同僚の自殺の原因が自分だと言われていることについて

公開日: 相談日:2016年08月31日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

①先日、私の同僚Aが自殺をほのめかすメールを私と同僚B、上司2名に送り付け、その日から会社に来なくなりました(いま捜索中です)。

②遺書には、「1カ月前に自部署の会議で方針決定の検討をした際に、自分(A)の発言に重大な誤りがあり、それによって誤った方針が決定されてしまったので許して欲しい」と書かれていました(この方針はまだ実行されていません)。

③私とBは、会議の翌日にAの事実誤認を指摘した者たちであり、私とBの指摘によって、Aは大きなミスをしてしまったと悩んだようです(事実を一部をねつ造してしまったようです)。

④それで、いまから1週間前にAのミスを挽回するべく新計画を策定して、私はAとBにメールを送ったのですが、そのAの返信が「こうなったのはすべて私のせいだ。死んでお詫びする」と書いてあったのです。

⑤このAのメールが私への返信メールで来たことから、私がきついメールを送ってAの自殺の原因をつくったのではないかといま責められています。

⑥私に否はあるのでしょうか?

⑦【新計画は、確かに私がAを責めていると読めなくもない文です。しかしAの負担を取り除くような案が含まれています。】

⑧【また、Aが来なくなる数日前にAの家庭で、Aが父親を「殺してやる」と叫ぶような出来事もあったようです。Aの父親の再婚に怒って。】

⑨【個人的には私も悪かったと思っていますが、事実誤認を指摘するのは仕事上仕方がないですし、新計画もつくらねば話が進まなかったのですが、面と向かってでなくきついメールで送ったことがパワハラだと言われています。】

もう数日眠れていません。ご回答、何卒よろしくお願い申し上げます。

481549さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 481549さん

    タッチして回答を見る

    Aの方針は、上役の依頼で調査し、発表したもので、事実のねつ造がわかっても上役はまったく気にしていません。むしろ、私とBがささいなことでAを口頭ではなくメールで責めたことが自殺(いま探索中ですが)の原因ではないかと上役が言っています。

    逆に家族は「職場についての遺書が書かれていたが、自殺するほどの問題とは思えないことなので、実は父親のことが大きいのではないか」と、すでに反省しており、会社を訴えるつもりはないようです。

    会社はそれならそれで済ませたいようですが、私の責任をはっきりさせたいようです。

  • 弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①先日、私の同僚Aが自殺をほのめかすメールを私と同僚B、上司2名に送り付け、その日から会社に来なくなりました(いま捜索中です)。
    >
    > ②遺書には、「1カ月前に自部署の会議で方針決定の検討をした際に、自分(A)の発言に重大な誤りがあり、それによって誤った方針が決定されてしまったので許して欲しい」と書かれていました(この方針はまだ実行されていません)。
    >
    > ③私とBは、会議の翌日にAの事実誤認を指摘した者たちであり、私とBの指摘によって、Aは大きなミスをしてしまったと悩んだようです(事実を一部をねつ造してしまったようです)。
    >
    > ④それで、いまから1週間前にAのミスを挽回するべく新計画を策定して、私はAとBにメールを送ったのですが、そのAの返信が「こうなったのはすべて私のせいだ。死んでお詫びする」と書いてあったのです。
    >
    > ⑤このAのメールが私への返信メールで来たことから、私がきついメールを送ってAの自殺の原因をつくったのではないかといま責められています。
    >
    > ⑥私に否はあるのでしょうか?
    >
    > ⑦【新計画は、確かに私がAを責めていると読めなくもない文です。しかしAの負担を取り除くような案が含まれています。】
    >
    > ⑧【また、Aが来なくなる数日前にAの家庭で、Aが父親を「殺してやる」と叫ぶような出来事もあったようです。Aの父親の再婚に怒って。】
    >
    > ⑨【個人的には私も悪かったと思っていますが、事実誤認を指摘するのは仕事上仕方がないですし、新計画もつくらねば話が進まなかったのですが、面と向かってでなくきついメールで送ったことがパワハラだと言われています。】
    >
    > もう数日眠れていません。ご回答、何卒よろしくお願い申し上げます。

    ご相談文を読む限りは、ご相談者様の行った行為は職務上妥当な範囲内の行為であると思います。きついメールの文面がどのようなものかにもよりますが。
    したがって、基本的にはパワハラには該当しないのではないかと思います。
    事が事だけに、会社としても、社内の誰にも責任を取らせないのは問題があると考え、そのようなことを言ってくるのでしょう。

この投稿は、2016年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから