遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

頑なに遺産分割に反対し、まともに話し合うことができない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。

  • 遺産分割の妨害する相続人への対応は?
  • 妨害する人を相続人から外せる?
  • 遺言書に沿った遺産分割を妨害されたらどうすればよい?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 遺産分割の妨害する相続人への対応方法は?
  2. 妨害する人を相続人から外せる?
  3. 遺言の執行を妨害されたらどうすればよい?

遺産分割の妨害する相続人への対応方法は?

遺産分割の話合いは、相続人全員が合意しなければ終えることができません。遺産分割に反対したり、話合いを拒否したりする相続人がいると、いつまでも遺産分割協議が終わりません。 スムーズな遺産分割を妨げるような行為は、法的に問題ないのでしょうか。どのような対応をすればよいでしょうか?

相続遺産の妨害は不法行為になるのか

相談者の疑問 法定相続人は4名ですが、その内の1人だけ(仮名A子)が21年間も明確な理由も示さず遺産分割に反対し続けています。

分割する遺産は土地ですが、A子の妨害行為は他の共同相続人が不動産などに疎いことに付け込んで独占めすることが目的と思われます。

このように反対理由も言わずに逃げ回ったり、分割協議を拒否し続けるような行為に対し、不法行為などで訴えることは可能でしょうか。共同相続人は次第に疲弊し困り果てております。

高島 秀行の写真 弁護士の回答高島 秀行弁護士 遺産分割協議の拒否は不法行為にはなりません。

あなたが遺産分割を希望すれば、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てが可能で、それでもA子が反対するのであれば、遺産分割審判により裁判所が遺産分割の内容を決めてくれるからです。

遺産分割調停でも解決しない場合は、遺産分割審判の申立てをすることを検討されたらよいと思います。

▶ 遺産相続に注力する弁護士を探す

妨害する人を相続人から外せる?

遺産分割を妨害する人を、相続人から外すことはできないのでしょうか。

相続人の分割妨害

相談者の疑問 遺産分割を妨害する相続人がいて困っています。その相続人が他の相続人に対して、財産隠し、連絡拒否の嫌がらせ、印の強要などを行うため、公平な法的な権利の相続ができずにいます。

悪質な相続人を相続人から排除することは可能ですか。対策を教えてください。

岡田 晃朝の写真 弁護士の回答岡田 晃朝弁護士 相続人から除くことは可能ですが、なかなか認められません。交渉で若干の嫌がらせ程度では難しいでしょう。

ただ、そういう手続きをとる可能性をちらつかせて、交渉することはあります。あまりしつこいようならば、弁護士に入ってもらった方が良いかもしれません。

▶ 遺産相続に注力する弁護士を探す

遺言の執行を妨害されたらどうすればよい?

alt 有効な遺言書が見つかったにも関わらず、遺言書に沿った遺産分割を妨害する相続人がいる場合、どうすればよいのでしょうか。

公正証書遺言による相続に反対する相続人がいる場合

相談者の疑問 被相続人は父(今年5月死亡)、相続人は妻、長女、長男、二男(私)です。公正証書遺言があり、私が遺言執行者となって相続の手続きを進めています。

以下2点について、ご相談させていただきます。

(1)私は遺言執行者として、遺言に従った遺産相続の手続きを進めていますが、母と兄が、遺言どおりの遺産分割に反対しています。この場合、どのように進めるべきでしょうか。

(2)遺言の中に、以下の記載があります。
「遺言者は、相続開始時に有する下記不動産を、妻○○と長男△△に、各2分の1の割合で相続させる。
 1.土地 所在地A、地積xxx
 2.土地 所在地B、地積yyy
 3.建物 所在地A、床面積zzz・・・」

この場合、1、2、3、・・・全ての不動産を、妻と兄で、各持分率50%の共有所有とするものでしょうか。

岡田 晃朝の写真 弁護士の回答岡田 晃朝弁護士 (1)私は遺言執行者として、遺言に従った遺産相続の手続きを進めていますが、母と兄が、遺言どおりの遺産分割に反対しています。この場合、どのように進めるべきでしょうか。

相手の意向のうえ、応じないならば無視して進められればよいでしょう。

(2)遺言の中に、以下の記載があります。
「遺言者は、相続開始時に有する下記不動産を、妻○○と長男△△に、各2分の1の割合で相続させる。
 1.土地 所在地A、地積xxx
 2.土地 所在地B、地積yyy
 3.建物 所在地A、床面積zzz

50パーセントずつの共有取得でしょう。

また仮に、遺言どおりの遺産分割を拒否された場合、遺言執行者としての私の責務は放棄しても構わないのでしょうか。

家庭裁判所に辞任は検討できます。

▶ 遺産相続に注力する弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す