弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続手続き

株式の名義変更に必要な書類。上場株式の場合は証券口座も必須。

株式を相続するためには、名義変更の手続きと証券口座の新規開設が必要です。証券口座については、すでに持っている場合は不要な可能性もあります。証券会社や証券を発行している会社に問い合わせ、必要な書類をそろえましょう。 一口に株式と言っても株式の種類は複数あります。株式の種類によって手続きする場所が異なりますので、以下で確認してください。

目次

  1. 上場株式の相続手続き
  2. 非上場株式の相続手続き
  3. 自社株の相続手続き

上場株式の相続手続き

上場株式は証券取引所を介して取引が行われています。そのため証券会社と株式を発行している会社の両方で手続きをする必要がありますが、証券会社で手続きをすれば後者の手続きは代行してくれます。 まずは証券会社に問い合わせましょう。その際に必要な書類を請求しておくと、その後の手続きがスムーズです。株式をすぐに売却する予定でも、いったん相続人の名義に変更しなければなりません。 また、郵送で相続手続きを行える証券会社もありますので、その点も問い合わせてみるとよいでしょう。

「証券を発行した証券会社」の口座が必要

相続するためには、相続人も証券口座を所有していなくてはなりません。かつ、相続する証券を発行した証券会社の口座である必要があります。 証券会社で相続人名義の証券口座を準備してから、名義変更を行いましょう。 この際、複数の口座に振り替えることが可能なので、一般的には相続人が複数いても大丈夫です。ただし故人が保有していた株式によっては、振り替えできない場合もありますので注意してください。

上場株式の名義変更に必要な書類

上場株式については、2009年1月5日に株券電子化が実施されました。株券が電子化されていない場合は、株券を電子化するための書類も必要です。 必要となる可能性が高い書類は以下のとおりです。

  • 取引口座引き継ぎの念書
  • 株式名義書換請求書(兼株主票)
  • 遺産分割協議書または遺言書(相続人を証明するもの)
  • 故人の戸籍謄本または除籍謄本(出生から死亡まで)
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の印鑑証明書
  • 失念救済請求書(株券を電子化する場合)

遺言執行者がいる場合は、書類が変わる場合もありますので注意してください。

非上場株式の相続手続き

非上場株式の発行者はほとんどが中小企業で、証券会社は非上場株式には無関係です。 会社に株主名簿が保管されているはずなので、株主名簿の書き換えが必要です。株式を発行した会社に直接問い合わせてください。相続人全員の合意があれば、相続による名義変更はいつでも可能です。

相続財産としての評価が難しい

非上場株式は相続財産としての評価が難しい株式です。相続税が発生した場合は、会社の顧問税理士に相談するとよいでしょう。

自社株の相続手続き

故人が自社株を保有していた場合も考えられます。判明した時点で、株式を発行した会社に直接問い合わせてください。その会社に顧問税理士がいれば、相談するとよいでしょう。

株式の相続が決まったら、まずは株式を発行している会社や証券会社に相続する旨を伝えましょう。名義変更に必要な書類をそろえます。 その後、必要に応じて証券口座の新規開設や株券電子化の手続きを行いましょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

相続手続きに関する法律相談

  • 再婚に伴う不動産の相続について

    相続相続手続き

    お世話になります。 不動産をいくつか持っていて再婚します。 夫にではなく、実子に相続させるための手続きを教えて頂けると助かります。よろしくお願いします。

    5弁護士回答
  • 相続破棄の遺品整理をしてしまいました

    相続相続手続き

    よろしくお願い致します。 父が遠方で亡くなりまして、相続破棄の手続きを始めたところです。 父とは別の遠方に住まう叔母が先日遺体を引き取りにいきました。ワンデーの賃貸に住んでおり、...

    2弁護士回答
  • 借金がある状態での相続について

    相続相続手続き

    父にはプラスの財産として自宅(父名義は3/4・母名義1/4)・わずかな現金、 マイナスの財産として住宅ローンと、消費者金融への返済があります。 父が今亡くなったと仮定すると、住宅ローン...

    3弁護士回答
  • 苗字を変えず養子縁組をしたいとき

    相続相続手続き

    現在、夫婦(夫48歳、妻40歳)と子供2人(8歳、4歳)の4人家族です。 自営業(法人)を営む62歳になる男性の方が、店を継いでくれる人を探していて、紹介されました。 この方は、この店を...

    1弁護士回答
  • 離婚後同じ人と再婚したが住民票の変更をしないまま夫が死亡、遺族年金はもらえますか

    相続相続手続き

    離婚後、同じ者同士で再婚(子供あり17歳、20歳)するため婚姻届けを提出しましたが、住民票変更前に夫が死亡しました。 離婚時、子供の戸籍は夫側に残して妻だけ新しい戸籍にしました。...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...