転職の際に、賞与を返金する必要があるか。

競合への転職の場合、賞与の一部を返金するよう
義務づける内容が就業規則に記載されています。
この場合、会社が競合と認定する会社へ転職する際には規則通りに返金する義務はあるのでしょうか?
b4_6a38さん
2018年03月13日 08時55分

みんなの回答

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県2
ありがとう
 退職金の場合、一部減額は、合法とされています。
 賞与が、過去の賃金の支払いのみという性格であれば、返還の必要はありません。
しかし、賞与が過去の賃金の支払いと将来への期待(恩恵的)という法的性格があれば、一部返還する必要があります。
 私の知る限り、同種事件はなかったと思いますが、恩恵的を強調されると、返還義務はあると思います。
 また、就業規則自体が合法か否か、競合と認定の合理性があるかどうかの問題もあると思います。
 

2018年03月13日 09時48分

b4_6a38 さん (質問者)
早々の回答ありがとうございます。

将来への期待(恩恵的)という法的性格とは
どのようなことでしょうか?

就業規則には競業避止義務の対価として支払うと明記されています。

2018年03月13日 10時44分

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県2
ありがとう
将来への期待(恩恵的)という法的性格とは、どのようなことでしょうか?
  将来も働いてもらえるという意味です。

就業規則には競業避止義務の対価として支払うと明記されています。
  規定が書いてあると、競合に就職した場合には、返還義務が発生する可能性が高いでしょう。

2018年03月20日 19時18分

この投稿は、2018年03月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】仕事中のミスで会社から損害賠償請求…支払う義務はある?

仕事中にミスをして、会社に損害を与えてしまったーー。このような場合に、会社から損害賠償請求をされたら、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。...

会社の従業員の身元保証人になるとどんな責任や義務を負うのか

知り合いの就職が決まって身元保証人を頼まれたとき、引き受けてよいのか悩む方もいるでしょう。この記事では、身元保証人になったとき、どのような責...

【弁護士Q&A】内定辞退したら損害賠償請求された…支払う必要ある?

会社から内定をもらい、実際に勤務が始まる前に辞退したいと申し出た場合、損害賠償を請求されたり、「他の人が見つかるまで働いてほしい」と言われた...

労働問題の弁護士費用 - 示談交渉や労働審判、訴訟などケース別の報酬相場

日々働くだけでも大変なのに、職場には様々なトラブルがあります。中でも、給料や残業代の不払い、不当解雇といった問題は、生活にも深刻な影響を与え...

従業員の身元保証人が会社から賠償金を請求された場合の対処法

従業員が会社に損害を与えてしまい、身元保証人である自分に賠償金の請求がきた…。このような場合には、賠償金を支払う義務があるかを確認し、金額が適...

この相談に近い法律相談

  • 請負業務、退職時の有給消化について

    特定技術者派遣として、会社Aの正社員として取引先Bで働いています。 就業規則に則り、希望日の一ヶ月以上前に退職したい旨とそれまでに有給消化を行いたい旨、上司に伝えたところ、拒否されました。 上司曰く、「会社Aと取引先Bの業務請負契約人数を割る場合は有給使用を認めないと就業規則にある。それが法律違反だというなら会社を...

  • 人事異動の拒否権に関して教えて下さい

    就業規則の人事異動。正当な拒否の理由や事例を、教えて下さい。 (人事異動) 第8条 会社は、業務上必要がある場合に、労働者に対して就業する場所及び従事する業務の変更を命ずることがある。 2 会社は、業務上必要がある場合に、労働者を在籍のまま関係会社へ出向させることがある。 3 前2項の場合、労働者は正当な理由...

  • 労働組合の組合員の解釈について

    労働組合の創設を検討しております。 自分自身が労働組合を立ち上げるに際して、労働組合法上、組合員となれるのか疑問に思いまして質問させていただきます。 労働組合法第2条1項に  役員、雇入解雇昇進又は異動に関して直接の権限を持つ監督的地位にある労働者、使用者の労働関係についての計画と方針とに関する機密の事項に接...

  • 退職に際する契約書

    退職後、2年間の競合会社への就職をしない、契約を破棄した場合は法的処置に従うという契約書の同意を求められています。 契約書への同意を拒否する権利はあるのでしょうか? また、同意後、競合会社への就職した場合、裁判で負けるのでしょうか? 私は技術系の一般社員です。 現在の会社には入社して1年しか経っていません。 在...

  • 競合避止義務違反に対する退職金返還請求について

    前に勤めていた会社から、内容証明郵便で、競合企業に就職しているか答える様に通知が来ました。競合企業に就職している場合は、退職金の返還請求しますと記載されています。 退職時に競業避止義務を守るという誓約書を提出してしまってます。誓約書の中に、就業規則の競業の禁止という条項を守るということになっていて、そこに、違反...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。