遺産相続 確証が無い場合について。

父方の祖母が亡くなり、遺産相続で揉め始めています。

父は3人兄弟の長男(同居/跡継ぎ)
妹・弟の3人兄弟です。
私は長男の実子で一人っ子です(跡継ぎ)

今問題に挙がっているのは祖母の遺産ではなく、
約10年前に亡くなった祖父の相続です。
ご相談させて下さい。

祖父が亡くなった際、祖母が父3人兄弟の相続税を支払う為に
妹が相続した田畑を祖母自費で整え売却、一旦全額、妹通帳に入る。
その後、祖母が妹の通帳から3人兄弟分の相続税全額を支払ったそうです。

妹が立て替えた事になった相続税を
父・弟共に、祖母を介し妹へ返金する流れを取っていたようです。

弟分の相続税は、弟が相続した土地の管理を祖母が行い、妹へ現金で数回に渡り支払完済済。
※祖母のノートに「平成○年○月 妹へ○円 現金支払」と記し有。
※但し妹からの領収書等は無し。

同居している父は残りの相続税を、
毎年少しずつ祖母へ現金で支払っており祖母はノートへ
「平成○年○月 長男より○円受取、残額○円」と記録。
父も祖母へ受け渡した金額の管理表と合致しています。
※但し領収書等は無し。

ここで問題なのが、
妹が祖母より、ある年からお金を貰っておらず
全額受け取っていないと主張している事です。

父は今年祖母が亡くなるまで残額の支払いを続けており
払い切れていない残額も把握、その分は払うつもりです。

ただ、妹の主張する空白の年数分を祖母が溜め込み支払ってないとなった場合、
父が妹へ残額+祖母に既に支払っている分も払わなければならないのでしょうか。

ただし妹が受け取っていないという証拠もありません。
全てに関し、親族なので領収書のやり取りがないのが駄目なところではありますが。
この場合、どうなるのか教えていただきたいです。
2015年04月26日 14時07分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
妹が立て替えたことは事実のようですので、債務の弁済の証拠は必要ですが、領収書であり必要はなく、祖母のノートの記載で十分でしょう。

2015年04月26日 15時24分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
妹が相続した土地を売却して相続税を支払ったとなると
立て替えたことは事実なので立替金を返還しなければなりません。

祖母が受け取ったお金を妹に支払っていないとすれば
(祖母が妹に支払ったと証明ができなければ)
妹にあなたのお父さんは支払う必要があります。

ただし、あなたのお父さんが祖母に支払ったことが事実であれば
その分祖母の遺産が増えていることとなると思いますので
その分を祖母の遺産から寄与分、あるいは、不当利得として返還してもらう
ということになるかと思います。

ただ、祖母にも支払った証拠がないとすると
お父さんにとっては立証責任があるので
なかなか厳しいかもしれません。

2015年04月26日 19時15分

相談者
弁護士のお二方、本当にありがとうございます。

その後、兄弟のみで話し合いをしたのですが
父から聞いた話しによると、
やはり妹は、祖母より受取済みの金額の把握もなし、
残額も曖昧で把握してないようです。

しかし、祖母の記帳ノートにはいつ、娘(妹)に金額を支払ったと詳細に記載があります。
この記載ノートの情報は有効でしょうか。
金額が大きいので振込かと思い通帳を確認しましたが、現金で支払いをしていたのか通帳上の動きは確認出来ませんでした。

話しは平行線で終わったようですが、
今後もし、妹が父が支払い済み以上の額を要求してきた場合、
祖母の記帳ノートを確証に残額しか支払うつもりはない!と言い切って良いでしょうか。

2015年04月26日 19時54分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
祖母のノートの内容や相手の言い分にもよりますが
祖母のノートのみで信用性が認められる可能性もあると思います。

2015年04月26日 20時00分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
祖母のノートの記載を疑う理由がなければ祖母のノートのみで言い切って良いと思います。

2015年04月26日 20時34分

相談者
弁護士のお二方、再回答ありがとうございます。

次回、その方向で話しを進めてもらおうと思います。
現状、貰っていないの一点張りなので分かったと納得しそうにないですが。。

そこで次の問題なのですが、
祖母が入院中、跡取りとして私(嫁にいっています)が養子となりました。
父の兄弟は知らなかったので、祖母の死後、父母が伝えた所、激怒。
現状、その状態で祖父の遺産も貰っていないという話しをしているので、今後心配されるのが
妹が、私が養子にしらない間に入っていた事と祖父の相続金をもらっていない事を理由に祖母の遺産を多く貰おうと言ってくるのではないかという事です。
養子縁組みについては、祖母と私と私の夫が納得していればよいと調べ済みなので法律上問題ないと解釈しています。
ただ、妥協点をして養子の事と祖父の遺産の事を持ち出し、祖母の遺産を多く貰おうとしてきた場合、そのような要求はあってよいのでしょうか?
兄弟間の話し合いにはなると思いますが、もしそうなった場合、私も相続人の一人として話し合いに参加となるので受け入れるつもりはありませんが。
前に貰ってないから、今回貰うという事は法律上ありなのでしょうか。

2015年04月26日 21時11分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
前にもらってないから今回もらうというのはあり得ないですね。

2015年04月26日 21時39分

相談者
高橋様

お返事ありがとうございます。
祖父の相続の話と祖母の相続の話しは、完全に別という認識でよいのでしょうか。
祖母の相続の話しに、相手側が祖父の事を持ち出してきた場合も、それは話しが違うと言い切ってよいでしょうか。

2015年04月26日 22時03分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
話が違うと言い切ってよいです。

