相続

2018年02月01日

価値の低い不動産を相続したくない…どうすればよい?

へんぴな場所にある土地、駅から遠い古びたマンション…。亡くなった人の財産の中に、売ってもほとんどお金にならなさそうな不動産がある場合、相続をしないですむ方法はあるのでしょうか。

  • いらない不動産を相続しないですむ方法は?
  • 売れそうにない不動産を寄付できる?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 価値の低い土地の相続を回避する方法は?
  2. 売れそうにない不動産…寄付することで手放せる?
  3. まとめ

価値の低い土地の相続を回避する方法は?

alt 価値が低く、買い手がつかないような不動産を、相続しないですむ方法はないのでしょうか。

土地の相続に関して


相談者の疑問
利用価値の無いへんぴな土地である、ということを理由に土地の相続を断ることは可能でしょうか?また、可能な場合、相続者のいない当該土地は誰のものになるのでしょう?


高島 秀行弁護士
相続人が相続放棄をすれば相続しないことは可能です。

しかし、相続放棄をすると遺産すべてについて相続できなくなります。

相続人全員が相続放棄をすれば土地は国のものになります。

相続放棄をすれば、価値のない土地を相続しないですむようです。ただし、相続放棄をすると、その他の不動産や預貯金などの財産も相続できなくなってしまうため、実際に行うかどうかは慎重に検討する必要があるでしょう。

売れそうにない不動産…寄付することで手放せる?

alt 売れそうにない不動産を、寄付によって手放すことができるのでしょうか。

相続予定物件(マンション)の上手な手放し方


相談者の疑問
遺品の中にマンションの一室があります。便利な場所であれば、買い手もつくと思いますが、

 ・立地(最寄駅からとても遠く近くに商店などがない)
 ・築年数(築40年)
 ・物件の性格(過去このマンションで刑事事件あり)

などでとても売れるとは思えない代物です。

一応は、売りに出す予定ではあるのですが、譲渡や寄付など過去の事例など参考にさせていただきたいと思っていますのでご教授願います。


加藤 尚憲弁護士
今回のあなたのご質問は、その内容から考えて、どちらかというと弁護士よりも不動産取引業者にご相談いただいた方が、より具体的な回答が聞けるのではないかと思いますが、何かの参考になるかもしれませんので、これまでの経験からご回答申し上げます。

(1)売却の可能性について
まず、マンションのロケーションについては、如何ともしがたいところがあり、この点が売却の一番のネックになる可能性があると思います。もっとも、東京や、大都市近郊であれば、それなりに需要があるので、多少駅から遠くても、それだけで売却ができないとは思いません。

築年数についてですが、かなり古いので、もしかするとリノベーション後の転売を前提として購入する業者さんがいるのではないか、と思いました。

もっとも、リノベーションにもお金がかかるので、確実に売れるであろうという見込みがなければ、難しいであろうし、結局のところ、需要の有無はロケーションに帰着するのではないかと思います。

刑事事件については、「心理的瑕疵」といって、売却時に黙って売ると後でトラブルになるので、必ず買主に告げる必要があります(ただし、事件後の経過年数にもよります)。もちろん、これにより値段が下がりますが、値段を下げれば買う人もいるのではないかと思います。

(2)寄付の可能性について
ご質問の物件について、受け取ってくれるところを探すのは、売却よりも却って難しいかもしれません。

なぜなら、仮に売却困難な物件であるとしたら、寄付を受けた先としても、後々処分に困るものを引き取ることは躊躇するであろうし、売却であれば不動産業者に任せればよいのに対し、寄付については寄付を受けてくれる先を一括して探す方法が特にないからです。

なお、少なくとも地方自治体は不動産はまず受け取ってくれないと思います。固定資産税の収入が減るからです。ただし、土地について受け取ってくれた事例はありましたが、売却してもかなりの金額になるであろう、需要の見込める土地だったので、あなたの事例とはかなり条件が異なりそうです。

(3)結論
難しい点もありますが、思い悩むより前に、すぐに複数の不動産業者を当たってみると良いと思います。相続案件でも、物件の売却は不動産屋さんにお任せするので、ノウハウの蓄積は当然本業の方があるはずです。

価値の低い不動産の場合、寄付する先を見つけることは、売却よりも難しい可能性があるようです。 売れないだろうと決めつけず、複数の不動産業者に相談してみることをおすすめします。

まとめ

買い手がつかなさそうな不動産を相続したくなければ、相続放棄をすることで回避できるでしょう。ただし、相続放棄をすると他の財産も全て相続できなくなってしまうため、実際に行うかどうかは慎重に判断した方がよさそうです。 価値が低ければ無償で寄付すればよいと考える人もいるかもしれませんが、寄付する先を見つけることは、売却より難しい場合があるようです。売れないだろうと決めつけず、複数の不動産業者に相談し、売却できる可能性や金額の目安などの情報を集めてみましょう。

関連記事

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続に関する法律相談

  • 遺産分割協議に参加しないと、何か不利益が生じるのでしょうか?

    今、亡父の相続が発生中です。 相続人は、母、兄、私の3人です。 母と兄が、何を言いたいのかが非常にわかりづらいしゃべり方およびメールの打ち方をするのと、一方的に協議の日程を先方...

    3弁護士回答
  • 遺産分割時に会社が債務超過資料である証拠書類が欲しい

    母の生前に、兄の会社株式を母から兄に無償譲渡されていました。その後その会社は買収されました。母から兄への株式譲渡は無償譲渡で債務超過であったと主張されています。 債務超過である証...

    1弁護士回答
  • 相続不動産の評価方法および相談先

    不動産の相続でお尋ねです。 亡父の遺産について、母が、税務相談に行き、不動産の評価額を概算で出してもらった額が、約1億円だったそうです。 ところが、正式ではないものの、軽く遺産分...

    1弁護士回答
  • 生前贈与の特別受益の持ち戻しをさける方法はありますか?

    祖母の土地の上に、私夫婦と祖母、父母が住む二世帯の家を私名義で建てました 家を建てようと相談してきたのは母です (祖母は当時から認知症があり、現在認知症は進んでいます) 遺言で、祖母...

    1弁護士回答
  • 相続、遺産分割、婚外子の場合

    相続(遺産分割)について 被相続人の資産は預貯金2100万円、土地5000万円です。 相続人は実子A子、B男と婚外子C男の3人です。 しかしC男は被相続人より前に死亡していますので、代襲相...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...