弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続手続きの解決事例

相続手続きのために「失踪宣告」の手続きをする。

  • 相続登記・名義変更

依頼主 60代 女性 相談前  独身であった弟はマンションで一人ぐらしをしていたところ、そのマンションで死亡しました。ただ一人の身内である姉がそのマンションの一室を相続で引き継ぐことになりましたが、戸籍の上では数十年前に行方不明になった長兄が生存していることになっていました。長兄も相続人の一人になるのです。そのため、そのマンションの所有名義を姉名義にすることができませんでした。 相談後  長期にわたって行方不明になって生死が定かでないときは、その者について家庭裁判所が失踪(しっそう)宣告をします。残されたその姉は、長兄について裁判所の失踪宣告を得て、ようやく、その長兄は戸籍上死亡した、とみなしてもらえることになりました。こうして長兄の妹である本人はマンションの所有名義を得ることができました。 中島 繁樹弁護士からのコメント  生死不明の者について裁判所で失踪宣告をしてもらう手続きにおいて、弁護士は申立人に代わって裁判所に対して事情の説明をします。

お気に入りに追加
中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士

中島法律事務所

【福岡市営地下鉄赤坂駅より徒歩5分】 41年の豊富な経験と実績あり。複雑な遺産分...

電話で問い合わせ
050-5877-8399

メールで問い合わせ

相続手続きに関する解決事例

高橋 賢司

高橋 賢司弁護士

【遺産整理】遠方で亡くなった方の不動産を処分する等して現金化して、遺産分割した事例

新潟に住んでいた叔父が亡くなり、自分たちが相続人になったようだが、全く交流がなく、何をどうしていいかわからない、というご相談でした。遺産は、不動産と預金と株があるようです。弁護士が代理人となって、まず、財産の調査からスタートしました。財産が確定した後に、不動産の売却手続、預金の解約手続き、株式の移管手続きを全...

安達 由幸

安達 由幸弁護士

相続人がわからない事案

身寄りのない叔母が亡くなりました。親戚は姪の私だけだと思っていますが、実際のところわかりませんので、手続きが止まってしまいました。広く相続人を調査してもらい、私の他にも相続人がいることを確認していただき、確定した相続人の方達との交渉や書類の整備まで行って、きちんと遺産を分配することができました。配偶者やお子の...

遺産相続を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...