相続人

2018年12月28日

亡くなった人と元配偶者の間の子どもは相続人になる?

亡くなった人に離婚歴があり、元配偶者との間に子どもがいる場合、その子どもは亡くなった人の相続人になるのでしょうか。 元配偶者の再婚相手などと養子縁組をしている場合や、実子ではなく連れ子の場合はどのように考えられるのでしょうか。 みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 亡くなった人と元配偶者の子どもに相続権はあるのか
  2. 普通養子縁組か特別養子縁組かを調べる方法
  3. まとめ

亡くなった人と元配偶者の子どもに相続権はあるのか

alt 亡くなった人と元配偶者との間の子どもは、亡くなった人の相続人になるのでしょうか。

兄と前妻の連れ子と実子の相続権について教えてください。


相談者の疑問
兄は亡くなったときは独身でしたが、離婚した妻との間に連れ子と実子が1人づつおります。現在、妻は別の人と再婚して、子どもは2人とも再婚相手の養子として戸籍に入っていることがわかりました。

生前の兄に多額の借金があり、請求がそちらに行くことで家同士で揉めることを心配しています。

私達家族は相続放棄を検討しているのですが、相続権は2人の子どもにもあるのでしょうか。そうであれば兄の前妻と話をする機会を設けますし、相続権がなければすぐにでも両親の相続放棄の手続きをするつもりです。


大西 純弁護士
お兄さんと連れ子が養子縁組していなければ、相続権はありません。養子縁組していて離縁していなければ、お兄さんに関して相続権があります。

実子と再婚相手とが養子縁組していてもいなくとも、お兄さんに関して相続権があります。

亡くなった人の子どもが実子の場合、元配偶者の再婚相手と養子縁組をしているかどうかにかかわらず、相続人になります。 一方、連れ子の場合は、亡くなった人と養子縁組をしていて、離縁もしていないという条件を満たさなければ、相続人になりません。

普通養子縁組か特別養子縁組かを調べる方法

alt 養子縁組の制度には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」の2種類があります。亡くなった人と元配偶者の子どもが、再婚相手などと特別養子縁組を結んでいる場合は、亡くなった人の相続人にはなりません。 どちらの養子縁組の制度を利用しているのかということは、戸籍から判別できるのでしょうか。

特別養子と普通養子を調べる方法はありますか?


相談者の疑問
私の夫には前妻との間に子どもが1人います。養育費などは一切請求しないということで、親権は前妻へ。その後、15年間、1度も子どもと夫は会っていません。

前妻が逮捕されたことをきっかけに、子どもは前妻の両親へ養子縁組されたと聞いております。

夫が死亡した場合、養子縁組された子どもに対しての遺産相続権は普通養子か特別養子かによって変わると聞きました。

普通養子と特別養子のどちらかを調べることはできますか?どのような手続きで調べればいいのでしょうか?


皆川 洋美弁護士
特別養子縁組をしていたとすれば、お子さんに相続権はなくなるので関心事項ですね。

特別養子と普通養子を区別する方法としては、

1.特別養子にするには、原則として実父母の同意が必要なので、その手続きをとったかどうかご主人に確認する

2.相続人を確認するためという正当な理由があるので、ご主人に元奥さんの戸籍を辿ってもらい、お子さんの現在の戸籍まで確認する

という方法が考えられると思います。

2について補足すると、元奥さんの戸籍を取る→もし除籍になっていれば転籍先の戸籍を取る→養子縁組の際にはお子さんの本籍が移っているのでお子さんの次の戸籍を取るという作業が必要です。

お子さんの戸籍まで辿り、父母として前の奥さんとご主人が記載され、養父母として祖父母が記載されていれば、普通養子です。

お子さんの戸籍が1回単独の戸籍になり、民法817条の2による裁判確定で祖父母が単に父母として記載されていれば、特別養子です。

養子縁組の制度がどちらなのかは、まずは亡くなった人の元配偶者の戸籍をたどり、その後、子どもの戸籍も取得し、その記載を確認するという方法で調べることができるでしょう。

まとめ

亡くなった人と元配偶者との間の子どもが実子の場合、元配偶者の再婚相手などと養子縁組をしている場合でも、相続人になります。 ただし、普通養子縁組ではなく特別養子縁組を結んでいる場合、その子どもは亡くなった人の相続人にはなりません。 普通養子縁組か特別養子縁組かは、まずは亡くなった人の元配偶者の戸籍をたどり、その後、子どもの戸籍も取得し、その記載を確認するという方法で調べることができます。

関連記事

お悩みの解決策を探す

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続人に関する法律相談

  • 相続、遺産分割、婚外子の場合

    相続(遺産分割)について 被相続人の資産は預貯金2100万円、土地5000万円です。 相続人は実子A子、B男と婚外子C男の3人です。 しかしC男は被相続人より前に死亡していますので、代襲相...

    2弁護士回答
  • 遺産相続放棄について

    遺産相続放棄について。 祖父が家を二件所有しておりましたが、祖父が20年前に亡くなりました。そのとき祖父の息子二人娘一人いたのですが、だれも相続せずに、名義だけ祖母に移しました...

    1弁護士回答
  • 私の父が兄夫婦の養子に入った時の相続について

    私の父の兄夫婦には子供がいません。その為、私の父が兄夫婦の面倒を見るために養子に入り、仮に養父より先に養子が亡くなったら、相続権はなくなりますか? また、仮に相続権があるならば養...

    2弁護士回答
  • 無視する相手に無視出来ないと思わせる手段はありますか?

    無視して権利の行使を阻む、請求を無視する、内容証明を無視するなど、 「無視」をする相手に、絶対にしなければならないと思わせるために、 弁護士の先生方はどういう方法をとられるのでし...

    2弁護士回答
  • 相続放棄の理由と相続財産の概略について

    相続放棄についての相談です。 前提として、私の父が債務超過で亡くなり、その後法廷相続人である子が相続放棄をしました。 その後存命だった父の母(私の祖母)へ相続順位が移りましたが、認...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

相続人の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...