複数の訴訟を同一人物に起こす場合

公開日: 相談日:2021年04月27日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
異なるジャンル、例えば「労働関係」と「男女トラブル」の2種で同一人物を訴えるとします。

【質問1】
この場合、それぞれのジャンルが得意な弁護士さん(事務所)お2人(2箇所)に依頼するべきか、まとめて依頼するか、どちらが適切でしょうか?

【質問2】
もし別件をまとめて依頼する場合、着手金等の費用はどうなるのでしょうか?案件毎に費用が発生し、お二人に依頼してもお一人に依頼しても費用総額に大差はないのでしょうか?

1021380さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    影山 博英 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    > この場合、それぞれのジャンルが得意な弁護士さん(事務所)お2人(2箇所)に依頼するべきか、まとめて依頼するか、どちらが適切でしょうか?

    特段の事情がない限り、まとめて依頼するのが適切です。
    そうでないと相手方に対する窓口が複数になって混乱します。

    > もし別件をまとめて依頼する場合、着手金等の費用はどうなるのでしょうか?案件毎に費用が発生し、お二人に依頼してもお一人に依頼しても費用総額に大差はないのでしょうか?

    案件毎に費用が発生するものとするのが普通です。もっとも、同時に2件の依頼を受ければ、連絡や打合せはまとめてできて弁護士にとっても簡便であり、その点を考慮して一定の減額をすることはありえます。

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    【回答1】
    どちらが適切とはいえないのですが,意思疎通の面や費用の面から言いますと,同じ弁護士のほうがあなたにとってもよいのではないでしょうか。

    【回答2】
    同じ弁護士であれば,費用の減額にも応じてもらえる可能性が高まります。要相談ということです。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから