相続人の中に行方不明者が…遺産分割をどうやって進めればよい?

相続人の中に、連絡がつかない行方不明者がいる場合、遺産分割の話合いをどうやって進めればよいのでしょうか。

  • 相続人が行方不明の場合、遺産分割をどう進めればよい?
  • 「不在者財産管理人」とは?
  • 行方不明者に相続放棄をさせることはできる?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 相続人が行方不明の場合はどうすればよい?
  2. 不在者財産管理人にふさわしいのはどんな人?
  3. 行方不明の相続人に相続放棄をさせられる?

相続人が行方不明の場合はどうすればよい?

相続人の中に行方不明者がいる場合、遺産分割の話合いをどう進めていけばよいのでしょうか。

相続人の行方が分からない場合

相談者の疑問 相続人の行方が分からない方がいて、附票で探しましたが、記載されている住所に住んでいませんでした。

その方は高齢なので、もしかしたら介護施設に入所しているのかもしれません。
その人が見つからない場合は相続はできませんか?弁護士さんに依頼したらできますか?

新保 英毅の写真 弁護士の回答新保 英毅弁護士 共同相続人が、住民票所在地に居住しておらず調査しても行方不明ということであれば、>不在者財産管理人の選任申立をします。

そして、財産管理人を相手として、遺産分割協議、ないし遺産分割調停・審判をすることになります。

行方不明の相続人の行方を調査しても分からない場合は、不在者財産管理人の選任申立てをする必要があるようです。 遺産分割の話合いなどは、本人の代わりに、不在者財産管理人を相手に進めていくことになります。

不在者財産管理人にふさわしいのはどんな人?

不在者財産管理人としてふさわしいのはどのような人なのでしょうか。

不在者財産管理人について

相談者の疑問 親戚で自宅の相続登記をするために子どもが1人行方不明のために、不在者財産管理人選任の申立てをすることになりました。

裁判所から財産管理人の候補者を挙げてください、と言われていますが、誰でも構わないのでしょうか。

もしくは候補者にするのにふさわしい人、つまりその後の遺産分割、相続登記がスムーズに進められるために適任な方はどなたなのでしょうか。

森田 英樹の写真 弁護士の回答森田 英樹弁護士 不在者の財産があるのであれば財産管理人の報酬も支払えますので、できれば弁護士・司法書士等の第3者の専門家を推薦するのがふさわしいと思います。

職務として不在者のために、財産を管理し、財産目録を作り、家庭裁判所に報告する必要があります。

遺産分割協議をしたり、不在者の財産を処分する行為は、財産管理人の権限を超えていますので、別に家庭裁判所の「権限外行為許可」が必要となります。これらをスムースに進めるには専門家に頼む方がよいと思われます。

弁護士や司法書士などの専門家に任せることで、遺産分割や登記の手続きをスムーズに行えるようです。

行方不明の相続人に相続放棄をさせられる?

行方不明の相続人について、他の相続人が相続放棄の手続きを行うことはできるのでしょうか。

行方不明の弟に相続放棄させたい

相談者の疑問 5年前に祖父が亡くなりました。不動産などを叔父名義に変更し、ほかの相続人は相続放棄したいと思っています。

しかし、祖父が亡くなる前から弟が行方不明になっており、相続放棄の書類が準備できません。

失踪届も提出したのですが、各地で窃盗などを犯しているようで、親族は姿を見てませんが、友人や監視カメラなどの画像から生きてはいることは確認できたようです。警察も探したが、見つからないようです。

犯罪歴は昔からで、祖父の貯金はほとんど弟が使い切ったぐらいなので、親族も弟には相続させたくないと思っています。

不動産は老朽化も進んでおり、早急に叔父に管理を任せたいと思っています。弟が不在でも名義変更できる方法はないでしょうか。

また、弟には別れた奥さんと子どもがおり、たとえ行方不明にしても子どもに権利がうつりますよね?子どもには罪はないので、財産分与はやむなしだと思ってますが、その場合、誰が配当を決めて手続きしてくれるのでしょうか?

内川 寛の写真 弁護士の回答内川 寛弁護士 既に相続が開始した以上、遺言もないのであれば、本人(行方不明の弟さん)不在で相続放棄をさせることはできません。

生きていることは間違いないのであれば、失踪宣告もできませんので、不在者財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てるしかないと思います。

つまり、行方不明の弟さんに代わって、その財産を管理する人を定めてもらって、その不在者財産管理人を交えて遺産分割協議をすることになります。

その場合でも、相続放棄をしてもらうことはできないと思いますので、弟さんの相続分を何らかの形で確保する必要があると思います。

不在者財産管理人を選任したとしても、本人が不在の状況で、他の相続人が勝手に相続放棄の手続きをすることはできないようです。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す