弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

特別受益

特別受益者がいる場合の遺留分の計算方法

遺留分とは民法で定められた、一定割合の遺産取得を相続人に保証する制度です。特別受益は遺産総額に持ち戻されるため、遺留分は特別受益の額も含めた遺産総額から計算します。特別受益がある遺産分割の場合で、遺留分の計算方法や遺留分減殺請求の可否を確認しましょう。

目次

  1. 特別受益とは
  2. 特別受益があった場合の遺留分の計算方法
  3. 遺留分減殺請求が可能な場合

特別受益とは

被相続人の生前に、贈与を受けるなどして特別の利益を得ていた人がいる場合、法定相続分で分けると相続人の間で不公平感が発生します。これを是正しようとするのが特別受益の制度です。詳しくは「特別受益者がいる場合の遺留分の計算方法」をご覧ください。

特別受益があった場合の遺留分の計算方法

一方で、遺留分とは民法で定められた、一定割合の遺産取得を相続人に保証する制度です。遺留分の額は、残された相続人の組み合わせに応じて決まります。特別受益は遺産総額に持ち戻されるため、遺留分は特別受益の額も含めた遺産総額から計算します。

相続開始前どの時点での特別受益の財産であっても持ち戻しの対象となりますので、特別受益を受けた人は注意しましょう。

遺留分減殺請求が可能な場合

特別受益は故人の意思が反映された制度であり、その額が法定相続分を超えていても返還する必要はありません。ただし特別受益によって相続額が遺留分に満たない人がいる場合は、法定相続分を超えて遺産を取得している人に対して遺留分減殺請求が可能です。

遺留分減殺請求の対象は順番が決まっています。遺贈と贈与が両方ある場合は先に遺贈が対象となりますので、まずは遺贈を受けた人に対して請求権を行使しましょう。遺留分減殺請求については、「遺留分減殺請求とは:請求権を持つ人、申立方法、時効」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続分野を扱う弁護士を探す

特別受益に関する法律相談

法律相談を検索する