弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

特別受益

特別受益とは:該当範囲と計算方法

被相続人の生前に、贈与を受けるなどして特別の利益を得ていた人がいる場合、法定相続分で分けると相続人の間で不公平感が発生します。これを是正しようとするのが特別受益の制度です。被相続人から相続人への生前贈与と遺贈が対象になります。以下では特別受益の該当範囲と計算方法について確認しましょう。

目次

  1. 特別受益とは
  2. 特別受益がある場合の相続分の計算方法
  3. 特別受益を考慮した遺産分割

特別受益とは

被相続人の生前に、贈与を受けるなどして特別の利益を得ていた人がいる場合、法定相続分で分けると相続人の間で不公平感が発生します。これを是正しようとするのが特別受益の制度です。

対象となる財産

被相続人から相続人への生前贈与と遺贈が対象になります。具体的には以下のとおりです。

被相続人から相続人に対する特別受益
相続人への遺贈 土地、建物を特定の相続人に与える旨の遺言
生前贈与(婚姻・養子縁組のための贈与) ・嫁入り道具
・持参金
生前贈与(生計の資本としての贈与) ・住宅資金
・商売の営業資金
・海外への留学費用
・医科大学の入学金

特別受益がある場合の相続分の計算方法

本来受けとれる法定相続分から、特別受益の額が引かれることになります。特別受益の額が法定相続分より多い場合は、遺産は相続できません。ただし、すでに特別受益で得た財産を返還する必要はありません。 下記の計算式で、正しい相続分を計算しましょう。

  1. 相続開始時の相続財産額(遺贈額も含む) + 特別受益の額 = みなし相続財産額
  2. みなし相続財産額 × 各人の相続分割合 = (各人の)本来の相続分
  3. 本来の相続分 - 贈与と遺贈の額 = (各人が)受けとれる相続分

例として、被相続人(夫)・配偶者(妻)・子ども2名(長男・長女)の4人家族で、相続開始時の相続財産額が4,500万円、長男に1,000万円の特別受益、長女に500万円の遺贈があるケースで考えてみましょう。計算式は以下のとおりです。

  1. みなし相続財産額 = 5,000万円(遺贈分の500万円も含む) + 1,000万円 = 6,000万円
  2. 妻:6,000×1/2=3,000万円
  3. 長男:6,000×1/2×1/2ー1000=500万円/長女:6,000×1/2×1/2ー500=1000万円+遺贈分の500万円

なお、計算の結果、特別受益の額が本来の相続分を上回った場合には、相続分はなくなりますが、上回った分については返す必要はありません。 例)1000万円(本来の相続分)ー1500万円(遺贈分)=ー500万円 この場合に、500万円を返す必要はありません。

特別受益には時効がない

相続開始前の、どの時点で得た利益についても特別受益の対象となります。相続開始時点ですでに受け取った財産がなくなっていたとしても同様なので注意してください。

特別受益を考慮した遺産分割

基本的には遺産分割協議によって決めますが、協議がまとまらない場合は調停、審判と移行します。詳しくは以下のリンクをご覧ください。

弁護士に相談したほうが揉めないで済むケースも

具体的にどれを特別受益とみなすのか明確ではないため、相続人間で揉めることがよくあります。協議がまとまらず調停、審判となった場合は法律知識も求められます。特別利益について相続人間で争いがある場合は、代理人を務められる弁護士への依頼を検討しましょう。 相続に弁護士費用相場について詳しくは、「相続問題の弁護士費用 - 遺産分割や遺言、相続放棄などケース別の報酬相場」をご覧ください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

特別受益に関する法律相談

  • ローンのある固定資産の生前贈与について

    相続相続分特別受益

     私は両親と同居しており、三人で暮らしていたのですが、一年ほど前兄が仕事を首になり帰ってきました。その際兄とトラブルになり、「自分は一生出て行かない。この土地は自分が譲り受ける...

    2弁護士回答
  • 母親所有の不動産を無理やり売却された

    相続相続分特別受益

    父親は平成23年に亡くなり遺産分割調停によって平成28年に和解しました(一次相続:相続額3億円)。 相続人は母親、長女、次女、三女、長男の5名です。その間双方に税務調査も入りまし...

    4弁護士回答
  • 火災保険は相続財産にあたるのでしょうか?

    相続相続分特別受益

    母の遺産相続で揉めていて、困っています。 そこで、2つほど、ご教示をいただきたいことがあります。 お忙しいところお手数ですが、どうかよろしくお願いします。 ①火災保険は相続財産にあ...

    1弁護士回答
  • 相続における特別養子縁組者と、実子の特別受益について

    相続相続分特別受益

    現在相続で揉めています。 私は被相続人の孫ですが、跡取りの居なくなった母方の家に私が中学に上がる時に特別養子縁組をし、氏を変え、母方の祖父母の養子になりました。 この度祖父母が他...

    1弁護士回答
  • 遺産分割の特別受益について

    相続相続分特別受益

    父の生前に1000万の贈与を受けて、亡くなった後、贈与税ではなく、母の相続時に支払う相続時精算課税制度を適用してもらいました。(父との金銭貸借契約を作成し、父から借りた事になってます...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

特別受益の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...