【相続】遺言書が2通以上見つかった…どの遺言の内容が有効なのか

家族の誰かが亡くなって相続の手続きを行うときに、亡くなった人が残したと思われる遺言書が2通以上見つかった場合、どの遺言書の内容が有効なのでしょうか。 みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 遺言書が2通以上見つかったら…
  2. 遺言書の内容が部分的に違っている場合は?
  3. 自筆証書遺言と公正証書遺言が見つかったら?

遺言書が2通以上見つかったら…

2通以上の遺言書が見つかった場合、どの遺言書の内容が有効なのでしょうか。

遺言書が、2通も出てきました

相談者の疑問 祖父の遺言書が、2通も出てきましたが、どうすればよいのでしょうか?

高島 秀行の写真 弁護士の回答高島 秀行弁護士 遺言書は、新しい方が有効となります。

一方が要件を満たさず無効となる可能性もあるので、2通とも自筆証書遺言であれば、検認を2通ともしておいたらよいと思います。

遺言書が2通以上見つかった場合については、作成した日付が新しいものが有効となるようです。 ただし、書き方のルールを守っていないような場合は、無効になる可能性があります。 自筆証書遺言の場合は、まずは家庭裁判所で検認の手続きをした方がよさそうです。

遺言書の内容が部分的に違っている場合は?

2通以上の遺言書が見つかったが、同じ事柄についてそれぞれ違う内容が書かれている場合があります。どちらの遺言書の内容が有効なのでしょうか。

相続で有効無効の遺言書があります

相談者の疑問 被相続人が日付、名前、印鑑、物件などきちんと書いた遺言書が2通。日付の書いていない遺言書が1通あります。この3通には3か所の土地のことと、現金について少し書かれています。日付のない遺言書には、全財産の半分以上について書かれています。

他の遺言書は遺留分は満たしておりますが、日付のない遺言書は無効として扱ってよいでしょうか。

無効の場合、他の遺言書は単なる場所指定の遺言書に変わるのでしょうか。それとも他の2つはそのままで無効の遺言書の一部も法定相続分まで権利がもらえて全員が法定相続分になるのでしょうか。

梅村 正和の写真 弁護士の回答梅村 正和弁護士 故人の自署による日付がないものは自筆証書遺言になりません。すなわち遺言書ではないので遺言書としての効力はありません。

「前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす」(民法1023条1項)とされているので、有効な遺言で抵触することが書いてある場合には後の遺言に書いてあることが遺言の内容となります。

2通以上の遺言書があり、同じ事柄について違うことが書かれている場合は、最新の日付の遺言書の内容が有効となるようです。

自筆証書遺言と公正証書遺言が見つかったら?

遺言書にはいくつかの形式がありますが、一般的な形式は公正証書遺言と自筆証書遺言です。 亡くなった人が両方の形式の遺言書を残していた場合、どちらの遺言書の内容が有効なのでしょうか。

遺言書検認後の相続について(異議申し立て、不服があった場合)

相談者の疑問 相続についての相談です。亡くなった祖母の遺言書が2通。公正証書で作成されている土地・建物の相続の遺言書と、自筆未開封の遺言書です。相続人は祖母の実子3人。

公正証書遺言書の方は相続人3人にすでに開示されていますが、1名納得せず名義変更なども行われていません。そのようなことがあって、多少兄弟間がギクシャクしたため、自筆未開封遺言書の検認手続きが祖母の死後数年後となってしまいましたが、ようやく手続きを開始しました。

そこで、今までの経緯及び現状から、自筆未開封遺言書の検認がすんだとしても、相続が遺言書通りにすすむとは思えません。異議申立てなどがあることも予想しています。

公正証書遺言もあわせて、相続を祖母の子どもたちの代で完了するにはどうしたらよいでしょうか。検認後、2通の遺言書に不服、異議申立てがされた場合のとるべき対応方法を教えてください。

荒川 和美の写真 弁護士の回答荒川 和美弁護士 検認した遺言が公正証書より後の遺言で、公正証書遺言と矛盾する部分は、取り消されたものとみなされます。矛盾しない部分のみ公正証書が有効です。

異議申立てというのはなく、無効になるかどうか、遺留分減殺請求の問題が残されます。

遺言執行者がある場合は、執行できる部分や執行し、残された問題を法的に解決します。話合いができないなら、調停審判や訴訟となります。

種類が違う遺言書が2通以上見つかったとしても、有効とされる遺言書は、作成日の日付を基準に判断するようです。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す