1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 公務員の副業について

公開日:

公務員の副業について

2017年03月20日
公務員(教師)の産休代替え中で、アルバイト、自営業をすることは可能でしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。
相談者(534935)の相談

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府1
ありがとう
事前に届出をする必要があるかと思います。

2017年03月28日 10時36分

相談者(534935)
回答ありがとうございます。
届出はどこに出すのですか?
それはアルバイト、自営業は可能ということですか?

2017年03月28日 14時26分

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府1
ありがとう
勤務先に届出する必要があるはずですよ。
まずは、勤務先へ確認されてください。

2017年03月30日 21時43分

この投稿は、2017年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,219名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

新型コロナウイルス 仕事や収入を失った方への支援Q&A集

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、仕事や収入を失った方への支援制度を紹介します。企業に雇用されていた方だけでなく、フリーランスや自営業で...

【新型コロナ】公共料金や税金、学費などが支払えない場合の対応や相談先を解説

新型コロナウイルスの影響で収入が減少し、公共料金や税金、学費などの支払いが難しくなっても、自治体などに相談することで、支払い期間の延長や、支...

新型コロナウイルスに関する労働問題Q&A集

新型コロナウイルスの感染拡大による従業員のテレワークなどの企業対応を受けて、弁護士ドットコムには労働者の方からさまざまな法律相談が寄せられて...

【フリーランス・自営業者の方へ】新型コロナの影響で仕事がキャンセルされたときの対処法と利用できる制度まとめ

フリーランスで働いている人が、新型コロナウイルスの影響を理由に受注していた仕事をキャンセルされ報酬が支払われないような場合、クライアントに対...

【弁護士Q&A】内定辞退でエージェントから違約金の請求…支払う必要ある?

採用内定が決定したあとに、労働者側から内定辞退を申し出ると、会社側とトラブルになることがあります。ここでは、「内定先や転職エージェントから損...

この相談に近い法律相談

  • 非正規公務員はアルバイトできない?

    非正規の国家公務員に応募しようと思います。 土日は休みなので、別のバイトと兼業できるとありがたいのですが、公務員と言えば副業禁止ですよね。 これは非正規も同様なのでしょうか?

  • アルバイト勤務と業務委託の併用について

    会社の代表を務めるものです。 会社の所有パソコン台数とスペースの関係で、所属するアルバイトの方にお休みの時に在宅で業務委託をお願いしたいと考えております。例えば月曜日から木曜日に勤務する方に金曜日の休みに在宅で業務委託をお願いするという事です。この様な事は実際に可能でしょうか。また注意する事があれば教えてくださ...

  • アルバイトの競業避止義務について

    IT企業にて、アルバイトをしております。 同業他社には競業避止義務と言うことで、転職禁止ということですが、実際に下記条件で競業避止義務の適用がなされるのでしょうか? 1.週5のアルバイトであるが、業務がなかった場合は休みとなり、休みの場合も休業補償はされない。 2.時給については最低賃金かつ特殊な手当てもなし。 よ...

  • 公務員のアルバイトについて

    公務員のアルバイトは禁じられているのは理解しておりますが 公務員が公休日に知り合いの飲食店を無給でお手伝いするのは違法なのでしょうか? 宜しく御願いします

  • サラリーマン 業務委託契約での副業について

    サラリーマンが、業務委託契約で副業をすることは禁止されているのでしょうか?またどのようなリスクが伴いますか? 就業規則には「従業員は会社の承認を得ないで他の職務に従事してはならない」と記されています。この場合について教えてください。 外資系の会社に勤務しているものですが、趣味とお小遣い程度の報酬を稼ぐ為に、ウ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

労働の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。