相続

弁護士監修記事 2017年07月18日

【法定後見】成年後見制度で受けられるサポートの内容

判断能力が衰えた人の財産を、家庭裁判所に選ばれた人が本人に代わって管理する「法定後見制度」は、判断能力の程度によって、「成年後見」「保佐」「補助」という3種類の支援のタイプがあります。 この記事では、重度の認知症などで、判断能力がまったくない人が利用の対象となる「成年後見」について、支援の内容を詳しく解説します。

目次

  1. 「成年後見」とは
  2. 成年後見制度で受けられる支援の内容
    1. 成年後見人の具体的な職務〜身上監護と財産管理
    2. 成年後見人の職務・権限に含まれないもの
  3. 制度の利用状況

「成年後見」とは

「成年後見」は、法定後見制度の3つの支援タイプの中で、物事を判断する能力の低下レベルが最も重度の人が対象となる制度です。 たとえば、重度のアルツハイマー型認知症や統合失調症などの人に、成年後見制度が適用されます。 具体的には、以下のようなケースで、成年後見制度の利用が認められました。

最高裁判所事務総局家庭局「成年後見関係事件の概況 平成12年4月から平成13年3月~」より・本人はアルツハイマー病を発症していた。

・本人は5年程前から物忘れがひどくなり、勤務先の直属の部下を見ても誰かわからなくなるなど、次第に社会生活を送ることができなくなった。

・日常生活においても家族の判別がつかなくなりその症状は重くなる一方で、回復の見込みはなく2年前から入院していた。

成年後見制度の支援を受けることになる人を「成年被後見人」や「被後見人」、支援する人を「成年後見人」や「後見人」といいます。 成年後見制度を利用するためには、本人の親族などが、家庭裁判所に申立てを行います。 その後、裁判所によって本人の判断能力の鑑定や調査などが行われ、本人を支援する成年後見人が選ばれます。

成年後見制度で受けられる支援の内容

成年後見制度の利用が始まると、成年被後見人は、食料品の買い物など日常生活に関すること以外の法律行為(契約を結ぶことなど)が制限されます。 成年後見人は、こうした法律行為を制限された成年被後見人のために、不動産の売買やお金の貸し借りといった、成年被後見人の財産に関するすべての行為を、本人の代わりに行います。 また、成年後見人は、成年被後見人が勝手に結んでしまった契約などの法律行為を取り消すことができます。 ただし、食料品・日用品の購入など、日常生活に関する行為や結婚などの身分行為を取り消すことはできません。 成年後見人に与えられたこのような権限を、「代理権」「取消権」といいます。

  • 代理権

代理権とは、物の売買やアパートを借りるなどの行為を、本人に代わって本人のために行う権利です。

  • 取消権

取消権とは、本人が同意権者の同意なく結んだ契約などの法律行為を取り消すことができる権利です。 成年後見人はこのような権利を使って、成年被後見人の財産を管理したり、様々な契約を代理で結んだりして、成年被後見人が安心して生活を送れるよう支援していきます。

成年後見人には、保佐人や補助人に認められる(ことがある)同意権がありません。これは、成年被後見人は判断能力がない状態が続いているので、成年後見人が同意したとおりの行為をするとは限らないためです。

成年後見人の具体的な職務〜身上監護と財産管理

成年後見人が、取消権と代理権を行使して行う事務は、大きく次の2点に分けられます。

  • 成年被後見人の生活、療養看護(身上監護)
  • 財産の管理に関する事務(財産管理)

成年後見人は、代理権を有しますが、成年被後見人の財産を自由に処分できるわけではありません。 居住用の不動産を売却、賃貸借などする場合には、家庭裁判所の許可が不可欠ですし、その他の重要な財産を処分する場合にも、家庭裁判所に随時相談することになります。 成年後見人は、選任されたら、まず、本人の財産を調査し、財産目録を作成しなければなりません。 また、成年被後見人のお金を毎月どの程度使うか予算を立て、収支表を作成し、財産目録とともに、家庭裁判所に提出します。 その後も、少なくとも年に1回、財産目録などを作成し、家庭裁判所に後見事務の報告をすることになります。

成年後見人の職務・権限に含まれないもの

成年後見人には、日常生活に関することを除く行為について、取消権と代理権が与えられます。 ただし、介護そのものや、本人にしかできない法律行為などは、成年後見人の仕事には含まれません。

介護行為など(身上監護の具体例)

介護サービス契約、施設入所契約、医療・教育に関する契約の選定・締結などは、成年後見人の仕事ですが、料理や入浴の介助、部屋の掃除など、介護行為そのものは、成年後見人の仕事ではありません。

本人にしかできない行為

結婚や離婚、養子縁組や遺言書の作成など、本人にしかできない法律行為は、成年後見人が代理で行うことはできません。

日常生活で行う法律行為

スーパーマーケットや小売店で食材や日用品を買うなどの日常行為は、成年後見人が取り消すことはできません。

その他

手術や輸血をするといった、医療行為に関して承諾することや、本人が入院・施設に入所するときの保証人や身元引受人になるといったことは、成年後見人にはできません。

制度の利用状況

成年後見制度には、成年後見、保佐、補助という3種類があります。 平成28年12月末時点での利用者は、合計約20万人、そのうち、成年後見が約16万人、保佐が約3万人、補助が約1万人という内訳になっています(最高裁判所事務総局家庭局「成年後見関係事件の概況 ―平成28年1月~12月~」)。

あわせて読みたい関連記事

【法定後見】補助制度の仕組みと補助人の役割を詳しく紹介

法定後見制度とは、知的障害などによって判断能力がない人や不十分な人を保護するための制度です。法定後見制度は、本人の障害の程度によって後見、保佐、補...

【法定後見】保佐の制度で受けられるサポートの内容

判断能力が衰えた人の財産を、家庭裁判所に選ばれた人が本人に代わって管理したりする「法定後見制度」は、物事を判断する能力がどの程度あるかによって、「...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続に関する法律相談

  • 全員が相続放棄する場合について

    父は数年前に他界し、先月母も亡くなりました。 土地と建物に不動産価値はなく、預金もほぼないので、財産放棄しようと思っています。 姉と弟もそのようにするつもりみたいですが、全員が放...

    2弁護士回答
  • 遺産分割協議書の記載内容(遺産目録)について

    遺産分割協議書の内容(遺産の記載要領)について質問させていただきます。 遺産は土地建物と複数口座の預貯金の2種類のみです。法定相続人は被相続人の兄弟6人です。 しかし、相続するのは...

    1弁護士回答
  • 預金払い戻しと、相続放棄の可能性

    単純承認する相続人一人の為に銀行預金払い戻しをしたら、他の相続人も相続放棄できませんか? 生活費のために、相続人一人は預金の払い戻しが必要で、銀行に相続人全員の実印を揃え全額...

    1弁護士回答
  • 間違え電話で、ストーカーと言われました

    間違え電話をしてしまいましたが、いきなりストーカー行為で警察に乗り込むと言われました。 1度だけですが、迷惑行為になるのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 医療過誤と相続人について。

    医療過誤で示談がまとまり損害賠償金が認めらた場合(相続人3人)、その後どういった手続きになるのでしょうか?相続人は何をする事になりますか?

    5弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...