相談を相続する手続きを教えてください

公開日: 相談日:2019年09月21日
  • 4弁護士
  • 4回答

弁護士に依頼していた親が失くなり、その相談を息子が引き継いで、同じ弁護士に依頼することができると聞きました。遺産分割協議で相談者をきめる手続きをするようですが、方法を教えてください。

849195さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府4位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    亡くなった親御さんが相談していた法律上の権利を誰が引き継ぐのか相続人(子どもらと亡くなった親の配偶者)で協議して決め、遺産分割協議書の形にして、相続人全員が署名押印します。
    家族間の話し合いで誰が引き継ぐか決まれば、あとはその弁護士に遺産分割協議書のひな型を作ってもらえばよいかと思います。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 弁護士に依頼していた親が失くなり、その相談を息子が引き継いで、同じ弁護士に依頼することができると聞きました。

    他の相続人がその弁護士に依頼しなければ、相談者が依頼できると思います。

    遺産分割協議で相談者をきめる手続きをするようですが、方法を教えてください。

    他の相続人と遺産分割をどうするか、話し合っていくことになります。
    纏まれば、遺産分割協議書を作成することになると思います。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    > 弁護士に依頼していた親が失くなり、その相談を息子が引き継いで、同じ弁護士に依頼することができると聞きました。
    1.可能です。

    遺産分割協議で相談者をきめる手続きをするようですが、方法を教えてください。
    1.遺産分割の場合,他の共同相続人が存在します。
    2.相続人同士は利害が対立するので,相談者のみが依頼となります。
    3.当該弁護士は,ほかの相続人の依頼を受けることは不可です。

    ・そのうえで,当該弁護士は相談者の代理人としてほかの相続人と協議を重ねて遺産分割協議を取りまとめます。
    ・話し合いがつかない場合,調停・審判となります。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    相談をしていた内容、対象となる遺産が何かによると思います。
    相談していた内容の資産、権利を誰が相続するかを
    遺産分割協議書で決めれば、弁護士に対する相談、依頼を引き継ぐことになると思います。

    具体的には弁護士に面談で詳しい事情を話して
    相談された方がよいと思います。

この投稿は、2019年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから