生前贈与

弁護士監修記事 2019年02月25日

相続対策のために生前贈与をする時の手続きの進め方と注意点

人が亡くなると、その財産は相続という形で相続人が受け継ぐことになりますが、生きているうちに贈与という形で財産を引き継いでもらうこともできます(生前贈与)。 相続人が相続税を支払うことが予想される場合、生前贈与をすることで相続税を節税できることがあります。 この記事では、節税対策のために生前贈与をする時の注意点や、手続きの進め方について詳しく解説します。

目次

  1. 生前贈与するときのポイント
    1. 相続税の金額を確認する
    2. 贈与税が発生しない範囲で贈与する
  2. 生前贈与の手続き
    1. 贈与に関する契約書を作る
    2. 現金の贈与は手渡しではなく、振込みにする

生前贈与するときのポイント

あなたが亡くなった後、あなたの財産は相続により、あなたの家族が受け継ぐことになりますが、生前中に贈与という形で財産を引き継いでもらうこともできます(生前贈与)。 生前贈与をすることで、あなたが財産を渡したいと考えている人に、確実に財産を渡すことができます。 また、相続税が発生することが予想される際は、生前贈与をすることで(年間110万円まで)節税対策になることもあります。 ただし、節税のために生前贈与する場合は、次のポイントに気をつけましょう。

  • 相続税の金額を確認する
  • 贈与税が発生しない範囲で贈与する

相続税の金額を確認する

節税の目的で生前贈与を行おうと考えている場合、今の財産に相続税がかかった場合いくらになるかを先に計算しておきましょう。 そもそも、相続税がかからなければ、節税のために生前贈与をしても意味がありません。

贈与税が発生しない範囲で贈与する

生前贈与すると、「贈与税」という形で相続人に課税される可能性があります。 具体的には、一人あたり年間110万円を超える贈与をすると、110万円を超えた部分について、贈与を受けた人に贈与税が発生します。 たとえば、あなたが200万円の現金を子どもに贈与すると、90万円について贈与税が課税されます。 つまり、相続人一人あたり毎年110万円を上限に、財産を贈与していけば、贈与税が課税されることはありません。 alt このように、亡くなる前に財産を課税されない範囲で少しずつ贈与すると、相続税も贈与税もかからないので、節税ができるのです。

子や孫に対し、生活費(食費や公共料金)や教育費(入学金や授業料)を負担する目的で贈与する場合、または、結婚・出産祝いや年末年始の贈答として贈与する場合などは、贈与税の対象外となります。ただし、これらも場合によっては贈与税がかかるケースがあるので、費目に応じて確認しましょう。

110万円以内の生前贈与を行った場合でも、生前贈与をしてから3年以内にあなたが亡くなった場合には、その生前贈与は相続税の対象となります。つまり、亡くなる前の3年間に行なった生前贈与は、節税効果がありません。節税目的で生前贈与を行なう場合には、なるべく早い時期に始めるように気をつけましょう。

生前贈与の手続き

alt 生前贈与を行うには、以下のような手順で行いましょう。

  1. 贈与について相手と合意して契約書を作る
  2. 現金の贈与は手渡しではなく、振込みにする

とくに重要なのは、契約書を作っておくことです。 贈与がおこなわれたことを後から証明できる形にしておかないと、あなたが亡くなった後になって、「贈与ではない」と税務署から判断される可能性があります。 たとえば、あなたの口座から子どもの口座に預金の移動があったとしても、それだけでは、「お金の所有者は子どもではない」と税務署に判断されるおそれがあるのです。 つまり、相続税を節税するために生前贈与をしたにもかかわらず、あなたが亡くなった後に、贈与を受けた相続人が、税務署から相続税の支払いを求められる場合があります。

贈与に関する契約書を作る

「贈与することについて相手と同意がある」ことを証明するために、「贈与契約書」を作成しましょう。 贈与契約書には、以下のような内容を記載し、財産を渡す人(贈与者)と、財産を受け取る人(受贈者)が署名・捺印します。

  • いつ贈与するか
  • 誰に贈与するか
  • 何を贈与するか
  • いくら贈与するか
  • どのように贈与するか

様々な内容を記載する必要があるように見えますが、簡単に作成することができます。 以下にある贈与契約書の記載例を参考に、ぜひ作成してみてください。 alt

未成年者に財産を渡す場合、「受贈者」が署名・押印する部分に、未成年者の親権者も署名・押印するようにしましょう。

現金の贈与は手渡しではなく、振込みにする

現金を贈与する場合は、契約書を作成するだけでなく、実際に贈与が行われたことを証明することも重要です。 そのため、現金の贈与は手渡しではなく、財産を渡したい相手の口座に振り込むようにしましょう。

未成年者に財産を渡す場合でも、未成年者の口座に振り込むようにしましょう。口座の管理は未成年者の親権者が行ってもよいですが、親権者が贈与された財産を使った場合、「贈与が成立していない」と判断される可能性があるので注意しましょう。

財産を渡す相手に振り込んだ後は、預金通帳に印字される振込金額の横の余白などに、「△△(受遺者)への贈与」などと、メモを残しておきましょう。メモを残しておくことで、贈与が行われたことを、より明確に証明することができます。

あわせて読みたい関連記事

遺言を残さないとあなたの財産を誰が相続することになるのか|「法定相続」の仕組みを詳しく解説

遺言書を残すなどの相続対策をしない場合、あなたが亡くなった後に、財産を「誰が相続するのか(相続人)」「どの程度相続するのか(相続分)」は、法律のル...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められています。 ...

遺言書でできることや公正証書遺言と自筆証書遺言の特徴を解説

遺言書を残さずに亡くなった場合、「誰が」「どの財産を」「どの程度」相続するかという点で、家族がトラブルになる可能性があります。遺言書を残しておけば...

遺言の代わりに養子縁組する意味と養子縁組が相続税対策になるケース

法律で決められた相続人(法定相続人)ではない人に自分の財産を渡すための手段として、遺言書を残す以外にも、「養子縁組」という方法があります。 養子...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

生前贈与に関する法律相談

  • 認知症の祖母の不動産 生前贈与したい

    お世話になります。 祖母と叔父が名義の土地建物の贈与または相続につきまして ご相談させていただきます。 [関係者] 祖母(軽度の認知症) 叔父(知的障害あり) 母(祖母と同居) 孫(私、伯母の...

    4弁護士回答
  • 賃貸マンションの三姉妹での相続

    何時もお世話になります。 早速ですが、義母が経営する賃貸マンションの相続についてご相談申し上げます。 義母80代、3娘、私は長女婿でマンションの管理人。 実は、義母が高齢になり仲介業...

    2弁護士回答
  • 離婚後のお金の関係(贈与等確認)

    私の知り合いの話になります。 私の知り合い(男)は×1で、元嫁へ毎月16万~20万の生活費の支払いをしております。 金額に幅があるのは、毎月何かしらのイレギュラーの支払いや交遊費も都...

    1弁護士回答
  • 生前贈与 持戻し免除について

    遺産相続の生前贈与の持戻し免除について伺います。 相続人は義姉と長男である夫の2人です。 父が亡くなる2年前に長年面倒を看てくれた私達夫婦にと将来的に同居も可能な住宅購入資金として...

    3弁護士回答
  • 遺産相続 分割生前贈与について

    遺産相続についての質問です。現在、私は4歳の子供を育てるシングルマザーで年老いた両親と一緒に住んでいます。家は一戸建てで、父親の名義です。私には、兄弟があと3人いて、全員結婚して...

    4弁護士回答

相談を絞り込む