認知症の母の財産管理について

宜しくおねがいします。
私は一人娘で、母とは同居してません。
80代の母は軽度の認知症て、要介護1、物取られ妄想と実際あったことが間違った記憶として頭に残っており、毎回私を盗人と沢山のメールを頻繁に送ってきます。
そこで今後どうすれば良いか、以下回答をお願いします。
1.成年後見人 法定後見と任意後見を考える
2.家族信託
以上を考えましたが、1は、特に法定の方は自分が必ず後見人になれるかわからないし、財産の報告も大変だと思います。また万が一家庭裁判所が別の人を後見人にした場合、毎月費用がかかります。
2の方が、良いかと思ってますが、これもざっと高くて100万までは考えておかねばならないようです。
いずれにせよ、母は、自分はまだしっかりしている、
一人っ子なんだから、全部貴方のものになる、という考えで、この様な手続きに反対すると思います。ましてお金のかかる事ですし。
私を犯人扱いしており、この様な提案をしてもきちんと理解できると思えないし、すぐ忘れます。また逆を取り
何を言い出すかわかりません。財産を私が管理するのは絶対嫌がります。一度あまりに無くす→盗まれたというので再発行したものを預かりましたが、返せ取った、餓死させる気か、と言われるので全て返しました。とにかく、金や高価なものには異常に執着してます。
今後、やはり1.2を考えるべきか、あるいは、私一人っ子なので、このまま本人に任せておけばよいのか、迷ってます。
ただ、認知症がひどくなると、たとえ一人娘であろうと
今後の介護サービスにかかる費用や入院、高齢者サービスつき住宅などの費用を私が引き出せなくなるのでしょうか?また、不動産もあります。
まとめますが、疑問点は
1.酷い認知症になっても一人っ子なので手続きをすればお金を引き出せる
2.亡くなった場合は、相続をスムーズに行える

以上です。いざという時に母のお金を私がおろすことができるなら、このまま時期が来て一人で生活できなくなった時に考えればよいか、どうか、です。その前に手を打たねばならないのか、そこが知りたいです。
また、手を打つ場合、何から進めたら良いでしょうか。
ケアマネには相談するとことではないですか?

2018年07月31日 06時14分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
1.酷い認知症になっても一人っ子なので手続きをすればお金を引き出せる

各銀行の判断ですので、何ともいえません。
必要な支出であることが分かる資料を出せば、対応してもらえるとは思いますが。

第三者の成年後見人を付けるのが適切な事案ではないかと思います。

2.亡くなった場合は、相続をスムーズに行える

亡くなった場合には、ほかに相続人がいないならスムーズに手続きができると思います。

2018年07月31日 06時27分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
今後の介護サービスにかかる費用や入院、高齢者サービスつき住宅などの費用を私が引き出せなくなるのでしょうか?

はい。そもそも、グループホームとの契約などの前提として、その時点でお母様が認知症ならば、あなたが後見人になっている必要があります。

> 1.酷い認知症になっても一人っ子なので手続きをすればお金を引き出せる
>

基本的には難しいかと思います。

> 2.亡くなった場合は、相続をスムーズに行える

これは他の相続人の関係次第です。
お子様があなただけでしたら、特に、どの手続きでも相続には関係ないでしょう。

2018年07月31日 07時16分

相談者
現時点でデイサービスを受けてます。今後高齢者サービスつき住宅に住むようになった場合、デイサービスの契約をしていたからと、スムーズに銀行側が書類提出しても
おろさせてくれないのですか?

2018年07月31日 07時22分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
認知症であることがわかればそうなるかと思います。
次第に、そのあたりの取り扱いは厳しくなってきているようい思います。

2018年07月31日 10時22分

相談者
親が私をほぼ信用していないので、第三者を後見人にしたほうがよいのではないか、とケアマネから提案されました。そこで以下質問します。

1.第三者には決まった場合のリスクは何か。
2.物の貸し借り、も一切できなくなるのか。
3.亡くなった場合の相続は、スムーズに捗るか?貸しているアパートも、所有のマンションもある
4.途中、サービスつき住宅に入ることになった場合、住んでいるマンションを売る場合など、第三者が全て行うの
か。
5.亡くなっても、私には一切親の全ての物、物品アクセサリーなども第三者が間にはいり、私の意思、意見は全く通らないのか
5.遺書など第三者が勝手に書かせたりしないか。

よろしくお願いします

2018年08月01日 19時47分

この投稿は、2018年07月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後に必要となる手続きや相続の流れについて詳しく解説します。まずは、すぐにやらなければならない手続きをチェックしましょう。「...

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

【相続】葬儀費用をすぐに用意できない場合の対処法

家族が亡くなった場合、突然のことで葬儀費用をすぐに用意できないという方もいるでしょう。この記事では、葬儀費用のお金を用意する方法や、葬儀を安...

相続の流れと遺言を探す方法

葬儀が終わって落ち着いたら、亡くなった方の財産を引き継ぐための相続手続きを進めていきましょう。相続手続きは遺言書があるかどうかによって大きく...

【相続】お墓は誰が受け継ぐのか|祭祀承継者の決め方やお墓の名義変更の方法などを詳しく解説

家族が亡くなって相続のことを考える際、お墓を誰が引き継ぐことになるのか気になる方もいるでしょう。お墓は他の遺産と異なり、「祭祀承継者(さいし...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺産相続認知症の後見人

    遺産相続の成年後見人について 私の母は 認知症です 後見人を立てたいのですが娘の私がなる事はできますか? どんな手続きをするのでしょうか

  • お祖母さん認知症での相続

    お祖父さんが亡くなり、お祖母さんが相続の対称になのですが、97歳です。ボケが始まっています、まだ正式に認知症の検査、診断は受けていません。お祖父さんの財産がある銀行から後見人をつけてくれとの一点張りで、娘も70歳を超えてよく分からないし、弁護士さんに後見人になってもらう費用もなかなか出せない、とゆう事です。色々調べ...

  • 認知症の母 後見人を立てずに不動産相続登記したい

    お知恵を頂戴したいです。よろしくお願いいたします。 母は、89歳で年齢なりの認知が認められます。が元気健康です。この度父が亡くなりまして、遺産相続で、母に父が残した不動産を相続させてあげたいのですが、法定相続内で収まります。後見人を立てないで、進める事は出来ないでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

  • 認知症の母の印鑑登録は必要ですか?

    老人ホームにいる認知症の母が、印鑑登録をしてないことが分かりました しかし、相続手続き等でも印鑑登録は必要みたいですが 絶対に必要ですか? よろしくお願いします

  • 認知症の母を騙して終身保険に加入させ自分が受取人になっていた!

    三年前に父の死後、姉が勝手に認知症の母(89歳)を契約者・被保険者として一括払い終身保険に加入していました。受取人は姉自身です。保険料は母が父から相続した遺産と母の預金で一括払いしたとのこと。 最近そのことが発覚して問い詰めたところ、父の遺産手続きの際に銀行の担当者より「母が亡くなった場合に終身保険の方が遺産...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。