父親の遺産相続について

父親の遺産相続について質問です。4月に父親が亡くなった後、預貯金の相続手続きはしましたが、相続人代表者として母親の口座に振り込まれている状況です。相続人は私と母親と妹の3人です。これを分配する期限とかはあるのでしょうか?分配した後に届け出をしないといけないのでしょうか?
あと家も父親名義ですが、長女である私の名義に変更したいと母が言っています。多額の相続税がかかるのなら困ってしまいますが、どうすれば一番よいのか悩んでいます。
2015年11月06日 13時16分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 父親の遺産相続について質問です。4月に父親が亡くなった後、預貯金の相続手続きはしましたが、相続人代表者として母親の口座に振り込まれている状況です。相続人は私と母親と妹の3人です。これを分配する期限とかはあるのでしょうか?
1.期限はありませんが,早急に話し合って分配してください。
2.なお,預貯金の相続手続は対外的は済んでいます。
分配した後に届け出をしないといけないのでしょうか?
1.特段ありませんが,相続税を進行する必要があれば税務署に深刻です。
> あと家も父親名義ですが、長女である私の名義に変更したいと母が言っています。多額の相続税がかかるのなら困ってしまいますが、どうすれば一番よいのか悩んでいます。
1.平成27年1月1日以後に相続が開始(被相続人が死亡)した場合ですが,
課税価格の合計額-基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額
となります。
課税遺産総額がマイナスなら,納税は不要です。

2015年11月06日 13時29分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> あと家も父親名義ですが、長女である私の名義に変更したいと母が言っています。多額の相続税がかかるのなら困ってしまいますが、どうすれば一番よいのか悩んでいます。

1.平成27年1月1日以後に相続が開始(被相続人が死亡)した場合ですが,
課税価格の合計額-基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額
となります。

課税遺産総額がマイナスなら,つまり遺産相続が4800万円以下なら,納税は不要です。
遺産総額なので,誰が,どこを相続するかは関係ありません。

2015年11月06日 13時41分

加藤 尚憲
加藤 尚憲 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
(1)遺産分割の期限について
 現在、代表相続人であるお母さんの口座に、相続財産である預貯金が保管されているのですが、お母さんはあくまで相続人の代表者として預かっているだけなので、これから遺産分割を行う必要があります。
 遺産分割とは、相続人が全員で誰がどの相続財産を相続するかについて合意することを言います。
 遺産分割が成立した場合は、合意の内容に沿って遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名し、実印を押印します。
 遺産分割協議書のひな形は、インターネット上に多数公開されているので、あなたのケースに近い文例を探して参考にしてみて下さい。
 遺産分割には期限はありません。ただし、後に述べる通り、相続税の申告期限に留意する必要があります。

(2)相続税について
 そもそも、すべての相続について相続税がかかる訳ではありません。
 大ざっぱに言って、相続財産の額が基礎控除(あなたの場合は4800万円)の額を超える場合にのみ、相続税の申告義務が課されます。

(3)小規模宅地の特例について
 なお、相続税の申告義務が課されたとしても、結果として相続税がかからない場合もあります。
 なぜかというと、小規模宅地の特例といって、被相続人の自宅を同居の親族などが相続した場合、相続税の軽減規定が適用され、不動産の相続税評価額が80%圧縮されることがあります。
 もっとも、この特例の適用を受けるためには、相続税の申告を行う必要があります。
 従って、仮に相続財産の価額が上記の基礎控除額(4800万円)を超えていたとしても、相続税の申告書を提出し、小規模宅地の特例の適用を受けた結果、相続税額が0円になるということがあり得るのです。
 もっとも、この特例の適用を受けるためには、相続税の申告の日までに、遺産分割が終了していることが条件となります。

(4)相続税の申告期限について
 相続税の申告期限は、被相続人であるお父さんが亡くなってから10ヶ月以内です。
 以上から、おおよそ、相続財産の価額が基礎控除額を超えている場合は、お父さんが亡くなってから10ヶ月以内(すなわち来年2月)までに遺産分割が終了していないと、小規模宅地の特例の適用を受けられなくなり、相続税が高くなります。(最も、遺産分割成立後に更正申告をして高くなった分を取り戻すことはできますから安心して下さい。)

2015年11月06日 21時37分

加藤 尚憲
加藤 尚憲 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
字数制限のため一旦投稿しましたが、続きです。

(5)不動産の名義変更について
 不動産の登記名義を変更するためには、上記の遺産分割協議書を作成し、相続人の印鑑証明書その他の必要書類とともに、法務局の窓口に提出する必要があります。

