相続問題。債権執行について。原告側です。

いままでこちらで相談してきたことの続きなのですが、よろしくお願いいたします。

勝訴判決後の回収についてです。
例えば、判決が3000万となった場合。
債権執行を行って被告の家賃収入から何年かをかけて3000万円分回収するとして、
回収の終わりを管理するのは私個人なのでしょうか?
それとも裁判所なりに「今これだけ回収ができています。」と共有する機関が存在するのでしょうか?
また、家賃収入から回収すると、必ず端数が出てしまうと思うのですが、それらも、相談対応してくれる機関があるのでしょうか?

不動産の場合は、裁判所からの証明用紙を持って登記名義を変更すれば解決だと認識しているのですが、それで間違っていないでしょうか?

賃貸一部屋を勝訴判決で取得した場合は、こちらも裁判所に申し出て家賃を回収するための(債権執行)手続きを行うのでしょうか?

相手は何も渡さないと言っているので、第三者にお願いして手続きを行っていく必要があると考えています。

よろしくお願いいたします。
2019年01月11日 11時20分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
ありがとう
債権執行での被差押債権からの回収は債権者自身が行う(管理する)必要があります。回収が終わった、もしくはこれ以上回収できない段階となった場合はその旨裁判所に報告する必要があります。
不動産について、所有権移転だけが問題であれば登記をするだけで良いですが、差し押さえの場合は競売手続きをとる必要があります。

2019年01月11日 12時48分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 回収の終わりを管理するのは私個人なのでしょうか?
1.仰るとおりです。
2.国も裁判所も,私人である相談者の回収を代わって管理はしません。

2019年01月11日 16時57分

寺田 弘晃
寺田 弘晃 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
はじめまして、弁護士の寺田と申します。
スムーズに回収できることを心より願っております。
さて、以下、ご質問に対する回答になります。

回収の終わりを管理するのは私個人なのでしょうか?
>ご自身で管理、計算等を行う必要があります。

それとも裁判所なりに「今これだけ回収ができています。」と共有する機関が存在するのでしょうか?
>そのような機関はなく、回収した金額をご自身で裁判所に届出を行うことになります。
 
また、家賃収入から回収すると、必ず端数が出てしまうと思うのですが、それらも、相談対応してくれる機関があるのでしょうか?
>そのような機関がないため、原則ご自身で計算する必要があります。

不動産の場合は、裁判所からの証明用紙を持って登記名義を変更すれば解決だと認識しているのですが、それで間違っていないでしょうか?
>判決でお金の請求権が認められており、法的に相手方の不動産を売って、
 そのお金を回収する場合、不動産を競売にかける手続きが必要になり、
 その申立ての他、予納金(60-70万円程度)を納めることが必要になります。
 判決で移転登記の請求が認められているのであれば、単純に移転登記を法務局にしてもらうのみです。


賃貸一部屋を勝訴判決で取得した場合は、こちらも裁判所に申し出て家賃を回収するための(債権執行)手続きを行うのでしょうか?
>移転登記の判決が出ているのであれば、登記を行うことになります。

2019年01月12日 17時57分

この投稿は、2019年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,803名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後に必要となる手続きや相続の流れについて詳しく解説します。まずは、すぐにやらなければならない手続きをチェックしましょう。「...

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

【相続】葬儀費用をすぐに用意できない場合の対処法

家族が亡くなった場合、突然のことで葬儀費用をすぐに用意できないという方もいるでしょう。この記事では、葬儀費用のお金を用意する方法や、葬儀を安...

【相続】お墓は誰が受け継ぐのか|祭祀承継者の決め方やお墓の名義変更の方法などを詳しく解説

家族が亡くなって相続のことを考える際、お墓を誰が引き継ぐことになるのか気になる方もいるでしょう。お墓は他の遺産と異なり、「祭祀承継者(さいし...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続執行人の銀行手続き

    私は相続の執行人に遺書で指定されました。最近、預金に最高裁判所の判例が出たようですが相続執行人の私の手続きに支障がでますか?他の相続人からの印鑑はもらえません。

  • 相続の預貯金や登記手続きなどについて教えてください

    ①土地と預貯金を全て1人の相続人に相続させる内容の遺言書または公正証書がある場合、遺言執行人がいなくても、財産を相続する相続人(受遺者)だけで(土地や預貯金)手続きできますか? もしくは、各相続人の戸籍や著名捺印を必要とする提出書類などありますか? ②遺言書の無い場合は、各相続人の著名捺印の入った分割協議書と各相続...

  • 相続の登記や預貯金の手続きに伴う必要書類について教えてください

    遺言があり、遺言執行人がいる場合で、複数相続人がいる中の一人が土地と預貯金を相続する場合です ①土地登記の必要書類は、被相続人の出生から死亡までの戸籍や固定資産税評価証明書、相続する人の住民票ですか?あとは登記申請書を執行人と相続する人が一緒に出す流れですか? ②預貯金についても、金融機関によると思いますが、...

  • 不動産相続登記手続きでの必要書類について

    実家の土地建物の相続登記申請に関する手続きについてです。 亡父の所有権になっている実家の土地建物を 父の妻(私にとっては継母)の名義に相続登記します。 法定相続人は3人です。 父の妻(私と妹の継母)、 父の子(長男の私)、 私の妹(父の長女)の三人です。 私達二人兄妹の実母はかなり昔に亡くなりました。 今の継母...

  • 公営住宅の家賃滞納分の放棄について

    母と公営住宅に同居しています。母が世帯主になってはいるのですが、家賃の滞納が200万超える位にあるらしく、今後私が住宅を退去したとして、母が亡くなった時に死亡保険金など財産がなければ家賃滞納分の支払放棄はできるのでしょうか? また、もし同居している最中に亡くなった際もどうしたら良いのでしょうか? 今、死亡保険金な...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。