弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続の法律ガイド

「相続」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

23件の記事が見つかりました 1 - 23件目

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

遺産分割で親族がもめないために「遺言」で決めておくべきこと

「相続」は、ときに「争族」とも呼ばれるほど、財産の取り分などをめぐって、親族間で争いになることが少なくありません。自分の死後そうならないため...

「代襲相続」どんな場合に起こるのか…仕組みを詳しく解説

被相続人(亡くなった方)が死亡した時点で、本来の相続人(子・兄妹など)が死亡していた場合、その「本来の相続人」をとびこえて、孫やおい・めいが...

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

判断能力がない人を支援する「成年後見制度」〜支援内容と利用までの流れ

判断能力が衰えた人の財産を、家庭裁判所に選ばれた人が本人に代わって管理する「法定後見制度」は、判断能力の程度によって、「成年後見」「保佐」「...

【成年後見制度】「任意後見」の仕組みと後見人を選ぶ手続きの流れ

将来自分が認知症などの影響でものごとを正常に判断することができなくなってしまったら…。そうした事態に備えて、本人の判断能力が十分あるうちに、自...

【成年後見】法定後見人の報酬の決め方と任意後見人の報酬の相場

任意後見人への報酬は、本人と任意後見人とで自由に決めることができます。親族などが後見人になる場合には無報酬のケースも多いようですが、支払われ...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

遺言書の「検認」必要な場合と手続きの流れを詳しく解説

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、慌てて開封してはいけません。遺言書に...

特別な貢献した相続人の取り分が増える…「寄与分」が認められるための条件

被相続人(亡くなった方)の生前、介護や事業のサポートなどの貢献をした相続人には、法律で決められた取り分より、多くの遺産を引き継げることがあり...

「法定後見」利用手続きの流れ…後見・保佐・補助どれを選べばいいのか?

「親が認知症になり、物事を適切に判断できなくなっているようだ。自分はそばにいられないけど、悪質な訪問販売業者などにだまされないか心配…。そのよ...

「自筆証書」と「公正証書」2つの遺言それぞれのメリット・デメリット

自分の死後、親族が相続でもめないように、今のうちに遺言書を書き残しておきたいーー。そう考える人は少なくないと思いますが、遺言書には、法律で決...

せっかく書いた遺言を「無効」にしないために…注意すべきポイントまとめ

遺言書は、作成のルールが法律で細かく決められていて、このルールに反すると無効となってしまうことがあります。遺産をめぐって争いが起きないために...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

【法定後見】補助制度の仕組みと補助人の役割を詳しく紹介

法定後見制度とは、知的障害などによって判断能力がない人や不十分な人を保護するための制度です。法定後見制度は、本人の障害の程度によって後見、保...

後見、保佐、補助…「法定後見」を利用するための手続きの流れ

法定後見制度を利用するためには、家庭裁判所に後見等開始の申立ての手続きを行なう必要があります。申立てがあると、家庭裁判所調査官は申立人と成年...

判断能力が不十分な人を支援する「保佐制度」〜支援内容と利用までの流れ

判断能力が衰えた人の財産を、家庭裁判所に選ばれた人が本人に代わって管理する「法定後見制度」は、判断能力の程度によって、「後見」「保佐」「補助...

相続問題の弁護士費用 - 遺産分割や遺言、相続放棄などケース別の報酬相場

残された家族が揉めないように遺言書を作りたい、親族の話し合いが収集がつかないのでまとめてほしい、遺留分が侵害されたので取り返したいなど、相続...

相続に関する法律相談

  • 相続放棄での財産、負債の書き方について

    相続相続人相続順位

    財産放棄の申請を検討しています。 被相続人は離婚して一人暮らし、孤独死です。 ①財産、負債を書く欄で『自宅を持っているが大きさは知らない(おそらく住宅ローンがある、団信たがおりるか...

    2弁護士回答
  • 遺言書による分割方法について

    相続遺産分割相続財産 分割方法

    私の母が他界し、相続人は私、兄、弟です。母には家庭裁判所検認をうけた遺言書があります。 母が遺言書を書いたのは平成19年です。遺言書内容は私と弟に全財産2分の1ずつ渡す。と書かれ...

    1弁護士回答
  • 受遺者の相続分の譲渡について教えてください

    相続相続手続き

    受遺者が、相続分の譲渡をすると、遺言相続分も譲渡になると思います その場合は、相続分の譲渡を受けた相続人は受遺者になるのですか? 遺言執行人の指定が無い場合、遺言執行人を選任して...

    1弁護士回答
  • 固定資産税 相続分 支払い

    相続相続分

    遺産分割審判後に被相続人の固定資産税滞納分を市役所に払ったのですが、法廷相続分以上の額を支払わされ、相手方は少ない金額を支払っています。 市役所に還付金請求して、相手に請求書を送...

    1弁護士回答
  • 寄与分とな何か教えて下さい。

    相続相続分寄与分

    私は約10年間母の成年後見人をしていました。現在母は他界しています。 成年後見人の時は家庭裁判所に毎年、後見事務報告書を提出し、同時に後見人報酬をもらっていました。 この後見人報...

    2弁護士回答

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す