弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続分の解決事例

実家の空家の処分について

依頼主 40代 女性 相談前 鹿児島県にある実家(亡父名義)が長らく空家になっていました。母は高齢の為施設に入っており,姉妹は関東で仕事をしている為です。母姉は処分を希望していましたが妹が同意せず空家になったままでした。
固定資産税もかかりますし,数カ月に1回は帰省して庭の草むしり等を行わなねばならないなど負担が大きいため,姉が相談に来られました。
相談後 これまでの交渉経緯を聞くと弁護士が入っても話合いでは難しいと判断されたため,母姉を申立人として遺産分割調停を申し立てました。妹は東京在住でしたので東京家裁での申立が可能でした。
調停委員の助けも借りながら,空家の放置により火災等の事故が起こると大きな責任を負わされかねない事,不動産市況は悪化する一方なので処分するならば早い方が良い事などを説明して説得し,最終的に全員で共同して不動産を売却し,代金を法定相続分どおりで分ける内容で調停が成立しました。
雪丸 真吾弁護士からのコメント 妹は当初,母が本当に実家を処分したがっているのか(姉に騙されているのではないか)疑いを持っていましたが,私は受任に先立って鹿児島の施設を訪ね母の依頼意思を直接確認しており,録音もとってありましたので納得してもらえました。
また,この際に実家の不動産の現況確認も行っておりましたので,自分の言葉で現況を説明することができ,処分の必要性について妹に納得してもらえました。
現地に足を運ぶことの重要性を実感した事案でした。

お気に入りに追加
雪丸 真吾
雪丸 真吾 弁護士

虎ノ門総合法律事務所

■初回相談無料■ 税理士との協働・弁護士2名での担当により、お気持ちに寄り添ったきめ...

電話で問い合わせ
050-5257-0243

メールで問い合わせ

相続分に関する解決事例

荻野 正晃

荻野 正晃弁護士

遺産探しは法律のプロの目で

30代女性と60代男性の夫婦。夫が亡くなり、妻と夫のきょうだいが相続人となりました。遺産は自宅不動産とわずかな預金以外に何があるのかまったく不明でした。ただ、妻の記憶では、そのほかに数千万円の遺産があるとのことでした。また、夫のきょうだいが、葬儀等で尽力したことについて、遺産を相続分以上に求めていました。夫の預金...

中村 洸士

中村 洸士弁護士

『ベテランに匹敵する知識と、若手としての行動力を兼ね備えていると感じました(遺産分割調停事件)』

 母親が亡くなった後、相続人一同が会した席で、突然税理士が現れ、「遺言書」を見せられました。遺言書は、ある相続人が遺産の大半を取得する内容で、到底受け入れがたいものでしたが、税理士は「遺言書があるから変更はできない」と私を拒絶し、遺産分割協議書にサインするよう、求めてきました。  どうにかならないのかと思って...

小野 佳奈子

小野 佳奈子弁護士

相続人の成年後見人を申し立てて遺産分割調停を成立させた事案

Aさんが亡くなり、CさんはAさんの遺産を相続しました。 しかし、他の相続人のうち、Aさんの妻Bさんは、高齢のため、介護施設に入居しており、判断能力がありませんでした。 そのため、Cさんは、遺産分割を行うことができず、弁護士に相談しました。受任後、Bさんについて、成年後見の申立てを家庭裁判所へ行い、成年後見人を選任して...

小野 佳奈子

小野 佳奈子弁護士

妹の遺産の遺産分割協議書の作成

Aさんが亡くなり、BさんらはAさんの遺産を相続しました。 しかし、Bさんは、体が不自由であり、介護施設に入所していました。そこで、Bさんの子どもさんがBさんに代わって事務所に相談に訪れ、遺産分割協議書の作成を依頼しました。Bさんが入所されている施設に面談に行き、遺産分割協議書作成の依頼を受けました。 弁護士は、相続人...

相続分野を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  2. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  3. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  4. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  5. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  6. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...
  7. 「勝手に処分」「見積もりより高い」遺品整理...