(6)遺産分割と相続税の税額について
 お父さんの相続に関して、相続人全体に課される相続税の金額(合計額)は、原則として、相続財産の価額と法定相続人の人数で決まり、誰がどの財産を相続するかで決まるわけではありません。
 ただし、相続人の内部では、それぞれの相続人が相続した財産の価額に比例して、納めるべき相続税の金額が決まります。
 もっとも、例外の1つとして、配偶者控除があります。
 配偶者は、相続財産の価額の半分か、1億8000万円のいずれか高い方の金額まで、無税で相続することができます。
 また、例外の2つめとして、上記の小規模宅地の特例があります。同居の親族など、小規模宅地の特例を満たす親族が、被相続人の自宅を相続する場合と、それ以外の親族が自宅を相続する場合とで、小規模宅地の特例の適用を受けられるか否かが変わり、相続税の税額も変わってきます。

(7)あなたのケースについて
 あなたのケースで、相続税をどの程度気にすべきかは、相続財産の額や、あなたがお父さんと同居してきたかによって、異なってきます。
 また、今後発生するであろうお母さんの相続のことを考えると、お母さんの財産の金額が大きければ大きいほど、今の内に自宅を子どもの世代に相続させておいた方が、お母さんの相続の際の相続税の負担が小さくなります。
 このように、相続税の観点から見て、誰が自宅を相続すべきかは、もう少し細かい事情を知った上で、相続税額のシミュレーションをしてみる必要があります。
 これができるのは、税理士さんだけなので、弁護士ではなく税理士に相談することをお勧めします。
 また、相続税など資産税の分野は、税理士さんにとっても特殊な分野なので、税理士なら誰でも良いというわけではありません。なるべく普段から相続案件を多数こなしている税理士さんに相談して下さい。

2015年11月06日 21時57分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
これを分配する期限とかはあるのでしょうか?
 期限はありませんが、分配しないと10年で返還請求が時効で消滅したりするし、その預金をお母さん、その他の人が使ってしまったりしてしまうとので、面倒なことになる可能性もあります。
 だから、早く分けてしまう方がよいと思います。

分配した後に届け出をしないといけないのでしょうか?
  特に分配結果を届け出る必要はありません。
  相続税の申告が必要な相続であると
  相続税の申告の際に記載する必要があります。

あと家も父親名義ですが、長女である私の名義に変更したいと母が言っています。多額の相続税がかかるのなら困ってしまいますが、どうすれば一番よいのか悩んでいます。
  相続税については、税理士に相談した方がよいと思います。
  自宅の場合、控除があるので、多額の相続税はかからない可能性もあります。

2015年11月08日 18時39分

この投稿は、2015年11月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後に必要となる手続きや相続の流れについて詳しく解説します。まずは、すぐにやらなければならない手続きをチェックしましょう。「...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

【相続】お墓は誰が受け継ぐのか|祭祀承継者の決め方やお墓の名義変更の方法などを詳しく解説

家族が亡くなって相続のことを考える際、お墓を誰が引き継ぐことになるのか気になる方もいるでしょう。お墓は他の遺産と異なり、「祭祀承継者(さいし...

相続の流れと遺言を探す方法

葬儀が終わって落ち着いたら、亡くなった方の財産を引き継ぐための相続手続きを進めていきましょう。相続手続きは遺言書があるかどうかによって大きく...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続について。故人の遺産を教えてくれず、勝手に相続を進められる場合の対応について。

    2カ月前に祖父が亡くなり、1カ月前に祖母が亡くなりました。 2人とも遺言はありません。 子供は四人います。 叔母(長女)、私の母(次女)、叔母(三女)、叔母(三女)の夫(祖父母と養子縁組している)の四人です。 私の母は10年前に他界しており、孫の私が代襲相続ができると認識しています。 祖父母と同居していたのは叔母(...

  • 二重の相続分の考え方を教えて下さい。

    兄が祖父の養子となったことで父と兄弟になっています。 祖父と父は死亡しています。その後兄が死亡しました。 私は兄弟としての相続分と父の代襲相続人としての相続分をもらえるのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 相続人について

    3年前に兄がなくなりました。結婚をしていましたが、子供はありませんでした。私どもの父も亡くなっており、法定相続人は、母と嫁でした。 しかし、兄の遺産の相続手続きを行う前に嫁も亡くなりました。 このことにより、嫁実家より、本来、嫁が相続すべき兄の遺産の権利を主張してきました。(嫁の父母からです。) この際、母は...

  • 亡祖母相続について

    父方の祖母が6年前に亡くなり、預金が数百万円あります。 父も亡くなり、現在その預金はそのままになっております。 子供である私に相続の権利が発生したので質問させていただきます。 郵便貯金なので、このまま放っておくと国のものになってしまうので、出来れば自分の遺留分だけでも相続したいと思っております。 【相続の経緯】 ...

  • 養子縁組

    今年は義父義母と相次いで亡くなり兄妹二人が相続することとなりました。私の妻は前妻の子供で弟は後妻の子供で40年あまり姉弟として結婚もし暮らしてきました、先に義父が亡くなったので遺産を義母が相続し義母が亡くなったので兄妹で義母の遺産を相続するのですが義父と義母が結婚したときに妻を養子縁組してなくてただの同居人の様に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。