遺留分

弁護士監修記事 2018年12月27日

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められています。

  • 遺留分とは?
  • 遺留分が認められる相続人
  • 認められる遺留分の割合

この記事では、遺留分の仕組みについて、詳しく解説しています。

目次

  1. 遺留分とは
  2. 遺留分が認められる相続人
  3. 遺留分の割合
    1. 法定相続人が夫・妻のみの場合
    2. 法定相続人が夫・妻と子の場合
    3. 法定相続人が夫・妻と父母の場合
    4. 法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合
    5. 法定相続人が子のみの場合
    6. 法定相続人が父母のみの場合
    7. 法定相続人が兄弟姉妹のみの場合

遺留分とは

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、法定相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められています。 たとえば、「財産はすべて長男に相続させる」という遺言書を書いた場合、遺言書のとおりに財産を分けると、長男以外の相続人は財産の取り分が0になります。 このような遺言書は、長男以外の相続人とって「遺留分が侵害されている」ことになります。 遺言書で、自分の遺留分が侵害されていることを知った相続人は、遺留分を主張して、遺留分の範囲で長男に財産を分けるよう求めることができます。 つまり、遺留分に配慮して遺言書を作成しないと、相続人が財産を相続するときに、相続人同士のトラブルに発展する可能性があるのです。 特定の人に多くの財産を渡したいと考えている場合でも、遺言書を作るときは、法定相続人に対して、遺留分以上の財産を残すような内容にしましょう。

遺留分が認められる相続人

遺留分は、全ての相続人に認められるものではありません。 遺留分が認められているのは、法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の相続人です。 具体的には、あなたの配偶者(夫・妻)か、子(子が亡くなっている場合には孫)父母(直系尊属)です。

遺留分の割合

遺留分の割合は、原則として財産全体の2分の1です。 法定相続人が複数いる場合には、財産の2分の1を、法定相続分に応じて分けます。 ただし、法定相続人が親(直系尊属)のみの場合は、財産全体の3分の1です。 具体的には次のようになります。

法定相続人が夫・妻のみの場合

法定相続人が夫のみ、または妻のみの場合、遺留分は2分の1です。

法定相続人が夫・妻と子の場合

法定相続人が夫と子、または妻と子の場合、遺留分は夫・妻の分が4分の1、子が4分の1です。 子が複数いる場合には、4分の1を人数で分けます。

法定相続人が夫・妻と父母の場合

法定相続人が夫と父母、または妻と父母の場合、遺留分は夫や妻の分が3分の1、父母が6分の1です。 父母が複数いる場合には、6分の1を人数で分けます。

法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合

法定相続人が夫・妻と兄弟姉妹の場合、遺留分は夫・妻が2分の1ですが、兄弟姉妹は遺留分がありません。

法定相続人が子のみの場合

法定相続人が子のみの場合、遺留分は2分の1です。 子が複数いる場合には、2分の1を人数で分けます。

法定相続人が父母のみの場合

法定相続人が父母のみの場合、遺留分は3分の1です。 父母が複数いる場合には、3分の1を人数で分けます。

法定相続人が兄弟姉妹のみの場合

法定相続人が兄弟姉妹のみの場合、遺留分は0です。

あわせて読みたい関連記事

遺言を残さないとあなたの財産を誰が相続することになるのか|「法定相続」の仕組みを詳しく解説

遺言書を残すなどの相続対策をしない場合、あなたが亡くなった後に、財産を「誰が相続するのか(相続人)」「どの程度相続するのか(相続分)」は、法律のル...

遺言書でできることや公正証書遺言と自筆証書遺言の特徴を解説

遺言書を残さずに亡くなった場合、「誰が」「どの財産を」「どの程度」相続するかという点で、家族がトラブルになる可能性があります。遺言書を残しておけば...

相続対策のために生前贈与をする時の手続きの進め方と注意点

人が亡くなると、その財産は相続という形で相続人が受け継ぐことになりますが、生きているうちに贈与という形で財産を引き継いでもらうこともできます(生前...

遺言の代わりに養子縁組する意味と養子縁組が相続税対策になるケース

法律で決められた相続人(法定相続人)ではない人に自分の財産を渡すための手段として、遺言書を残す以外にも、「養子縁組」という方法があります。 養子...

解決までの流れ

解決までの全記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺留分減殺請求を扱う弁護士を探す

遺留分に関する法律相談

  • 家の生前贈与と特別受益の関係について

    15年程同居している60代の女性と70代の男性がいます。 自宅の土地建物は男性名義でしたが、5年程前に女性に所有名義を移転しました。売却ではないので贈与ということになるのでしょうか。男...

    4弁護士回答
  • 遺留分減殺請求について教えて欲しい。

    以前に弟から遺留分減殺請求を受け、弟に遺留分を支払ったのですが、亡くなった母の通帳を弟が1冊所持しており、返却してもらいました。そこで弟がその母の通帳から200万円程引き出している...

    1弁護士回答
  • 遺留分請求につき、被相続人の生前の生活費や治療費との相殺は出来るか

    お世話になります。 母が終末期なのですが、20年以上別居している父に連絡しないで欲しいと言われております。 母が亡くなったあとも父に連絡するなとのことです。 もしも父が母の死を嗅ぎつ...

    5弁護士回答
  • 相続に関して、相手方とのやりとりが滞っています

    先日、父が他界しました。 現在、父の先妻の子と、遺産相続についてやりとりをしています。 父は生前、公正証書遺言を作成しており、全ての財産は母へ相続されますが、先方は遺留分の申し立...

    2弁護士回答
  • 生前贈与受け取った相続人は遺留分減殺請求が可能?

    遺留分減殺請求について教えてください。 相続人がABCの3人います。 被相続人は父親で、母親は既に死去。 相続人3人はいずれも子の立場です。 AとBはそれぞれ1000万円ずつ相続財産を...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

相談を絞り込む

遺留分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...