相続手続きをしたい方 のための やること診断

最大で「8」の質問に答えると今するべきことがわかります

Q1 どちらをお考えですか?

Q1 亡くなった方(被相続人)の葬儀はすんでいますか?

Q1 相続税を払う必要があるかどうかの確認は済んでいますか?

Q1 遺言はありましたか?

Q1 遺言が有効かどうかの確認は済んでいますか?

※わからない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺産の分け方は具体的に書かれていますか?

※割合しか書かれていない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺言に書かれた内容のとおりに遺産を分配できそうですか?

※遺言の内容に納得できない場合は「いいえ」を押してください

Q1 遺産の内容と価値を把握していますか?

Q1 遺言がないとき誰が遺産を受け継ぐか知っていますか?

Q1 遺産の内容と価値を把握していますか?

Q1 どの遺産を誰が受け取るかは決まっていますか?

Q1 遺産分割協議書は書きましたか?

今のうちからできる対策をしましょう。

認知症の対策や、相続人の確認方法、財産の整理方法、節税対策などについてご紹介します。

解決までの全記事を見る

家族が亡くなったときにすることを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「亡くなった直後に行う手続き」

記事を読む

相続税を払う必要があるか確認するために今のうちに計算しておきましょう。

相続税が課税される場合、金額と支払う人を確定させるために、誰がどの遺産を引き継ぐのかを決めておく必要があります。相続税は10か月以内に申告する必要があるので、課税されるかどうかによって遺産分割のタイムリミットが大きく変わってきます。課税対象になるか早めに判断しておきましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続税が課税されるかを調べる」

記事を読む

遺言を探しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言を探す」

記事を読む

遺言が有効かどうかを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言を見つけたときの対処法」

記事を読む

遺言の内容に納得できないときにとれる手段があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言と異なる方法で遺産を分けたい場合に必要な手続き」

記事を読む

誰がどの遺産を引き継ぐか決める方法を紹介します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺言に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方」

記事を読む

相続の手続きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「名義変更などの手続き」

記事を読む

どのような遺産があるか調べましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の調査方法」

記事を読む

遺言がない場合の相続のルールを確認しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続人や遺産の分け方を決めるルールとは」

記事を読む

どのような遺産があるか調べましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の調査方法」

記事を読む

遺産をどのように分けるのか相続人全員で話し合いましょう(遺産分割協議をする)。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「遺産の分け方を決める話し合いの流れ」

記事を読む

相続の手続きをしましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き」

記事を読む

遺産分割協議書をつくりましょう。

相続税の申告や登記など、さまざまな場面で必要になるので、必ずつくりましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください 「「遺産分割協議書」の作成方法」

記事を読む
一つ前の質問をやり直す

「はじめからやり直す」ボタンを押すと
すべての結果がリセットされます

はじめからやり直す