財産処分・管理

2018年02月02日

遺品の中からブランド品が…売却したら相続放棄できなくなる?

亡くなった人に借金があり相続放棄を検討している時に、遺品の中からブランド品が見つかったーー。このような場合、相続人はどうすればよいのでしょうか。

  • ブランド品は売却してもよい?
  • 形見としてもらってもよい?
  • 生前にプレゼントされたブランド品は売却してもよい?

この疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 遺品のブランド品をオークションに出してもいい?
  2. 形見としてもらうこともNG?
  3. 生前にもらったブランド品は売却してもいい?
  4. まとめ

遺品のブランド品をオークションに出してもいい?

alt 相続放棄を検討しているときに、遺品の中から高価なブランド品が出てきた場合、オークションなどで売却してもよいのでしょうか。相続放棄に影響するのでしょうか。

相続放棄の際の私物品の処分について


相談者の疑問
先日、母が亡くなり家族名義での借り入れがあり、預貯金や生命保険金もないため、相続放棄を考えております。

車やその他の高額となるものの私物はありませんが、その借り入れたお金で買ったであろう衣類や5万円以下のブランドバッグなどを、オークションや買取を行なっているお店へ売ると、相続放棄はできなくなるのでしょうか?


緒方 直人弁護士
ご相談の物品は経済的価値のあるものですから、相続開始後売却すれば、法定単純承認したことになる可能性が大です。

ブランド品など経済的価値のあるものを相続が発生した後に売却すると、単純承認(相続すると認めた)とみなされるようです。単純承認にあたることをすると相続放棄はできなくなってしまいます。相続放棄を検討しているなら、ブランド品は売却しないようにしましょう。

形見としてもらうこともNG?

alt 亡くなった人の遺品のブランド品を売却すると相続放棄に差しつかえるようですが、形見としてもらうことも問題があるのでしょうか。

服と財布を貰っても相続放棄できるか?


相談者の疑問
父親が亡くなりました。父親には借金があるため相続放棄を考えています。しかし、父親が所有していた服と財布を形見としてもらってしまいました。親戚にもそれは伝わっています。もちろんその2つ以外の財産には手を出していません。

父親の財産に手を出してしまった以上相続放棄は無理なのでしょうか?


鈴木 克巳弁護士
服と財布が財産的価値はないものであれば、後々債権者からとやかく言われることはないでしょう。

相続人全員が相続放棄をすると、相続財産管理人を選任するのが建前ですが、財産的価値があるものが10万円~50万円程度(裁判所によって基準が異なります)にも満たない場合は、管理人の費用(報酬)が出ないので、管理人は選任されません。

それとの均衡で、売れば10万円以上する高級服とか高級ブランド品の財布とかの場合は、親戚が何かの際に債権者にバラすというようなことがあると、問題が生じることがあるかもしれませんが、使い古しの服や財布で市場価格はゼロ(あっても数千円)ということであれば、それをもらったからと言って、問題になることはおよそ考えられません。

それと、遺産と言っても、動産類は、形式的には遺産分割の対象となりますが、客観的価値のない物は、いわゆる『形見分け』として処理されるのが通常です。

家庭裁判所で行われる遺産分割調停の実務でも、本当に高価な物品があれば話は別ですが、ほとんどが形見分けとして処理されており、調停調書の遺産目録に記載されるというようなことはありません。

その意味からも、財産的価値のない動産類を取得したからと言って、相続放棄ができないということにはなりません。

ただし、売るのはおやめ下さいね。あくまで、形見分けとして、貴殿が「お父様の思い出」として保管する、これが前提となります。

相続放棄を検討している場合、亡くなった人の形見としてもらえる物は、経済的価値がない物に限られるようです。ブランド品は、売却することも形見としてもらうことも、避けたほうがよいでしょう。

生前にもらったブランド品は売却してもいい?

alt 亡くなった人から生前もらったブランド品も、売却などをしたら相続放棄ができなくなってしまうのでしょうか。

相続放棄にあたり専業主婦の母の持ち物について


相談者の疑問
父が他界し、借金があるため相続放棄を考えています。

財産の処分は単純承認にあたるということですが、専業主婦の母が父からもらったロレックスや宝石といったものは、質屋で売ってもよいのでしょうか?

私たち兄弟もブランド品のプレゼントをされています。売れば20〜30万円ほどになるものもあります。プレゼントされたのは羽振りのよかった10年ほど前です。


鈴木 克巳弁護士
お父様から生存中にもらったもの(つまり「生前贈与財産」)は、相続財産(遺産)ではありません

これら生前贈与財産は、お父様が亡くなられた時には、既にお母様や貴殿らの所有物となっているものですので、所有者である人が自分の所有物をどのように処分しようと全く問題はありません。単純承認には何ら該当しません。

亡くなった人から生前にもらったブランド品は、どのように処分しても単純承認にはあたらず、相続放棄に差しつかえることはないようです。

まとめ

相続放棄を検討している場合は、亡くなった人の遺品にブランド品が見つかっても、売却したり形見としてもらったりすることは避けた方がいいでしょう。単純承認したと見なされて、相続放棄ができなくなる可能性があります。 ブランド品であっても、亡くなった人から生前にプレゼントされているものであれば、売却したとしても相続放棄ができなくなるということはないようです。

関連記事

お悩みの解決策を探す

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

財産処分・管理に関する法律相談

  • 遺産放棄の時の念書の効き目

    10年以上前に亡くなった父には、1億近くの遺産がありました。 私はその時、結婚していたけれど、お金には困っていなかったので放棄をしました。 (田舎なので、出て行く者には放棄し、長...

    2弁護士回答
  • 相続放棄した土地建物の管理責任について

    実家の土地建物は立地が悪く、不動産会社に相談したところ、売却はかなり難しいとのことでした。相続放棄をしたいのですが、以下の点について教えてください。 1 相続放棄をして相続財産...

    2弁護士回答
  • 相続放棄に貰ってはいけないものは?

    両親、莫大な借金がそれぞれあるので 亡くなったあとは相続放棄になります。 例えば親が着てた洋服やバッグ アクセサリー、親が購入した 冷蔵庫、洗濯機、テレビなどは 私が持っていく、も...

    3弁護士回答
  • 相続放棄後の管理責任について

    相続放棄後の管理責任について 母が亡くなり資産価値のない不動産を相続したくないのと、その名義が故人である祖父のままになっている為叔母達とのやり取りをしたくないのもあって相続放棄を...

    1弁護士回答
  • 死亡後の費用について教えてください。

    相続放棄に関して質問させていただきました。 私の祖父が亡くなり、父含む子3人が相続人になっています。 結局、皆で平等に相続することになったようですが、不可解なことがあります。 祖...

    3弁護士回答

相談を絞り込む

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...