遺産確認請求からの遺産分割の流れについて

公開日: 相談日:2015年07月20日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

遺産分割調停の申立を起こされ、自分は相手方となりました。
調停の場では、遺産の範囲について争いがありました。
やがて、申立人は遺産分割調停の申立を取り下げ、
遺産確認請求の訴えを起こし、自分は被告となりました。

これに関して2点質問があります。

(1) 遺産確認請求事件の決着がついた後、申立人サイドがまた遺産分割を求めるものと思われますが、
遺産分割調停になるのか遺産分割審判になるのか、どちらが一般的でしょうか?

(2) 遺産分割調停の申立人代理人の弁護士が、遺産確認請求事件においても原告代理人を勤めています。
最初の遺産分割調停の分とは別に、遺産確認請求の分も弁護士への支払いが発生しているのでしょうか?
また、遺産確認請求事件の決着後に改めて遺産分割審判等を起こす場合も、新たな支払いが発生するのでしょうか?
個別の契約の問題であり本来は答えようがないのでしょうが、一般的にはどうすることが多いのか伺いたく、
宜しくお願い致します。

368910さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました