相続対策をしたい方 のための
法律ガイド集

今のうちからできる相続対策をご紹介します。

ステップ1 認知症の対策をする

認知症のリスクに備えて任意後見や家族信託などの手段で財産を守ることができます。既に認知症の場合は法定後見という制度を利用できますが、相続税対策などが難しくなる可能性があります。

ステップ2 誰が相続するのか確認する

財産を残してあげたい人と、法律で決められた相続人が一致しているか確認しましょう。遺言を作成するときの参考になります。また、作成しない場合でも、残された家族が調べる手間を省けます。

ステップ3 財産目録を作成する

財産の一覧表(財産目録)を作っておくと、残された家族は財産をスムーズに調べられます。財産の価値も把握しておくと、相続税が生じるかどうかも確認できます。

ステップ4 財産を整理する

今ある財産を必要なものと不要なものに分け、不要な財産を整理することで、家族が行う相続手続きの負担を減らすことができます。

ステップ5 相続税の計算をする

家族が支払う相続税の額を予想できれば、そのための資金を事前に用意しておくことができます。節税対策するかどうかを判断する目安にもなります。

ステップ6 財産の分け方を決めたい場合

目的によって、取るべき相続対策は異なります。財産を受け継ぐ人を後の後まで決めておきたい場合や、相続人の代わりに財産を管理してほしい場合などは、家族信託を検討しましょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...