遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められています。

  • 遺留分とは?
  • 遺留分が認められる相続人
  • 認められる遺留分の割合

この記事では、遺留分の仕組みについて、詳しく解説しています。

目次

  1. 遺留分とは
  2. 遺留分が認められる相続人
  3. 遺留分の割合
    1. 法定相続人が夫・妻のみの場合
    2. 法定相続人が夫・妻と子の場合
    3. 法定相続人が夫・妻と父母の場合
    4. 法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合
    5. 法定相続人が子のみの場合
    6. 法定相続人が父母のみの場合
    7. 法定相続人が兄弟姉妹のみの場合

遺留分とは

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、法定相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められています。 たとえば、「財産はすべて長男に相続させる」という遺言書を書いた場合、遺言書のとおりに財産を分けると、長男以外の相続人は財産の取り分が0になります。 このような遺言書は、長男以外の相続人とって「遺留分が侵害されている」ことになります。 遺言書で、自分の遺留分が侵害されていることを知った相続人は、遺留分を主張して、遺留分の範囲で長男に財産を分けるよう求めることができます。 つまり、遺留分に配慮して遺言書を作成しないと、相続人が財産を相続するときに、相続人同士のトラブルに発展する可能性があるのです。 特定の人に多くの財産を渡したいと考えている場合でも、遺言書を作るときは、法定相続人に対して、遺留分以上の財産を残すような内容にしましょう。

遺留分が認められる相続人

遺留分は、全ての相続人に認められるものではありません。 遺留分が認められているのは、法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の相続人です。 具体的には、あなたの配偶者(夫・妻)か、子(子が亡くなっている場合には孫)父母(直系尊属)です。

遺留分の割合

遺留分の割合は、原則として財産全体の2分の1です。 法定相続人が複数いる場合には、財産の2分の1を、法定相続分に応じて分けます。 ただし、法定相続人が親(直系尊属)のみの場合は、財産全体の3分の1です。 具体的には次のようになります。

法定相続人が夫・妻のみの場合

法定相続人が夫のみ、または妻のみの場合、遺留分は2分の1です。

法定相続人が夫・妻と子の場合

法定相続人が夫と子、または妻と子の場合、遺留分は夫・妻の分が4分の1、子が4分の1です。 子が複数いる場合には、4分の1を人数で分けます。

法定相続人が夫・妻と父母の場合

法定相続人が夫と父母、または妻と父母の場合、遺留分は夫や妻の分が3分の1、父母が6分の1です。 父母が複数いる場合には、6分の1を人数で分けます。

法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合

法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合、遺留分は夫・妻が2分の1ですが、兄弟姉妹は遺留分がありません。

法定相続人が子のみの場合

法定相続人が子のみの場合、遺留分は2分の1です。 子が複数いる場合には、2分の1を人数で分けます。

法定相続人が父母のみの場合

法定相続人が父母のみの場合、遺留分は3分の1です。 父母が複数いる場合には、3分の1を人数で分けます。

法定相続人が兄弟姉妹のみの場合

法定相続人が兄弟姉妹のみの場合、遺留分は0です。

記事のタイトルとURLをコピー