2015年04月26日 22時11分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
前の相続でもらっていないから今回の相続で多くもらいたい
という話はよく出てくることですが
裁判所の調停や審判では、相手方(つまりあなた方)が応じなければ
そのような主張が通ることはありません。
祖父の相続は祖父の相続で
祖母の相続は祖母の相続となります。

2015年04月27日 12時53分

相談者
お二方
お忙しい中ご回答ありがとうございました。

現在、こちら側は妹が祖母より受け取っていない確証を出して欲しいのですが、
確証が無いのか、逆に妹は父に「母(祖母)本当にもらってないのに私はどうしたらよいのか?」と聞いてきているとの事です。
こちら側としては、祖母の記帳ノートにも支払い済みとありますし、残額は今後直接父から妹へ支払うのは分かりますが、確証がないのに支払うのはどうにも納得もできません。

妹が今後どのように言ってくるかは分からないですが
妹がどのような確証をもってきたら父に支払い義務が発生するでしょうか。
また先日の話しあいで、祖母の記載ノートのコピーを渡したらしく、
祖母の記載ノートの情報と合わせて情報を偽装(こちらには元々あったと言い切った)した場合、
もとからある祖母の記載ノートで支払い済みとある額までは、支払う義務はないでしょうか。

何度ご相談し、申し訳有りませんが何卒よろしくお願い致します。

2015年04月27日 22時19分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
受領していないことの証明は無理ですから話し合いの方法が良くありません。
そうではなく、祖母の記載ノートによれば支払い済みと判断すると言えば足ります。それ以上の議論は不要です。

2015年04月28日 09時31分

相談者
お返事頂きありがとうございます。

私も話し合いで解決はしないと思いますが今後も話し合いでやるようです。
また、兄弟間の力関係が妹が強いようで、父は圧されています。

この話し合いに第三者が入るのはいけないのでしょうか。
私が入って色々言いたいのですが難しいと思いますので、
その他の親族はいけないとしても例えばお世話になっている税理士の方を交えて話しをするのはありでしょうか。

ご回答よろしくお願い致します。

2015年04月28日 20時39分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
税理士は交渉毎には慣れていないので、アクセスの良い弁護士に依頼すべきでしょう。

2015年04月28日 21時16分

相談者
高橋様

お返事ありがとうございます。
どうにもならないとなりましたら弁護士の方に正式にご相談させて頂こうと思います。
話し合いには、その他親族の参加は良いでしょうか?
当事者3名全員が納得していないとだめでしょうか?

2015年04月28日 22時23分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
その他親族の参加も可能ですが意味がないです。集団で圧力をかけているように見えかねないという観点からは避けた方が良いでしょう。

2015年04月29日 06時35分

この投稿は、2015年04月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,048名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

遺言が残されていない場合の遺産相続の手続きの流れ…法定相続の仕組み

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合の相続のルールについては、「遺産を誰が相続するのか」「遺産をどのように相続するのか」といった点が法...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後に必要となる手続きや相続の流れについて詳しく解説します。まずは、すぐにやらなければならない手続きをチェックしましょう。「...

【相続】葬儀費用をすぐに用意できない場合の対処法

家族が亡くなった場合、突然のことで葬儀費用をすぐに用意できないという方もいるでしょう。この記事では、葬儀費用のお金を用意する方法や、葬儀を安...

葬儀費用を支払ったけれど他の親族にも負担してほしい場合の対処法

葬儀費用は香典でまかなうことが一般的に多いと思いますが、香典でまかないきれなかった場合には誰が負担するのでしょうか。この記事では、葬儀費用を...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 母、兄、父と相続が続いています

    相続の相談です。 母が六年前に他界しましたが、生存中に母名義の農地が売れ離れを建て、残りを母名義で預金していました。 その母が亡くなると遺産の相続は無く土地家屋の名義を兄に変更する為の書面に捺印するだけで終わってしまいました。 その兄が三月に亡くなり、遺産のうち四千万程が母名義の農地売却の預金を母生存中に兄名義...

  • 認知症の祖母の財産。

    認知症の祖母がいます。 15年前、祖父亡き後、伯母が預貯金と年金の管理をすると言い、通帳をすべて持ち帰りました。 相続で揉め、伯母は祖父の預貯金をすべて取り込みました。 私の親は、昔から祖父母と一緒に商売をしていたので、それは私の親がそのまま引き継ぎました。 祖父が遺した商売上の借金は、私の親が返済しました。 ...

  • 土地のみが遺産の場合の分割について

    祖父母が亡くなり、祖父名義の土地(建物は父名義で30年ほど前に父が建てた)の遺産分割を求められています。父の兄弟は妹2人なので相続人は3人です。祖父母の預金はありません。父が働いたお金で、妹たちに支払うお金の土地の評価額はどう算出するのが、妥当でしょうか?ちなみに父は祖父母と同居し、両親を看取っています。

  • 年金の相続。その年金は遺産になりますか?

    年金月の月初に祖父が亡くなりました。 年金が死亡後祖父の口座に振り込まれました。 その年金は遺産になりますか? 祖父死亡時、祖父と祖母と私と叔父で住んでました。 住民票では、 祖父と祖母と私で一世帯 叔父で一世帯と世帯分離はしていました。 今回叔父が死亡後に振り込まれた年金を遺産分割の対象にしろと言ってま...

  • 相続の遺留分の相続および権利

    叔父が昨年の暮れになくなり、叔母は痴ほうです。叔父と叔母には子供がいません。両親も他界よって叔父の財産は、実の弟が公正遺言ですべてを相続することになり、叔母の成年後見人となりました。正式なら特別代理人をたて、審議するのですが、49日法要の時、先祖代々の土地および家屋には、遠慮いただいて、預金および株式の1/2を叔母...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

相続手続きの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。