格、減給となった際の退職手続きについて

    懲戒処分として降格し、その結果賃金総額の10分の1以上の減給となりました。労働基準法に定める「減給の制裁」には当たらないとは思いますが、これを理由に会社都合退職を求める事は、法的な根拠、強制力は求められないでしょうか。 降格、懲戒処分の内容はマネジメント上の過失であり、会社に実損や直接的な不利益を与えたものでは...

  • 正社員の欠勤時の減給について

    正社員です。 病気で仕事を休んだ場合 皆勤手当と日割りの給料が引かれてしまいます。 減給は1ヶ月の給料の10分の一を超えると違法とどこかで見たのですが1日休んでしまっただけでも10分の一以上引かれてしまいます。これ違法ではないのでしょうか? 基本給を下回る事が多々あります。

  • 解雇が予測されますが 出勤停止は有給ですか?

    懲戒解雇について質問です。当方に非があり 現在は本社で調査中の為 出勤停止で有給消化中です。 正社員で15年以上有給を使うような休みも取らずに勤務していましたので 有給があと五十日ほど有りますが 解雇だと突然打ち切られると言うことになりますか? 今まで 表向きは休みを取得した事にして 通常どうりに勤務したり 実際は朝...

  • 社会保険料と無断欠勤の減給について

    10月に主人が転職しました。前の会社の給料は2か月遅れなので、9月出勤分が11月に支給されます。 ここでいくつか質問があるのですが、 1.社会保険加入日がH28.9.1加入で保険料の支払いがH.28.10月支給分の給料(8月出勤分)からスタートしています。H29.9末日で退職していて退職後も2回給料が支給されます。(H29.8-9月分が10月と11月支...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。