相続放棄手続き

弁護士監修記事 2018年01月31日

【相続】プラスの財産が多くても相続放棄できる?【弁護士Q&A】

亡くなった人と生前トラブルがあったような場合、預貯金などプラスの財産の方が多いとしても、「あの人の財産なんてほしくない!」と思う相続人もいるでしょう。 借金などマイナスの財産がない場合や、プラスの財産が多い場合も、相続放棄をすることができるのでしょうか。 こうした疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. プラスの財産が多くても相続放棄はできる?
  2. プラスとマイナス、どちらの財産が多いか不明でも相続放棄できる?
  3. 相続放棄を認めるかどうか、裁判所はどうやって判断しているのか?
  4. まとめ

プラスの財産が多くても相続放棄はできる?

alt 亡くなった人と生前、仲が悪く、プラスの財産が多くても一切相続したくないという場合、相続放棄をすることができるのでしょうか。

相続財産はプラスですが相続放棄するつもりです。何か考慮すべき点などありますでしょうか。


相談者の疑問
相続財産はプラスですが、相続人と軋轢のあった私はその財産を引き継ぐ意思がありません。相続放棄したいのですが、相続財産がプラスでも放棄は認められるのでしょうか。また相続放棄にあたり何か考慮しておくべき点はありますでしょうか。

なお私以外にも母と妹という相続人がいるので相続自体には支障を与えません。


鈴木 克巳弁護士
◆ 相続放棄は相続財産がプラスであっても当然認められます。かなり多くの方が「他の相続人と争うのが面倒」などの理由で相続放棄をされているのが実状です。

◆ 相続放棄をされるに当たって最も注意しなければならないのが「相続を承認したとみなされる行為をしないこと」です。たとえば、遺産のうちの何か(預貯金とか)を取得してしまうというようなことです。これをやられてしまうと、相続放棄はできなくなります。それと、遺産のうちの何か(価値ある遺品)を売ってしまうということもできません。

◆ 家裁への相続放棄手続は、被相続人が亡くなった日から3か月以内に「相続放棄申述書面」を「提出」しなければなりません。戸籍謄本とか除籍謄本とか、いろいろと必要な書類があり(家裁のHPにてご確認下さい)、準備には結構時間がかかりますので、この点ご留意下さい。

プラスの財産の方が多い場合でも、相続放棄をすることができるようです。 ただし、亡くなった人の預貯金を引き出したり、価値のある遺品を売ってしまったりすると、相続放棄ができなくなる可能性があるようです。

プラスとマイナス、どちらの財産が多いか不明でも相続放棄できる?

alt プラスの財産が多い場合でも、相続放棄をすることができるようです。では、プラスの財産やマイナスの財産が一体どのくらいあるのか、調査をしてもはっきりしない場合には、相続放棄ができるのでしょうか。

プラス財産もマイナス財産も、詳しくわからないけど相続放棄したい場合


相談者の疑問
マイナスの財産が多いことだけは、わかっています。しかし、プラスの財産の不動産などの資産価値や、大きさがわかりません。また借金も、金額がわかりません。

そのような場合でも相続放棄出来るのでしょうか?きちんと調べて記入しないと相続放棄は、受理されませんか?


岡村 茂樹弁護士
1.相続放棄すると、プラスの財産もマイナスの財産も承継しないのです。
2.何の問題もありません。
3.ただ、プラスの財産のほうがマイナスの財産を遙かに超えているような場合もあるので、できるだけの調査はすべきです。

プラスの財産とマイナスの財産がそれぞれどのくらいあるのか分からない場合でも、相続放棄をすることができるようです。 ただし、プラスの財産が多い場合に相続放棄をすると、預貯金などが相続できなくなってしまうため、できる限りの財産調査はした方がよいでしょう。

相続放棄を認めるかどうか、裁判所はどうやって判断しているのか?

alt プラスの財産の方が多い場合や、プラスとマイナスのどちらが多いかわからない場合でも、相続放棄をすることはできるようです。 そもそも家庭裁判所は、相続放棄を認めるかどうか、何を基準に判断しているのでしょうか。

相続放棄


相談者の疑問
家庭裁判所で相続放棄の手続きをしました。家庭裁判所では相続放棄をどのように調べて放棄の判決をするのですか?


好川 久治弁護士
相続放棄を申し立てると、家庭裁判所から申立人のもとへ相続放棄に関する照会書が届きます。

相続開始をいつ知ったかとか、どのような財産があるかとか、負債があることを知ったのはいつか、なぜ相続を放棄するのか、などのお尋ね事項に回答すると、しばらくすると受理通知書が届きます。

相続放棄ができないことが照会書の記載から明らかである場合を除き、通常は申立て後1か月程度で受理通知書が届きます。

相続放棄の申立てをすると、家庭裁判所から照会書が届くようです。裁判所はその内容を見て、相続放棄を認めるかどうかの判断をするようです。

まとめ

相続放棄は、プラスの財産が多い場合や、プラスとマイナスどちらの財産が多いか判断ができないような場合でも、手続きをすることができるようです。 ただし、亡くなった人の預貯金を引き出すなどすると、相続放棄が認められなくなる可能性があるので、注意しましょう。

関連記事

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続放棄を扱う弁護士を探す

相続放棄手続きに関する法律相談

相談を絞り込む

相続放棄手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...